こういう仕草は女らしい -磯部らん-

男性のみならず同性からも愛される女性になろうというテーマで日常でのマナーや言葉使い、恋愛面では男性をより惹きつけるテクニックをみなさんと一緒に考えていきたいと思います。

ご案内

マガジン発行履歴
磯部らんの本
お問合せ
私もライターをやってみたい

磯部らんの新着コラム

41号〜最新号へ

40

言葉づかい

39

夢をかなえる秘訣

38

日本の伝統

37

成長するためには

36

問題解決法

35

自分をベストな状態に

34

日本の良さ

33

些細なマナー

32

ステキな人との出会い方

31

真の美しさとは

30

食事のマナー

29

美しい姿勢

28

話し上手とは

27

オーラを出すには

26

手紙

25

男女の付き合い方

24

素敵な人の集まる場所

23

歳を重ねるという事

22

魅力をつけるには

21

良い印象とは

20

心から元気にっ!

19

素敵な女性

18

初心に返って

17

男女のマナー

16

分相応に

15

知的センスは生活空間から

14

コンプレックス克服運動

13

上手な時間の使い方

12

目標を立てる

11

嫉妬との付き合い方

10

知的な女性とは

9

あいさつ

8

敬語について

7

上品な言葉づかい

6

好かれる人の秘密

5

食事の席にて

4

箸について

3

ちょっとつれなく

2

心の豊かさ

1

バーゲンにて

マナー美人へ戻る

第11回

嫉妬との付き合い方


今回は嫉妬との付き合い方について考えてみたいと思います。

小学校や中学校でのいじめの発端の一つに嫉妬が挙げられると思います。

いじめには様々な要因があるとは思いますが、先生に少し贔屓をされている子、異性からもてる子など「羨ましいな」から、「妬ましい」となり、いじめに繋がる事もあったように思います。

社会人になってから、これは幼い学生時代に限った事ではなくて、社会に出てからも、このような嫉妬から起こるいじめの様なものはあるんだなと感じました。もう十分に分別のある大人だと思うのですが・・・。

嫉妬は、あの人羨ましいなと思うところから沸いてくるのではないでしょうか?と同時に劣等感も味わうものだと私は思います。あの人はあんなにすごいのに私は・・・・。と少し落ち込んでしまう事は誰しもありますよね。

ですが嫉妬と言うものは良い方に向ければ、すごくいいエネルギーになると思います。

「ないものねだり」はよくないですが、(例えば、モデルのような体型だったら、家柄が良かったら、親が大金持ちだったら、等々どうしようも出来ない事)今ある状況を、より良く改善していく事は可能です。

例えば、誰からも愛されるような素敵な女性になりたい、という願望があるとして、目鼻立ちの良い美人な女性を羨ましいな、と嫉妬してしまった。

ちょっと変な例ですが、作家の林 真理子さん、女優の様に美しい目鼻立ちの方というわけではありませんが、お洒落で、つねに自分磨きをされてる方で、知的で素敵な女性です。

私が思うに、ただ生まれつきの目鼻立ちの良い美人(内面も素晴らしい方は沢山いらっしゃいますが)よりも、林 真理子さんのがずっと素敵だと思います。

人間は年とともに、やはり体型は崩れてきてしまいます。美人な目鼻立ちも、同じ様な状態で60代までは持っていく事はできませんね。そんな時やっぱり、内面の美しさだと思います。

私はかっこいいだけの男性には何の興味もわきません。やはり中身です。いい車に乗って、お洒落でかっこよくて、髪型などいつもきまっていても、中身が素敵じゃなきゃ!と。

私自身の経験ですが、他人に対して嫉妬心を持ってしまう部分は、そこが自分にとってのコンプレックスの部分である事が多いように思います。

コンプレックスをバネにして、すごい事を成し遂げた人は大勢いらっしゃると思います。

現在、私はコンプレックス克服運動と題して、コンプレックスを少しでも減らして行こうと考え、自分が直したいと思っている性格や、直す事の可能な体型や癖など、少しずつですが改善して行くように努力しています。

すると昔ほど、誰かに対して嫉妬心を持つ事も減り、「自分は自分」と他人と変に比較する事もなくなり、努力している自分に昔よりも自信が持てる様になったと思います。

コンプレックス克服対策についてはまた、次回取り上げてみたいと思います。

嫉妬というものをいい方のエネルギーへと変えて、より素敵な女性を目指して行けたらいいですね。



今回は、同性に対しての嫉妬という意味で書いてきましたが、異性に対しての嫉妬もありますね。多少なりとも恋愛には付き物だと思います。

これは相手にも因りますが、恋多き?男性とお付き合いすると嫉妬で怒り狂ってしまう事もありますね。(ありました!)恋愛面での嫉妬については、また改めて取り上げてみたいと思います。

磯部らん

2002.12.11


スポンサード リンク


 

 


マナー美人

マナーコラム

冠婚葬祭Tips

スチュワーデスの美UP講座

式場司会者は見た!

ビジネスマナー

メールサポートの達人になろう

非尋常OL修身

サクラジロウことだま放浪記

週刊マナー美人

 

オススメサイト

特定保健用食品を極める「特保なび」

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

販路ドットビズ