野菜へのキトサン使用量

 
キトサンパワーでよみがえる大地。そして儲かる農業へ!  


野菜へのキトサン使用量

区分 倍率 摘要
土壌使用 150〜200倍 手作業での倍率です。10アール(一反)あたり2〜5L原液を必要水量に投入し撹拌して使用してください
葉面使用 300〜400倍
生育期は薄目にし、最盛期は多目の使い方をしてください。連作障害土壌には定根前10日位時に10アール(一反)あたり10Lか、100倍液を十分散布してください。

注)種蒔時、定植時の散布及び滞水は、10アール(一反)あたり1L〜1.5L、200〜300倍位にして使います。できれば、その箇所だけでなく広範囲に散布するのがよいです。

短期作物:白菜、大根、人参、ほうれん草など

初回目 浸漬処理できる(太い)物は、種蒔後の散水後、定根活着後のいずれか
2回目 初回の使い方をしないものは、葉物で7〜8枚頃、全面散布します
3回目 結球前とか、17〜18cm位に育ったら、土壌に散布します
次回目 生育に悪いものに使用。2回位でよいでしょう

注)葉物作付けで一連両サイド、二連は中で横振りしながら多めに広く散布します。白菜、大根などは間引き頃(ほうれん草も)薄めに全面散布します。

中期作物:ポット育苗、種蒔時は少量散布

初回目 定植、活着頃薄めです
2回目
3回目
トマト、ナス初採りする頃から使います。長期収穫(10ヶ月)もありますので、なり疲れ、休眠予防、病気予防の使い方です
次回目 周期は、20〜30日間隔です。最盛期は多目が良いです

 

<キトサン商品紹介>    

2〜3坪のお庭に1L

24〜25坪のお庭に10L

48〜50坪のお庭に20L

即効性2%葉面散布促成用

キトサン溶液
キトサン溶液10Lキュービ容器 キトサン溶液20L 即効性2%葉面散布促成用

キトサン溶液
1リットル入り

キトサン溶液
10リットル入り

キトサン溶液
20リットル入り

2%キトサン溶液葉面散布促成用


即効性2%葉面散布促成用20L

バラの育成に最適

即効性5%葉面散布促成用

 

即効性5%葉面散布促成用20L

葉面散布用キトサン溶液 バラ用キトサン溶液 即効性5%濃度のキトサン溶液葉面散布用  即効性5%葉面散布促成用キトサン溶液20L

2%キトサン溶液葉面散布促成用

バラ専用2%キトサン溶液

5%キトサン溶液葉面散布用

 

5%キトサン溶液葉面散布用


キトサン

 

キトサンとは?
園芸・農業にキトサン
キトサンの安全性
低分子キトサン
キトサンができるまで
キトサンキットでキトサン原液を作る

芝にキトサンを使う
 

芝生にキトサンを使う
高麗芝にキトサン
西洋芝にキトサン
老化した芝生にキトサン
芝生へ年間使用量
 

野菜にキトサンを使う
 

野菜にキトサンを使う
茶樹への使用方法

草花にキトサンを使う
 

草花への使用方法
 

バラにキトサンを使う
 

バラの挿し木にキトサン
バラの黒点病にキトサン
 


たまごや商店へ戻る


感動の園芸・儲かる農業

ETO菌でふかふか土壌づくり

天然リン酸肥料バットグアノ

増収の早道・海藻資材


取材・執筆依頼

お問合せ

会社情報

訪問者数:

創設:2006.12.29

更新:2013.03.09

デジタルたまごやトップ