こういう仕草は女らしい -磯部らん-

男性のみならず同性からも愛される女性になろうというテーマで日常でのマナーや言葉使い、恋愛面では男性をより惹きつけるテクニックをみなさんと一緒に考えていきたいと思います。

ご案内

マガジン発行履歴
磯部らんの本
お問合せ
私もライターをやってみたい

磯部らんの新着コラム

41号〜最新号へ

40

言葉づかい

39

夢をかなえる秘訣

38

日本の伝統

37

成長するためには

36

問題解決法

35

自分をベストな状態に

34

日本の良さ

33

些細なマナー

32

ステキな人との出会い方

31

真の美しさとは

30

食事のマナー

29

美しい姿勢

28

話し上手とは

27

オーラを出すには

26

手紙

25

男女の付き合い方

24

素敵な人の集まる場所

23

歳を重ねるという事

22

魅力をつけるには

21

良い印象とは

20

心から元気にっ!

19

素敵な女性

18

初心に返って

17

男女のマナー

16

分相応に

15

知的センスは生活空間から

14

コンプレックス克服運動

13

上手な時間の使い方

12

目標を立てる

11

嫉妬との付き合い方

10

知的な女性とは

9

あいさつ

8

敬語について

7

上品な言葉づかい

6

好かれる人の秘密

5

食事の席にて

4

箸について

3

ちょっとつれなく

2

心の豊かさ

1

バーゲンにて

マナー美人へ戻る

第27回

オーラを出すには


最近このような話を聞きました。

本当の自分を出さないと「オーラ」というものは出ない。
パワーも然り。

自分を強く見せよう、良く見せようという面は誰しもあると思います。営業やお客様との商談の時には、いつもにまして自分に仮面を付けて、多少演じてしまう事ってありますよね。これも、大切な事です。部下に接するとき、お客様に接するとき、家族に接するとき、様々な顔が人にはあると思います。

ですが、オーラやパワーといったものは、自分をさらけ出さないと、なかなか出てこないそうです。
「そのままの自分を出す」とは?イチローに例えますと、

イチローは普段の練習を、そこまでやる必要はない!というところまでやるそうです。そこまで完璧を求めなくても良いのではないか、と周りの人が思うところまで練習する。だけど、本番では、自分がその時に出来る事をやるだけ。監督にああしろ、こうしろと言われても、本番では、自分のスタイル、パターンを崩さずに、普段のそのままの自分でプレーをするそうです。

また、人前で緊張するというのも、もちろんこれには馴れもあるとは思いますが、自分を良く見せたい、周りがどう評価するか、というのを気にし過ぎてしまう事も大きな要因だそうです。

逆にあえて自分を出す事によって、その人本来の良さが出てくる事って大いにありますよね。ですが、大勢の前で、自分をさらけ出す・・・
これにはやはり、場数や馴れも必要かもしれません。

コンサルタントをしている小林 俊哉さんの言葉ですが、これから必要になってくるのはまず、「辞めなければならない事として」:自分を隠す事、人と比較する事、評価を気にする事。「始めなくてならない事として」:自分をさらけ出す事、自分のやれる事をやれる方法で行う事、だそうです。

この「辞めなくてはならない事」は、分かっているけど、どうしても気にしてしまうものですよね。逆に人と比較する事によって、自分をもっと高めていきたいと思う事もありますし、他人の評価で励まされたり、口惜しい思いをしたりして、それをバネにする事も出来ると思うので、一概には辞めなければならない事、とは言い切れない気もしますが、同感する部分も大いにあると思います。

また、この方のお話や私の周りの事、読者の方から紹介して頂いた本を読んで気付いた事なのですが、「ああ、この人ってすごい」と思う人には、共通している事があります。いくつかあるのですが、ここで取り上げたいのは、「GIVE&GIVEと感謝の気持ち」です。

私の父は、よくGIVE&GIVEだぞ、と言います。若い頃はまだ、この意味にピンとこなくて、恋愛に当て嵌めていました。愛を貰おうと思ってはいけないのね、愛は与えるもの。私はこんなに愛しているのに、こんなにしてあげてるのに、と相手に見返りの愛を期待してはいけないと・・・。

これも、もちろんそうだと思います。愛は貰うものではなく、与えるもの。すると、自ずと周りに愛が溢れてくる、そういうものだと私は考えています。

GIVE&GIVEとは、見返りを期待しないで、自分の為ではなく、周りの人の為に、社会の為に、人が喜んでくれる事を、相手の為に与える事ができると言う事ではないでしょうか。

GIVE&TAKE、ではなくてGIVE&GIVE。

こちらが与える事で、相手に喜んでもらえるだけで十分こちらは幸せ。幸せは周りの人に、分けても、分けても、減ってしまう事はなくて、より増えていくものだと思います。たまに、「あの人は、幸せそうだからいいよね〜」という話も聴きますが、その人は、きっと周りにも、たくさん幸せを分けてあげている人だと思います。それによって、さらに幸せが自分の周りに集まってくる。

周りの人に親切にすると、必ずどこかで自然といいことが自分にも返ってくる。昔から言われている当たり前の事ですが・・・普段気に留めていない事が多いと思います。別に見返りを期待している訳ではないのに、「あ、これか」と不思議に、自分が周りの人にした「いいこと」がめぐりめぐって、自分に返ってきた事に気付く事があります。

相手の役に立って喜んで貰えた事は、その時には自分に返ってこなくても、めぐりめぐって返ってくるものなのです。そしたらそれをありがたく受け取って、また周りにGIVEする。

このGIVE&GIVEの精神と、人は誰しも一人では生きては行けなくて、周りの人に助けられてきてますよね、その事に感謝の気持ちを忘れない事。この気持ちが大切だと改めて感じました。

そしてその「GIVE&GIVEと感謝の気持ち」と、本当の自分をさらけ出してみる事。いきなりには難しいと思いますので、ちょっとづつ出してみる。

そうすると、今以上にオーラやパワーが出て来て、より人生が楽しくなるのでは、と思います。


今回は、書きたい事がたくさんあって長くなってしまいましたが、最後まで読んで頂いてありがとうございます。

そしてここで、読者の方から教えて頂いた本をご紹介します。「あなたは絶対!運がいい」著:浅見 帆帆子さん(グラフ社)です。為になる事がたくさん書かれていて、この本から沢山の事を教わりました。今回のコラムに興味を持たれた方はぜひ、オススメの一冊です。

磯部らん

2003.07.30

あなたは絶対!運がいい あなたは絶対!運がいい

著者:浅見帆帆子
出版社:グラフ社
本体価格:1,200円
楽天ブックスで購入する楽天ブックスで購入する

 


スポンサード リンク


 

 


マナー美人

マナーコラム

冠婚葬祭Tips

スチュワーデスの美UP講座

式場司会者は見た!

ビジネスマナー

メールサポートの達人になろう

非尋常OL修身

サクラジロウことだま放浪記

週刊マナー美人

 

オススメサイト

特定保健用食品を極める「特保なび」

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

販路ドットビズ