Lカセット

オーディオ今昔モノガタリ
 

メルマガ購読

最新コンテンツはメールマガジンでお届けします。今お使いのメールアドレスを入力し購読ボタンを押すだけで手続きは完了。あとはマガジンが届くのを待つだけ!
メールアドレスを入力(半角)

 

オーディオコラム

ケンウッドショウルーム探訪
ビクターのテープデッキ
テクニクスDDターンテーブルSP-10
トリオプリメインアンプKA-6000
マルチチャネルセパレートステレオ〜1969年〜
フィリップスDCC900

57 スタンダードナンバー
56 由布院訪問
55 スタントン健在
54 消えるのか?「テクニクス」ブランド
53 バックロードホーンスピーカー
52 タンノイアーデンが聞けるペンション「ウルル」
51 ビクター全指向型球形スピーカー
50 佐野プレミアムアウトレットでBOSEに遭遇
49 売りたしYAMAHA YP-D7
48 アナログ資源活用「レコード編」
47 ノイズキャンセリングヘッドフォン(その後)
46 ノイズキャンセリングヘッドフォン
45 iPodが変えたもの
44 懐かしの製品が続々復活
43 長岡鉄男モデルが買える
42 ヨドバシアキバ
41 音楽配信本格化
40 ウェーブミュージックシステム
39 CECというメーカー
38 D&Mホールディングス
37 フォノ端子付きアンプ
36 5.1chサラウンド
35 ハードディスクレコーディング
34 MP3
33 バスレフ
32 ラックス
31 ハイファイセット
30 ザ・ベンチャーズなど
29 クライオ処理
28 真空管など
27 JAZZ喫茶再び
26 8ミリフィルム
24 アイワ
22 レシーバー
21 セパレートステレオ
19 AU−666
18 日本マランツ
17 LE8T
16 コンポとは?
15 マランツはツマラン?
14 シュアーV15typeIII
13 アナログプレーヤー雑談-SME(イギリス)-
12 PCサウンド
11 ソニーの名の由来
10 テクニクス
9 ケンウッド
8 8トラック
7 Lカセット
6 カセットテープ
5 JBL
4 テープコーダー
3 TEACの歩み
2 ソリッドステート
1 創刊にあたって
TOP

 

Lカセット

オープンテープでは大げさだし、かといってカセットは音が悪いし。そういう過渡期にはいろいろな製品が出回るのが世の常です。オーディオ界もご多分に漏れず、そういう製品が登場しました。その名を「Lカセット」といいます。発売したのはSONY。

Lカセットは、カセットテープの手軽さと、オープンテープの音質のよさを取り入れたマニア向きの製品で、ソニーから発売されました。カセットに満足できないマニアには大いに賞賛されました。テープの幅は1/4インチとオープンと同じ。テープスピードは19cmと9.5cmが選べたと思います。録音にはテープ速度は速いほど音質は良いので、これは売れると誰もが思った。しかしまったく売れずにすぐその姿を消してしまった。

売れなかった原因は、値段が高かったことと、メーカーがソニーだけだったこともあり、テープメーカーが踊らなかったことにあるでしょう。また通常のカセットの目覚しい性能の向上も見逃せません。ドルビー方式によるノイズの軽減、テープの材質向上、録音技術の向上、テープヘッドの改良など、今でも目を見張るほどの新技術ラッシュです。

Lカセットはその本体はもはや見ることできませんが、秋葉原ではテープは売っているそうです。いや、もう売ってないかも?

2000-07-01

たまごや

スポンサード リンク

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。


 

今日の気分


マランツ プロ仕様・カセットデッキPMD511G(D&Mプロ)
 

オススメサイト

楽天市場でお買い物

コンポ・ラジカセ

プレーヤー・デッキ

ポータブルプレーヤー

アンプ

スピーカー

ラジオ&ラヂオ

周辺グッズ

ICレコーダー


特保なび

週刊マナー美人

アンコールワット世界遺産

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

常識ぽてち

小口輸入支援「販路ドットビズ」

四柱推命による人生相談

お問合せ

 

最終更新日:2013.06.06

 

総訪問者数:

 

創刊:2000.05.06

 

デジタルたまごや