女性のためのクルマ読本

クルマの運転術やメカをやさしく勉強するサイトです!クルマの運転術やメカニズムをやさしく解説。坂道発進や縦列駐車、苦手じゃないですか?こうすれば簡単、オイル交換や正しい洗車ワックスの仕方など役立つ情報満載です。もちろん男性諸君も歓迎いたします。


スペシャル企画

[電気自動車]ニッサンリーフ試乗レポート

女性のためのバイクギャラリー

ハーレー狂の詩

カーナビ生活

たまごやが選ぶ名車とは?

スカイライン博物館

ザ・スーパーなクルマたち

最新コラム

最新版へ

121〜162

120

ディーラーオプション

119

フィット王座に輝く

118

SUV

117

チャイルドシート

116

メーター戻し車

115

ニッサン与太バナシ

114

クルマのデザイン

113

原付四輪

112

新古車

111

ボアストローク

110

フロン券

109

駐車と停車

108

タイミングベルト

107

防衛運転

106

危険運転致死傷罪

105

プリペイドカード

104

最終減速比

103

6速ミッション

102

ニューZ

101

個人タクシー

100

バッテリーの破裂事故

99

デカイミニバン

98

改正道路交通法(2)

97

改正道路交通法(1)

96

カーコンビニ倶楽部

95

センターメーター

94

リビルトパーツ

93

スーパーチャージャー

92

ターボチャージャー

91

ミニ クーパーの話

90

オイルの選び方

89

不正改造車

88

セダン

87

ハロゲンバルブ

86

エアバッグ

85

燃料電池自動車FCEV

84

ランフラットタイヤ

83

セルフスタンド

82

ETC/一般レーン

81

交通事故鑑定人

過去ログ

121〜最新

81〜120

41〜80

1〜40

売れ筋ランキング

★カー用品売れ筋ランキング

★カーナビ売れ筋ランキング

★カーオーディオ売れ筋ランキング

★ドレスアップ用品ランキング

★ETC売れ筋ランキング

 

デジタルたまごや

 

メールマガジン購読

最新コンテンツは、メールマガジンと言う形でお届けします。メールアドレスを入力してください(無料)

 

交通事故鑑定人

何らかの原因で交通事故が起こったとしても、その原因を正しく究明することが困難な場合があります。例えば事故当事者の片方が死亡してしまっている、あるいは双方ともに死亡してしまっているなど。

交通事故の場合は保険会社から保険金が支払われますが、事故の過失がどちらにあるのかによって、責任の度合いが違ってきます。そうなると保険金の金額も変わって来ますし、場合によっては刑事責任を問われることになります。

例えば信号機のある交差点内でクルマ同士の衝突事故があり、当事者のどちらかが死亡したとします。この場合、どちらが青信号であったかが重要な判断材料となりますが、生きている当事者に過失があり、じつは信号無視であっても、「そのときは青信号だった」と主張すればそれがまかり通ってしまうとも限りません。死亡してしまった当事者は死人に口無しで自分の無罪を主張できないわけです。

警察で作成した事故鑑定書や裁判が正しいとは限りません。こういうときは遺族は当然納得できませんから、正しい検証と裁判を求めるわけです。その際に活躍するのが「交通事故鑑定人」です。交通事故鑑定人は現場に残された物証を基に科学的な鑑定を行ないます。正しい鑑定は間違った裁判を覆すことも多くあります。

しかし、有能な交通事故鑑定人でも資料が無いと鑑定はできません。もし重大な事故にあった場合はできるだけそのときの証拠を保存するようにしましょう。鑑定に役立つ情報は以下のとおりです。

  • 現場の写真は散乱物を含め、一枚ではなくあらゆる角度から撮影する

  • 相手車や自車をナンバーを含め破損部分を角度を変えて細かく撮影する

  • 事故車両を可能なかぎりそのままの状態で保存する

  • 被害者の衣類や靴など持ち物をできるだけ保存する

  • 事故地点の電柱、看板、街路樹、建物、道路などを撮影しておく

  • 事故時での天候を記録しておく

  • 事故の目撃者を確認しておく。

このような情報が得られれば「事故現場の証拠」に基づいて物理法則、自動車の運動特性、構造特性、人間工学的知識等との整合の下に事故の真相を正しく推論することができます。まさに感情に左右されない交通事故鑑定人の技なのです。

ただし、この鑑定人はアメリカでは確立された資格となっていますが、日本で20人もいないとされます。また遺族の悲しみを食い物にするニセ者の横行しており、つい最近も300万円もの鑑定料を騙し取った人物が逮捕されるという事件もありました。

警察と裁判所による一方的な裁判に対抗できるのは保険会社だけですが、ぜひとも第三者的正しくそして安価に利用できる検証機関が望まれます。

2001/12/24


スポンサード リンク

たまごや

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。



Web tamagoya.ne.jp

INFO

最終更新日:2011/02/27
マガジンへの広告掲載
取材・執筆依頼について
他のメルマガも見てみる
お問合せ

オススメサイト

東南アジアの世界遺産を極める
アンコールワット世界遺産
特定保健用食品を極める
特保なび

小口輸入販路拡大支援
販路ドットビズ

常識の宝庫
常識ぽてち
職場の知識
知って得する労働法
やさしい節税を勉強する
週刊節税美人
ファミレスと飲食店研究
ファミレス様覚悟せよ
知っといて損は無い
週刊マナー美人

創刊:2000.05.15

Produced by デジタルたまごや会社情報お問合せ