こういう仕草は女らしい -磯部らん-

男性のみならず同性からも愛される女性になろうというテーマで日常でのマナーや言葉使い、恋愛面では男性をより惹きつけるテクニックをみなさんと一緒に考えていきたいと思います。

ご案内

マガジン発行履歴
磯部らんの本
お問合せ
私もライターをやってみたい

磯部らんの新着コラム

41号〜最新号へ

40

言葉づかい

39

夢をかなえる秘訣

38

日本の伝統

37

成長するためには

36

問題解決法

35

自分をベストな状態に

34

日本の良さ

33

些細なマナー

32

ステキな人との出会い方

31

真の美しさとは

30

食事のマナー

29

美しい姿勢

28

話し上手とは

27

オーラを出すには

26

手紙

25

男女の付き合い方

24

素敵な人の集まる場所

23

歳を重ねるという事

22

魅力をつけるには

21

良い印象とは

20

心から元気にっ!

19

素敵な女性

18

初心に返って

17

男女のマナー

16

分相応に

15

知的センスは生活空間から

14

コンプレックス克服運動

13

上手な時間の使い方

12

目標を立てる

11

嫉妬との付き合い方

10

知的な女性とは

9

あいさつ

8

敬語について

7

上品な言葉づかい

6

好かれる人の秘密

5

食事の席にて

4

箸について

3

ちょっとつれなく

2

心の豊かさ

1

バーゲンにて

マナー美人へ戻る

第3回

ちょっとつれなく


今回は恋愛についてです。
本当に自分の事を好きでいて、大切にしてくれる人は誰だろう?
男性に対してはちょっとつれなくした方がいいというのが私の持論です。私の実践している事をまとめてみます。

  1. こちらからあまり頻繁には電話をしない。
  2. 長電話をしない。
  3. ただ暇と言う理由で頻繁に、電話をしたりメールを送ったりしない。
  4. 気になる男性がコンパなど(女性が沢山いる場所)に行く話をしても聞き流す。(あまり気にしてない振りをする)
  5. いつも忙しくしている。
  6. 大好きな人からの誘いでも、他の約束がすでに入っていたらそちらを優先させる。(常識だとは思いますが、女性は良くあると思うので)
  7. 彼(気になる男性)の事を「こんなに素敵な人は他にいない」と思っていても、そういう素振りを相手に見せない。(他にも素敵な人は沢山いるという広い視野を忘れないよう、周りが見えないほどのめり込まないように。)
  8. 彼(気になる男性)の行動を探ろうとしない。
  9. 自分のことを始めのうちから、あまり細かく話さない。
  10. 昔の恋愛話をしない、(細かく話したりしない)また、相手の事も聞き出そうとしない。

まだまだ沢山ありますが、上記の内容は恋愛本や雑誌などにもよく出てくる内容だと思います。

男性は「狩り」の精神が基本的にあるそうです。なかなかつかまらない女性を手に入れようと、頑張る。逆に、いつでも都合のいい時に会えて、相手の女性の何から何までをすべて、知ってしまっていたら、何とかして振り向かせたい!という気持ちが沸いてくるでしょうか?

本当に自分の事を好きでいてくれている相手なら、こちらから何度もアプローチをしなくても向こうから、こちらを気にかけてくれると思います。

もっとよく知りたい、もっと一緒にいたいと男性が思ってくれる女性になる事で、素敵な男性からのアプローチが増えるのではないでしょうか?

ちょっと自分自身をミステリアスに、相手の事も一度に沢山知ろうとしなように。また、いつも自分磨きや、同性の友人との付き合いに忙しくしている女性であることが同性からも好かれますし、素敵な男性を惹きつける一番の近道だと思います。

最近メールのやり取りで、よく知らない人と会って犯罪に巻き込まれてしまうというニュースも多くなっているように思います。一概にすべてが悪いとは言い切れませんが、本当に自分を愛してくれてる人とお付き合いする方が、自分を大切にするという点でもいい事だと思います。

これは独身を対象にした文章になってしまいましたが、夫婦でも、相手の行動を細かくしろうとしたり、浮気をしていないか心配で背広のポケットを見ようとしたり、、、、そんな事は絶対にしてはならないと思います。

お互いのプライバシーを尊重して、あまり束縛しすぎず、夫婦になって一緒に生活しても、カーラーを頭にまいてリビングをうろうろしたりするなどのアラを見せず、たまには恋人同士であった頃のような演出をすることも結婚生活には必要だと思います。

まだ、独身のため自分自身の結婚生活は想像できませんが、子供が出来ても、つれあいからは「お母さん」としてだけでなく「妻」または「一人の女性」として恋人の時のような感覚で見てくれたら嬉しいと思います。

今回は女性の側からみた内容ですので、男性側からみるとまた違った意見があると思います。

男性と女性それぞれ物の見方がやっぱり違うと思います、だからこそ一緒にいて、辛い事や楽しい事、悲しい事や嬉しい事など、いろんな刺激になると思います。

磯部らん

2002.08.21


スポンサード リンク


 

 


マナー美人

マナーコラム

冠婚葬祭Tips

スチュワーデスの美UP講座

式場司会者は見た!

ビジネスマナー

メールサポートの達人になろう

非尋常OL修身

サクラジロウことだま放浪記

週刊マナー美人

 

オススメサイト

特定保健用食品を極める「特保なび」

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

販路ドットビズ