こういう仕草は女らしい -磯部らん-

男性のみならず同性からも愛される女性になろうというテーマで日常でのマナーや言葉使い、恋愛面では男性をより惹きつけるテクニックをみなさんと一緒に考えていきたいと思います。

ご案内

マガジン発行履歴
磯部らんの本
お問合せ
私もライターをやってみたい

磯部らんの新着コラム

41号〜最新号へ

40

言葉づかい

39

夢をかなえる秘訣

38

日本の伝統

37

成長するためには

36

問題解決法

35

自分をベストな状態に

34

日本の良さ

33

些細なマナー

32

ステキな人との出会い方

31

真の美しさとは

30

食事のマナー

29

美しい姿勢

28

話し上手とは

27

オーラを出すには

26

手紙

25

男女の付き合い方

24

素敵な人の集まる場所

23

歳を重ねるという事

22

魅力をつけるには

21

良い印象とは

20

心から元気にっ!

19

素敵な女性

18

初心に返って

17

男女のマナー

16

分相応に

15

知的センスは生活空間から

14

コンプレックス克服運動

13

上手な時間の使い方

12

目標を立てる

11

嫉妬との付き合い方

10

知的な女性とは

9

あいさつ

8

敬語について

7

上品な言葉づかい

6

好かれる人の秘密

5

食事の席にて

4

箸について

3

ちょっとつれなく

2

心の豊かさ

1

バーゲンにて

マナー美人へ戻る

第13回

上手な時間の使い方


あけましておめでとうございます。社会人になってからというもの、季節の移り変わりが、より早く感じるようになりました。

今回は、この2003年の一年間を有意義に使う為の時間の使い方についてです。

唯一万人に共通して与えられている事、それは1日24時間だということ。

当たり前の事ですが、私の父は私が「忙しい、忙しい、時間がもっと欲しいな」と言うと「でも誰しも一日は24時間と決まっているんだよ」と言います。

一生の時間はやはり違ってきてしまいますが、一日は万人共通の24時間。もっと時間があったらなんてないものねだりだわ、みんな同じなのね、と当たり前のことに改めて考え直させられました。

だらだら過ごすも24時間。何かをして過ごすのも24時間!

時間の使い方に関しての本は沢山出ていますが、ここでは私が実行している、とても簡単に自分の時間を有意義に使える方法です。

自分の時間を管理するという有名な手帳も売っていますので、それを活用するのも一つの手だと思います。

一度使った事があるのですが、私が使った手帳は1日1ページで、予定を時間単位で書き込むものでした。しかし、書き込めない日が何日か出てきてしまい、きちんと使いこなせませんでした。

私の場合、会社の中でのデスクワークの仕事ですので、日中のスケジュールを特に時間ごとに書き込む程の予定が無く、持て余してしまいました。

フリーで働かれている方や営業の仕事をされてる方でこの手帳を使われている方が多く、とても便利な手帳だと思います。

こちらは後にも残るので、見直しにも便利だと思います。近いうちにもう一度挑戦しようと思っています。

私が実践している時間の使い方の方法は、前回のコラムでの「年末のやることリスト」のように、今日したいことを簡単なメモ用紙に書き込みます。広告の裏でも何でもかまいません。

このメモ用紙には、絶対にしなければならない重要な予定や事柄は、メモなのでなくしてしまうといけないので、大切な事は、いつも使用されている手帳に記入して下さい。

ここでは、手帳に書き込む用事とまではいかないけど、時間の空いた時にすると良い事。例えば、靴を磨く・引き出しの中を整頓する、女性でしたら肌のお手入れをする・爪のお手入れなど、ちょっと気になっていることなど。

例えば、朝起きて、外出の仕度をしている時に「あ、この棚のなかちょっとゴチャゴチャしているな」と思ったとしたら会社でメモ用紙に「今日帰ってからすること」として「棚の整頓」とメモをしておきます。

会社勤めをしていると特に、何かをしようと思っていてもいざ家に帰ると、晩ご飯の仕度や家事、次の日の準備などや、テレビ・音楽を楽しんだりしているうちに、お風呂に入る時間や寝る時間になってしまう事も多いと思います。

そしてちょっと気になっていた「棚の整頓」の事は頭の片隅から消えてしまっている・・・こんなことありませんか?

そんなときにメモをみて、お風呂に入る前の10分間を棚の整頓の時間に充てる。そんな些細な事で、より快適な暮らしになると思います。気分的にもすっきりとした棚や、引き出しはいいですよね。

週末に一気にやろうと思っていても、急に友人との約束が入ってしまったり、外出しなければならない用事が出来たりして出来なくなってしまうこともあると思います。

ちょっとの時間を、普段気になっていることに上手く使ってよりよい暮らしに。

これは私事ですが、このメモによって今までは、気になった時にしかしなかった肌のスペシャルケアや靴磨きなどを習慣にする事が出来たり、自分の部屋の中が前よりも快適になったと思います。

今まで忙しいからと趣味や語学の勉強など、後回しにしてしまっている事を毎日ちょっとの時間を使って始めてみるのもいいかもしれません。

女性でしたらメモに「ストレッチをする事」とか「お肌の手入れ」などを書いておき、お風呂上りにもう寝ようかな、でもメモを見てストレッチしようと気づいたり、何かをしながらでも、顔のパックをしようと思い立ったり、、、。

メモは毎日書く必要は無く、たまにはのんびりリラックスして映画でも観ようという日はメモは書きません。

「今日やることリスト」をみて、しなければ、やらなければと時間に追われるようになって、ストレスになってしまってはいけませんので、ちょっと時間があるときに気づかせてくれるメモ程度にとどめておいてください。

私はこのメモの通りに出来なくても、こんな日もあるわ、とメモを取っておくと負担になってしまう事は捨ててしまったり、明日に伸ばそうと思ったら、机の上に貼っておいたり、なにかと便利です。

これを毎日計画立てて、スケジュール通りやりたい、となればこの方法よりも時間管理の機能手帳のがお勧めです。

あくまでちょっと普段の生活を快適に、時間上手にしたいなという時に、このメモの方法を使われてみては如何でしょうか?

磯部らん

2003.01.15


スポンサード リンク


 

 


マナー美人

マナーコラム

冠婚葬祭Tips

スチュワーデスの美UP講座

式場司会者は見た!

ビジネスマナー

メールサポートの達人になろう

非尋常OL修身

サクラジロウことだま放浪記

週刊マナー美人

 

オススメサイト

特定保健用食品を極める「特保なび」

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

販路ドットビズ