[212]電気自動車その先に来るもの

| 関連記事(0)

時代はエコカー全盛。少し前まではプリウスだらけでしたが、最近ではアクアをよく見ます。トヨタのアナウンスではプリウスの販売台数をアクアが抜いたようですね。

先頭を走るトヨタのエコカー、それを低価格路線で脅かすホンダ。ガソリンをまったく使わない電気自動車リーフの日産とアイミーブの三菱。既存の技術を高めて経済的なガソリン車を売りまくるマツダ。そして軽自動車の追撃。時代は燃費戦争です。

しかしメーカーの叫びとは裏腹に、ユーザーは結構冷静になってきているかもしれません。なにも乗り換えなくても今乗っている車を大事に乗ることもエコですから。

さて、今回のお題は「電気自動車その先に来るもの」です。以前日産リーフを試乗してレポートも書きましたが、とにかく残走行可能距離が気になって気になってしょうがない車でした。自宅では充電設備もないし、充電スタンドは、日産の営業所に行かないと無い状態です。走行可能距離は147kmほどなのでその周辺しか走れません。

日産でもその悩みは承知で今後全国くまなく充電スタンドを増やすといっています。充電には急速充電でも30分かかり、今後電気自動車が増えてくれば、充電スタンドに並ぶという事態になるわけです。

4台も並べば充電に30分x4台=2時間もかかることになります。しかもその料金は525円。これでは儲かるはずもなく、ということは外部からの参入は望めないということになります。コンビニなどはよく利用する店舗に設置されることを期待するしかありません。

たとえば電気自動車が世の中に普及したとしましょう。しかしそのユーザーは航続距離の少なさに悩んでいます。そしてその悩みの解決に、発電機を積んで充電しながら走ったらどうかと考えます。

皆さんは、太平洋を渡る大型ヨットをご存知でしょうか?ヨットといえば帆を張りその帆に風を受けて走るため、究極のエコを実現した乗り物です。しかしこのヨットは実はエンジンを積んでいます。そして、緊急時にはそのエンジンを使って航路の補正などを行ないます。

この考えを電気自動車に盛り込んだらいかがでしょう。電気を発電機で充電しながら電気で走る車。電気自動車+エンジン...そう、何のことはない、つまり、ハイブリッド車です。エンジンは小さくていい。ガソリン換算した燃費は100km/L、なんて...

「電気自動車その先に来るもの」は「やはりハイブリッド車であった」という空想でした。

~「修復歴有り」の定義~

以前「修復有り」の中古車は安くてお買い得という話をしました。しかしその際に判断基準となるのが「どんな修復」をしたのか?ということ。

じつは「修復歴あり」の場合、どこを修正・交換したのかが以下の9箇所と決まっています。なんでもかんでも修理したら「修復有り」ではないのです。

・フレーム
・フロアパネル
・ルーフパネル
・ピラー
・フロントインサイドパネル
・ダッシュパネル
・フロントクロスメンバー
・トランクフロアパネル・
・ラジエーターコアサポート(交換のみ)

いずれもクルマの骨格を構成する部分であり、これらのいずれかを修正・交換した経歴があるクルマを販売する場合は「修復歴あり」と表示しなければなりません。

この9箇所は事故により交換することが多いですが、事故以外でも天災や悪戯などで修正・交換すれば「修復歴あり」になります。

たとえば、ボディに傷をつけられるといったイタズラは多いですが、その場合ルーフを傷つけられ、それを交換すれば「修復歴あり」になります。

しかし、たとえばドアやボンネットなどを交換しても、上記9箇所に該当しないため「修復歴あり」にはなりません。

賢く中古車を購入するには「修復歴あり」車をいかに見極めるかにかかっているといってよいでしょう。

【関連記事】
[209]中古車のススメ(上手な中古車の選び方-4-)~修復の有る無し~
[14]楽しい中古車選び

たまごや内を検索する


カテゴリ

旧サイト

メルマガで購読する

 

 

powered by まぐまぐトップページへ

このサイトを購読する

女性のためのクルマ読本

おすすめアイテム

アーカイブ

全 193 件-タイトル表示

著者プロフィール



ご訪問感謝!

創刊:2000.05.15


人気ブログランキング - 女性のためのクルマ読本