茶樹への使用方法

 
キトサンパワーでよみがえる大地。そして儲かる農業へ!  


茶樹への使用方法

JAS法で弱ってしまった茶樹の回復にはキトサンが効果的です。樹勢が弱ると病気も発生しやすく、害虫にも害されやすくなります。キトサンを土壌と葉面に散布して、根を活性化し病気に強い茶園にしましょう。

区分 倍率 摘要
土壌使用 200倍 200倍希釈液を土壌と葉面に散布(土壌は10L程、葉面は1〜2L程)が適してます
葉面使用
生育期は、薄目にし、最盛期は多目に使います。連作障害土壌には定根前10日位時に10アール(一反)あたり10Lか、100倍液を十分散布してください。


季節に応じた使用方法

1)秋から冬には葉面散布

秋番茶刈り取り時期や整枝時期の消毒始めにキトサン溶液を散布しますと減農薬ができます。希釈倍率は200倍位で葉面散布すると病気発生を予防できます。

キトサン使用により減農薬効果が発揮され、消毒回数を少なくすることができます。また茶樹が活性化され、肥料もよく吸収し、葉に肉厚感が出て冬入りすることができます。この状態は寒冷害、雪圧、耐雪、雪焼けを防ぐことができ、春一番の立ち上がりも良くなります。

2)春:葉面散布

発葉は1年を通じて大切な季節です。

発芽時期の1ヶ月位前に200倍に希釈した液(反当り原液2〜3L)を葉面に散布すると、新芽が早く揃って発芽します。

次に、新芽が出て1芯が2〜3葉の時に反当り200倍希釈の液(原液2L)を葉面散布すると萌芽生育が大変良くなります。

1芯3〜4葉頃に使用すれば、特に質量を大変良くします。キトサンの使用により早刈りできる、葉数が多く芽が柔らかく、肉厚、歩留まりが高いとい結果がみられ、たとえ刈取り作業が遅れても良質の茶となります。

3)2番茶季の使い方

2番茶季の新芽には散布は余り必要としません。1番茶使用の樹勢が残留していますので、何もしなくても1番と同様な効果があります。キトサンの使用は2番茶刈り取り後に葉面散布してください。樹の疲労回復と耐病防除に効果があります。結果として多収、質の良い茶となります。

 

<キトサン商品紹介>    

2〜3坪のお庭に1L

24〜25坪のお庭に10L

48〜50坪のお庭に20L

即効性2%葉面散布促成用

キトサン溶液
キトサン溶液10Lキュービ容器 キトサン溶液20L 即効性2%葉面散布促成用

キトサン溶液
1リットル入り

キトサン溶液
10リットル入り

キトサン溶液
20リットル入り

2%キトサン溶液葉面散布促成用


即効性2%葉面散布促成用20L

バラの育成に最適

即効性5%葉面散布促成用

 

即効性5%葉面散布促成用20L

葉面散布用キトサン溶液 バラ用キトサン溶液 即効性5%濃度のキトサン溶液葉面散布用  即効性5%葉面散布促成用キトサン溶液20L

2%キトサン溶液葉面散布促成用

バラ専用2%キトサン溶液

5%キトサン溶液葉面散布用

 

5%キトサン溶液葉面散布用


キトサン

 

キトサンとは?
園芸・農業にキトサン
キトサンの安全性
低分子キトサン
キトサンができるまで
キトサンキットでキトサン原液を作る

芝にキトサンを使う
 

芝生にキトサンを使う
高麗芝にキトサン
西洋芝にキトサン
老化した芝生にキトサン
芝生へ年間使用量
 

野菜にキトサンを使う
 

野菜にキトサンを使う
茶樹への使用方法

草花にキトサンを使う
 

草花への使用方法
 

バラにキトサンを使う
 

バラの挿し木にキトサン
バラの黒点病にキトサン
 


たまごや商店へ戻る


感動の園芸・儲かる農業

ETO菌でふかふか土壌づくり

天然リン酸肥料バットグアノ

増収の早道・海藻資材


取材・執筆依頼

お問合せ

会社情報

訪問者数:

創設:2006.12.29

更新:2013.03.09

デジタルたまごやトップ