[46]ノイズキャンセリングヘッドフォン


私が最近興味を持っているものがノイズキャンセリングヘッドフォンです。というのは先日カナダに行ったときのこと。毎回、航空機の騒音には閉口しており、しかしエコノミークラスの座席は翼の後ろ側に位置するため、エンジン音は仕方の無いことだと思っていました。そして10時間にも及ぶフライト時間を有効に利用するため、機内放送のお世話になるわけですが、これも騒音の中よく聞こえないのです。

しかし周囲を見回すと、マイヘッドフォンを持っている人が多いことに気がつきました。iPodやMP3プレーヤーで音楽を聞いている人はプレーヤー付属のイヤフォンを使っているのですが、密閉式のヘビーなヘッドフォンを使っている人が目に付きます。よく見るとBOSEのヘッドフォン。どうもこれがノイズキャンセラー付きのヘッドフォンらしいということが判明しました。

BOSEのノイズキャンセルシステムは「QuietComfort2」といわれるもの。外部の騒音をマイクで拾い、その逆相信号を発生させて打ち消すという独自のノイズキャンセリング機能。仕組み自体は簡単ですが、精度を上げるのは難しいらしい。

もともとノイズキャンセルシステムは米軍戦闘機を操縦するパイロットの耳を守るため、軍事的には古くから開発されていました。BOSEはその機能を一般向けヘッドフォンに流用したのです。発売当初は10万円以上した高価品でしたが最近では価格もこなれて4万円弱で購入することができます。

国内メーカーもBOSEと同じ方式のアクティブノイズキャンセルシステムを搭載した機種を次々と発売しています。価格も3000円くらいまで下がっています。あまり安価なものは効果が期待薄なので、狙いを定めたのがこれ。

audio-technica(オーディオテクニカ)
ノイズキャンセリングヘッドホン
Quiet Point ATH-ANC7 購入価格18,400円
主な特徴:

専用設計のANC回路(アクティブノイズキャンセリング)により環境ノイズを85%以上低減
口径40mmドライバーの高音質設計
電池が切れた場合でも通常のヘッドホンとして使えるスルー機能
着脱式1.6mコードをはずせばノイズキャンセリング機能だけを使えます
折りたたみ可能で収納・携帯に便利
専用キャリングケース付属
楽天のレビューでも評判がいいので早速購入。近く台湾に行く予定なので、その際に使ってみようと思います。

2007-08-20

関連記事: