こういう仕草は女らしい -磯部らん-

男性のみならず同性からも愛される女性になろうというテーマで日常でのマナーや言葉使い、恋愛面では男性をより惹きつけるテクニックをみなさんと一緒に考えていきたいと思います。

ご案内

マガジン発行履歴
磯部らんの本
お問合せ
私もライターをやってみたい

磯部らんの新着コラム

41号〜最新号へ

40

言葉づかい

39

夢をかなえる秘訣

38

日本の伝統

37

成長するためには

36

問題解決法

35

自分をベストな状態に

34

日本の良さ

33

些細なマナー

32

ステキな人との出会い方

31

真の美しさとは

30

食事のマナー

29

美しい姿勢

28

話し上手とは

27

オーラを出すには

26

手紙

25

男女の付き合い方

24

素敵な人の集まる場所

23

歳を重ねるという事

22

魅力をつけるには

21

良い印象とは

20

心から元気にっ!

19

素敵な女性

18

初心に返って

17

男女のマナー

16

分相応に

15

知的センスは生活空間から

14

コンプレックス克服運動

13

上手な時間の使い方

12

目標を立てる

11

嫉妬との付き合い方

10

知的な女性とは

9

あいさつ

8

敬語について

7

上品な言葉づかい

6

好かれる人の秘密

5

食事の席にて

4

箸について

3

ちょっとつれなく

2

心の豊かさ

1

バーゲンにて

マナー美人へ戻る

第33回

些細なマナー


今回は日常生活の中で気付いた些細なマナーについて取り上げます。

ちょっとした事ですが、自分の周りに気を配る事って出来ているようでなかなか出来ていない気がします。もちろん私も含めてです。

例えば、エスカレーターで全員が片側に寄っているのに、平気で急いでいる人のための道をふさいでしまっている人。これは後ろにまで気がまわってない人ですが、よく見かけるのではないでしょうか。

普段通勤の時には必ず片側が開いていますが、日中は空けない事も多いようです。ですので、普段通勤時などの込んでいる時にはあまり電車に乗らない方で、片側による事を知らない方かな、と思っていたのですが・・・・そうでもないようです。

また、改札を出てすぐ、その辺りで立ち止まる方や、狭い道で広がってゆっくり歩いている方、電車の中でも、もう少し詰めて座れば規定の人数がちゃんと座れるのに、など「うーん、周りが見えてないのね」と思うシーンは皆さんの周りでも、幾つか思い当たるのではないでしょうか。

食事の席でも、新しい料理が来たら新しいお皿も持ってきてくれますよね、そんな時に「お皿取り替えようか?」と聞いてくれるのはいつも同じ人のような気がします。

飲み物がなくなっていたら、「何か頼む?」とその人にメニューを渡してあげたり、お店の方がお皿を下げに来た時に、遠くにあったらとって渡す事など、出来ているようで、なかなか出来ていないのではないでしょうか。その時には、お店の方には必ず「ありがとう」と。そして帰るときにも、「ごちそうさまです」という一言を。お店の方にとっては、「ありがとう、ごちそうさまです、美味しかったです」というお客さんの言葉が、何よりも嬉しいと思います。

話に夢中になっていても、これらはちょっと周りに目を配れば気付く事です。これらは余りにやり過ぎてもおかしいと思いますので、あくまで気付いた事をさり気無く。

そんな些細な事に気を配れる人って良いですよね。「一を聞いて十を知る」まで行かなくても、当たり前ですがタバコを吸う人にマッチを貸してと言われたら、マッチと一緒に灰皿(置いてなければ)を持っていく事や、胃薬ある?と言われたら、コップに水を入れて一緒にお渡しする、などなど。

言われた事、プラスアルファ−の事が出来る人って素敵ですよね。では、どうしたら言われた事以上のことに、気付くようになるのでしょうか、また自分の周りの状況に、より気が付く事が出来るようになるのでしょうか。その感性を磨くためには、「一人で行動すること」だと私は思います。

一人で行動する事で、なんとなく周りが見えてくる事ってあると思います。

ある作家の方が、表参道でカッコイイなと思う人は一人で颯爽と歩いている。逆に友人3人で歩いている女性は、後ろの人の通行を邪魔しているのに気付かずにゆっくり広がって歩いていると言っていました。

これは私も耳が痛くて、学生の頃はよく3人で周りを気にせず、ウィンドーショッピングをしていたので、通行の邪魔をしていただろうなと恥ずかしく思います。

一人で行動する事で、より周りの事が見えてくる。そこで、周りの人の行動を見て、自分に置き換えて良く無いなと思うところがあれば、自分の行動を改めたり、逆に、こういう仕草は素敵だなと思えば参考にしたり。

これは仕草だけではなくて、スカーフの巻き方を参考にしたり、着こなしを参考にしたりとファッションだったりもします。ちょっと周りに気を配れば、ファッション雑誌やマナー本を読まなくても、気付かせてくれるヒントは街中に沢山溢れていると思います。

道端や街角の花屋で見た花を美しいと感じたり、きれいな空をみて感動したり、お年寄りを手伝っている青年を見て心が温まったり、ちょっとした幸せも沢山あります。

そんな些細な事に気付く事ができるって素敵なことですよね。忙しい日常でなかなかゆとりがない時もありますが、そんな時こそちょっとした事に目を向けてみるのも新鮮だと思います。

磯部らん

2003.10.22


スポンサード リンク


 

 


マナー美人

マナーコラム

冠婚葬祭Tips

スチュワーデスの美UP講座

式場司会者は見た!

ビジネスマナー

メールサポートの達人になろう

非尋常OL修身

サクラジロウことだま放浪記

週刊マナー美人

 

オススメサイト

特定保健用食品を極める「特保なび」

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

販路ドットビズ