こういう仕草は女らしい -磯部らん-

男性のみならず同性からも愛される女性になろうというテーマで日常でのマナーや言葉使い、恋愛面では男性をより惹きつけるテクニックをみなさんと一緒に考えていきたいと思います。

ご案内

マガジン発行履歴
磯部らんの本
お問合せ
私もライターをやってみたい

磯部らんの新着コラム

75 夢を実現する方法
74 ちょっとした心遣い
73 躾とマナー
72 つねに意識して
71 偶然を装った必然
70 まず行動!
69 報告と連絡と相談
68 豊かな生活
67 ビジネスマナー
66 チャンスは一瞬
65 本棚の先生
64 こころの養分
63 恋愛について
62 一生懸命
61 大切なもの
60 お礼のしかた
59 目標の再確認
58 選択すること
57 生きがいについて
56 気づく力
55

時間管理について

54

等身大で

53

人との付き合い方

52

人生を大切に

51

意識するということ

50

出会いと思いやり

49

人に指導する時には

48

成功のコツと自己投資

47

好かれる男性とは

46

不安を取り除くには

45

躾について

44

こういう仕草が女らしい

43

後の人のことを考えて

42

ちょっといい話

41

誉めて育てる

1号〜40号へ

マナー美人へ戻る

第56回

気づく力


言われないで気づくのが一番いい。
私はマナーのことや自己啓発のことを書いていますが、正直私自身できていないところ、足りないところはたくさんあります。

自己啓発で、人生について書いても、それを読んでくれた友人で人生をあきらめてしまった人もいる。また、その友人は最後に、私が送った一方的なメールに対して、もっと思いやりを持って相手のことを考えてメールを出しなさい、と注意をくれました。その時、私はわかっているよ、と言い訳じみたメールを送ってしまいました。それが、その友人に出した最後のメール。その友人の、私に対して叱ってくれた思いやりにさえ、私はその時、気づきませんでした。

今回は「気づく」ということについて書いていこうと思います。数ヶ月前に、ビジネス書で「気づく力」という特集がありました。

「気づく」という心の働きは、心理学の世界では、問題解決の心理学や認知心理学の分野で主に取り扱われてきました。問題場面に出会ったときに、問題をどう感じ取り、どのように解決していくか。心理学でいえば、それが「気づく力」ということになります。

三方が囲まれた檻に、お腹をすかせた鶏と犬をいれる。そして檻の前方にえさを置くと、えさを食べようとまっすぐに向かってくる。鶏は檻が邪魔になっていつまで経ってもえさの前で右往左往するだけで食べることができない。犬は、最初は迷うけれども、檻の一辺が開いていることを発見して、檻を脱出し、回り道をしながらえさにたどり着ける。犬は問題を感じ取り、解決策を見出した。これが分かりやすく言う、「気づく」ということ。

私はどうするだろう、きっとえさに突進して、檻をガシガシと壊そうとしたり、よじ登ったり、穴を掘って向こう側に行こうとするかもしれない。もし、鶏だったら、飛ぼうとすると思う。飛べないのに・・・。犬だったら、檻をかじって破ろうとするかな・・・。
こう思う私を、心理学的にはどう評価されるんだろう・・・(笑)無謀な人かな(笑)

一度目標から遠ざかって回り道をするというのは、実はかなりの高度な思考。先ほどの例で言うと、自分と自分が入っている檻、えさの位置、檻の仕組みという全体構造が把握できなければ、そういう発想は出てきません。鶏のようにえさという要素にばかりとらわれてしまうと、全体の構造が見えなくなってしまう。だから、問題場面が見通せない、問題の解決策に気づかない、ということが出てきます。


気づくことができる人は、見かけや表面的な現象に左右されずに、物事の本質を見ることができる。そして、本当に気づく力のある人は、それだけではありません。「木を見て森を見ず」といいますが、逆に森全体をみてしまうと、個々の木は見えなくなってしまう。課題によっては、森全体を見たり、個々の木々をみたりすることが大切。理想的なのは視点を変換して、課題によって見方を変えること。それができるのが、本当に気づく力のある人といえるのではないでしょうか。

物事の背景にある潜在的な要因を見抜いたり、複数の減少をバラバラにとらえるのではなく、その関係性を抽出できるのは、視点の深さ。この視点の深さと、問題によって見方を変えることのできる柔軟性を身に付けたいと思いました。そして、何より相手に対する思いやりというマナーも。

最後に、世の中には三つの種類の人間がいるという話を目にしました。「自らが何かを変える人、変わっていく何かを見て分析する人、何かが変わっていることにさえ気付かない人。」
自らが何かを変える人でありたいと思いました。

今回は、プレジデントの2004.7.19号を参考にしました。

磯部らん

2004.09.29

スポンサード リンク


 

 


マナー美人

マナーコラム

冠婚葬祭Tips

スチュワーデスの美UP講座

式場司会者は見た!

ビジネスマナー

メールサポートの達人になろう

非尋常OL修身

サクラジロウことだま放浪記

週刊マナー美人

 

オススメサイト

特定保健用食品「特保なび」

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

販路ドットビズ