こういう仕草は女らしい -磯部らん-

男性のみならず同性からも愛される女性になろうというテーマで日常でのマナーや言葉使い、恋愛面では男性をより惹きつけるテクニックをみなさんと一緒に考えていきたいと思います。

ご案内

マガジン発行履歴
磯部らんの本
お問合せ
私もライターをやってみたい

磯部らんの新着コラム

75 夢を実現する方法
74 ちょっとした心遣い
73 躾とマナー
72 つねに意識して
71 偶然を装った必然
70 まず行動!
69 報告と連絡と相談
68 豊かな生活
67 ビジネスマナー
66 チャンスは一瞬
65 本棚の先生
64 こころの養分
63 恋愛について
62 一生懸命
61 大切なもの
60 お礼のしかた
59 目標の再確認
58 選択すること
57 生きがいについて
56 気づく力
55

時間管理について

54

等身大で

53

人との付き合い方

52

人生を大切に

51

意識するということ

50

出会いと思いやり

49

人に指導する時には

48

成功のコツと自己投資

47

好かれる男性とは

46

不安を取り除くには

45

躾について

44

こういう仕草が女らしい

43

後の人のことを考えて

42

ちょっといい話

41

誉めて育てる

1号〜40号へ

マナー美人へ戻る

第44回

こういう仕草が女らしい


これは、男性から見てぐっときた女性の仕草についてとりあげました。

髪をアップにする仕草。これは、ヘアピンを口にくわえてささっとアップスタイルの髪型に結う彼女が、これはどう?じゃあこういうのは?といろんなバリエーションを作って聞いてくる彼女のうしろ姿にどきっとしたとか・・・。

髪を上げたときの、おくれ毛って女性を感じさせますよね。また、いろんなヘアスタイルをささっと作れる彼女にも、ぐっときたそうです。私も練習しなくては・・・。

ちょっとした仕草として、玄関で出かけるときに曲がったネクタイをさりげなく直してくれる女性にも、ぐっとくるそうです。このときに、「ネクタイ曲がっているわよ」とかは言わないで、無言であくまでさりげなく・・・。これ女性にもわかりますよね。例えば、肩に付いてる糸くずをはらってあげるときにも、何も言わずにスッとできる女性って素敵。これは、何も言わずにさりげなく、が基本です。

よく男性って女性に対して、「美味しい料理をつくってほしい」「料理の上手な人がいいな」っていいますよね。そこで、ある既婚の男性の意見なのですが、「美味しい料理をつくって欲しかったら、奥さんをそういうお店に連れて行ってあげないといけない」そうです。

お店に行ってから、こないだのお店で食べた料理に挑戦してみるわ、と言って、私のほうがうまくできたじゃないの!っていいながら料理をしている奥さんに、可愛らしさを感じるんだよって言っていました。こういうことが言える人って、奥さんに対してすてきな男性ですよね。

それから、すべてをボクに頼ってくれる女性という意見も。例えば車を買う時に相談してくれたら、いろんな人に頼るのではなくてボクだけに相談して欲しいとのこと。彼氏として、車を選ぶのを自分のことのように調査をして、彼女の好みも考慮に入れて、一生懸命考えるからすべてボクに頼ってくれるほうが男として嬉しい。あの人にも、聞いてみてこの人にも頼って・・・ではなく、すべてボクに頼ってと。

それから、ちょっとわがままな人。これは、自分だけに(彼氏のボクだけに)わがままな人だそうです。私も、「女性はちょっとわがままな方がいい」と思っています。これは、彼女に振り回されたいという男性や、素直でおしとやかな子がいいという好みの男性までさまざまな意見がありますので、行き過ぎないように、でもときには「早く会いたいな」、「もっと長く一緒にいれたらな」、というようなことをあまり相手を困らせない程度に、わがままを言ってみるのもいいのではないでしょうか。かわいいと思います。

また、いつも負けん気が強くてバリバリと仕事をしている女性が、ふと見せた弱さに、ボクが守ってあげるよ、と抱きしめたくなってしまうという意見も・・・。

それから、一概にはいえないかもしれませんが、ファッションでは、年上の男性とお付き合いしている方は、かわいらしい格好を。年下の男性とお付き合いしている方は逆に、大人っぽい格好を。

私は年上の男性に対しては、逆に大人っぽい格好をして、なんとかつり合うようにしなくては・・・と焦ってしまうと思うのですが、男性の意見は違っていて、

年上の人の周りには、大人っぽい格好の方は当然たくさんいますよね、そのなかであえて年下の女性を付き合っているのですから、かわいらしいファッションのほうがいいんだそうです。これ、あくまでかわいらしい格好であって、子どもっぽい格好ではないと思います。

そして、年下の彼にとっては、年下の彼に合わせようとしてかわいい格好をするのではなく、逆に大人の女性といったファッションをすると、年上の大人の女性といった雰囲気に「わぉー」となるそうです。

私の意見は、いつも女らしい格好をしている人はたまにはアクティブな格好をしてみたり、かわいらしい格好の方は、大人っぽい格好をしてみたり、普段とは違った格好をすることで、いつもと違う雰囲気でデートを楽しむことができたら、より素敵だと思います。

実際に何人かにリサーチをし、聞き取りをした調査です。私の身近な方ばかりですので偏っていたらごめんなさい。

特に、曲がったネクタイをさりげなく直してくれる女性・・・というのは、今時古風すぎます!という女性の意見もありましたので、あくまで今回は男性の意見ということで、悪しからず。

また、読者の方でボクはこんな仕草にドキッとしたというお話や、男性のこういった仕草に男らしさを感じました、というエピソードがあれば、ぜひ、ご紹介いただき、いずれまた、みなさんの意見をまとめてご紹介したいと思います。

磯部らん

2004.03.24


スポンサード リンク


 

 


マナー美人

マナーコラム

冠婚葬祭Tips

スチュワーデスの美UP講座

式場司会者は見た!

ビジネスマナー

メールサポートの達人になろう

非尋常OL修身

サクラジロウことだま放浪記

週刊マナー美人

 

オススメサイト

特定保健用食品「特保なび」

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

販路ドットビズ