[60]タンノイ・バークレイが聴ける宮越屋珈琲


北海道の札幌観光で見かけた宮越屋珈琲。
北海道に来たら、一度は入っていかなければという名店。
とはいえチェーン店なので、東京にもある。

白い恋人パークに行く途中のアーケードにある 宮越屋珈琲 西友宮の沢店。
旅行疲れもあり、一服しようということで入って軽食を。

家内はマイルドコーヒーとホットサンド。
私はマイルドコーヒーとチーズトースト。

店内に流れるBGMはジャズ。
ん?なんか良い音だな?

と思って、音の出るほうを見たら、なんとタンノイがコーヒー樽と並んで棚にいらっしゃるではありませんか。

タンノイ・バークレイ

一見アーデンかな、と思ったが、バスレフポートが2つしかない?
店主に訊いたところ、バークレイとのこと。

バークレイはアーデンより一回り小さいフロア型スピーカー。
しかしユニットはアーデンと同じものを使用。

このユニットは38cmのウーハーの中心にツイーターを組み込んだ同軸型ユニット。
型番はHPD385A?か。

同軸型のスピーカーは音原が同じ点で構成されるため、音像の分解能や定位感に優れ、自然な音場を再現できるもの。

美味しいコーヒーといい音でのんびりできる珈琲店とは知りませんでした。
また訪問したいと思います。

唯一、分煙されてないのが残念でした。

宮越屋珈琲 西友宮の沢店

TANNOY Berkeley ¥165,000(1978年頃の価格/1台)
型式:2ウェイ1スピーカー・バスレフ方式・フロア型
使用ユニット:38cm同軸型(HPD385A)
許容入力:85W
公称インピーダンス:8Ω
再生周波数帯域:35Hz~20kHz
出力音圧レベル(新JIS):91dB/W
クロスオーバー周波数:1kHz(12dB/oct)
外形寸法:幅540×高さ840×奥行310mm
重量:32kg

宮越屋珈琲 西友宮の沢店
住所: 北海道札幌市西区宮の沢1条1丁目1-30
電話: 011-667-8833
http://www.miyakoshiya-coffee.co.jp

関連記事: