こういう仕草は女らしい -磯部らん-

男性のみならず同性からも愛される女性になろうというテーマで日常でのマナーや言葉使い、恋愛面では男性をより惹きつけるテクニックをみなさんと一緒に考えていきたいと思います。

ご案内

マガジン発行履歴
磯部らんの本
お問合せ
私もライターをやってみたい

磯部らんの新着コラム

41号〜最新号へ

40

言葉づかい

39

夢をかなえる秘訣

38

日本の伝統

37

成長するためには

36

問題解決法

35

自分をベストな状態に

34

日本の良さ

33

些細なマナー

32

ステキな人との出会い方

31

真の美しさとは

30

食事のマナー

29

美しい姿勢

28

話し上手とは

27

オーラを出すには

26

手紙

25

男女の付き合い方

24

素敵な人の集まる場所

23

歳を重ねるという事

22

魅力をつけるには

21

良い印象とは

20

心から元気にっ!

19

素敵な女性

18

初心に返って

17

男女のマナー

16

分相応に

15

知的センスは生活空間から

14

コンプレックス克服運動

13

上手な時間の使い方

12

目標を立てる

11

嫉妬との付き合い方

10

知的な女性とは

9

あいさつ

8

敬語について

7

上品な言葉づかい

6

好かれる人の秘密

5

食事の席にて

4

箸について

3

ちょっとつれなく

2

心の豊かさ

1

バーゲンにて

マナー美人へ戻る

第38回

日本の伝統


文藝春秋で次のような文章を読みました。ちょっと悲しく、おめでたいお正月前にちょっと書きにくい文章ですが、あえて、時事にあっているのでご紹介したいと思います。

文藝春秋でのタイトルは、「壊れる家族」愛されるクリスマス、嫌われる正月。新年特別号に掲載されている、岩村暢子さんの文章です。

少しご紹介しますと、クリスマスは盛り上がるけれども、お正月は捨てられた行事である、というもの。おせち料理を作らないどころか、お正月からコンビニおにぎりをたべている家庭すらあるとのレポートです。

1960年代以降に生まれた主婦に対して、110世帯の子供のいる家庭で調査をした結果です。

「自宅で家族そろってクリスマスパーティーや特別ディナーをする」と答えた家庭は95パーセント。一方、自宅で正月を祝う30代〜40代の主婦の家庭は7割未満、30代の主婦に限れば、6割を切っているそうです。

アンケートでは、「おせち料理を見せておく事が大事なので、自分で作らなくても小さいのを買う」という意見や、「おせち料理は中身より、お正月っぽくお重に入れて出す」と「見せておくもの」、という意見が多く見られます。

おせちとは本来、主婦がお正月くらいは台所に立たなくてもいいように、と保存がきく料理を作ったのが始まりともいいます。

おせち料理の謂れを覚えていますか?小さい頃、よく母親に言われました。

黒豆・・・家族がまめに暮らせるように
数の子・・・子孫が繁栄するように
昆布巻き・・・よろこぶことがあるように
海老・・・腰が曲がるまで長生きできるように
田作り・・・豊年豊作祈願

また、お屠蘇。今回の調査をした家庭では、お正月に家族で飲む家庭はほとんどないそうですが、お屠蘇は延命長寿を願うと言う謂れです。

お屠蘇は、屠蘇散ともいい、魏の名医華陀の処方という、年始に飲む薬です。山椒、防風、肉桂、蜜柑皮、桔梗、などを調合し、屠蘇袋に入れて酒、みりんに浸して飲むもので、一年の邪気を払い、齢を延ばすという謂れで日本では、なんと平安時代から行なわれているそうです。

おせち料理も、例えば黒豆を煮るときには、色をよくするために釘(鉄)を一緒に鍋で煮たり、などなど昔ながらの料理の知恵もたくさんあります。

おせち料理は、核家族が多い今の時代では、全て一から作ることはやはり、無理なところも出てくるでしょう。昔はおせち料理といえば、豪華な料理でしたが、飽食の時代、そうとは限りません。

今ではちょっと地味な料理で、若い方には好かれない料理かもしれません。

また、仕事が忙しくて、おせちも買ってきた物をお重に詰めてしまうこともあるかも

しれない。ですが、日本の古くからある伝統を大切にして後世に伝えていくことも、

ある意味、日本人の義務であると感じました。

キリスト教の国ではクリスマスを大切にしていますが、日本は本来、大晦日・元旦をハレの日として大切にしてきましたよね。

その伝統や、おせち料理や各地に伝わる年始の行事など、もっと若い世代の人たちも、ちょっと見直してみる、考えてみる事も大切ではないのだろうかと感じました。


それでは、みなさんが素晴らしい2004年を迎えられますようにお祈りします。

また、この一年間、磯部らんのコラムを読んでいただいた事に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう!!!

それでは、2004年にまたお会いしましょう。

磯部らん

2003.12.31


スポンサード リンク


 

 


マナー美人

マナーコラム

冠婚葬祭Tips

スチュワーデスの美UP講座

式場司会者は見た!

ビジネスマナー

メールサポートの達人になろう

非尋常OL修身

サクラジロウことだま放浪記

週刊マナー美人

 

オススメサイト

特定保健用食品を極める「特保なび」

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

販路ドットビズ