こういう仕草は女らしい -磯部らん-

男性のみならず同性からも愛される女性になろうというテーマで日常でのマナーや言葉使い、恋愛面では男性をより惹きつけるテクニックをみなさんと一緒に考えていきたいと思います。

ご案内

マガジン発行履歴
磯部らんの本
お問合せ
私もライターをやってみたい

磯部らんの新着コラム

75 夢を実現する方法
74 ちょっとした心遣い
73 躾とマナー
72 つねに意識して
71 偶然を装った必然
70 まず行動!
69 報告と連絡と相談
68 豊かな生活
67 ビジネスマナー
66 チャンスは一瞬
65 本棚の先生
64 こころの養分
63 恋愛について
62 一生懸命
61 大切なもの
60 お礼のしかた
59 目標の再確認
58 選択すること
57 生きがいについて
56 気づく力
55

時間管理について

54

等身大で

53

人との付き合い方

52

人生を大切に

51

意識するということ

50

出会いと思いやり

49

人に指導する時には

48

成功のコツと自己投資

47

好かれる男性とは

46

不安を取り除くには

45

躾について

44

こういう仕草が女らしい

43

後の人のことを考えて

42

ちょっといい話

41

誉めて育てる

1号〜40号へ

マナー美人へ戻る

第58回

選択すること


私ごとですが、数ケ月前に長年勤めた会社を退社し、約一ケ月間旅行に行ってきました。
9月の半ばから先週まで、一人旅です。

今回は旅に出て感じたことは、人間一人でも、どこに行ってもなんとかなるものだわ、ということ。でも全くの一人では何もできない。周りの人と協調することや、親切に道を教えてくださった人などがいなかったら、なんとかならなかったかもしれない。やっぱり、人は周りとのコミュニケーションが大切で必要不可欠なことだなと思いました。

と、同時に、旅にでることで一人だけの時間を持つことができ、自分は本当に何がしたいのかしらとじっくり考える時間が持てたり、自分自身を周りから見ることができるものだと思います。私が思ったのは、私はなんて弱いのかしらということと、泣き虫だなあと思ったこと。また、どちらかというと団体行動よりも、一人で気ままに行動するほうが好きだということ。自分の行きたい場所に行くことができて、食べたいときに気に入ったレストランに入る。休憩したかったら、何時間でも景色の良い場所を見つけて本を読んだり・・・。美術館だって、一人だったら時間を気にすることなく鑑賞することができる。これらは、よほど自分と仲良い人や感性が似ている人でない限りできないことですよね。団体行動だと難しい。これは裏を返せば自分勝手なところがあり、わがままということかも・・・。
と、自分の性格を外から再認識したり。

たまたまこの旅行で、今まで体験したことがないくらい自分にとって重大なことを選択しなくてはならないことが起きました。どうしよう!自分で決めることですが、家族に国際電話をかけたり、また外国人の友人は親の意見も大切だけれど、親の生きてきた時代と今の時代は確実に違う。また親はいつまでも生きて見守ってくれるわけではないという意見も聞きました。私は、自分よりも長く生きてきた両親の言葉は、自分の子供のためを一番に思って意見してくれているものだと思うので、今までは親の意見が一番!と思っていたのですが、でも親の言うことに必ずしも全て従ってしまうのも危険なこともあるかもしれませんね。いろんな意見を聞きつつも、自分の心に従うのが一番なのかな。

これをきっかけに思ったことは、何かを選ぶとき、例えば一つしか選べない時。
この道に行ったらどうなるだろう・・・
こちらの道はどうだろう・・・
あちらの道に行ったらどうなるだろう・・・
と迷うこともでてくるでしょうが、でもそれらは「自分自身で」選ぶことができるということ。

人の意見を聞いても、なんだかんだ言っても選択しているのは自分!
あの時、○○がこう言ったから・・・なんて誰かのせいにするのではなく、いろんな意見を聞いても、それを結果的には自分で選択して決めているんですよね。

人に意見を聞いているときには、実はもう自分のなかで答えは決まっているものなのだと思います。それに気づくために、人に質問している。人に相談しつつも、本当は自分に自問自答しているものだと思います。

例えば、今、会社が嫌だと思っていても、その会社を選択したのは自分自身ではないでしょうか。じゃあ、その嫌という気持ちをどう変えていくか。違う会社に移ることを選択するのもいいでしょう。ですが嫌という原因を追究してみるのも大切だと思います。それが分からなかったら違う会社に行ってもまた同じことを繰り返してしまうかもしれません。

なんとなく嫌だなと思うことを「そのままにして続けていくこと」も、その原因はなんだろうと、自分自身にあるのかもしれない、または、どうしても向いていない仕事内容なのかもしれない、周りの人とのコミュニケーションに因るものかもしれないと、「考えて変えていこうとすること」この二つの違いも、自分自身で選択しているのではないでしょうか。

そう書きながら、私自身も自問自答しているのかもしれません。人生は自分で決めることができる。それは小さな「選択」の積み重ねによって決まっていくものだと思います。今日、どう過ごすかで、何年か先の自分の人生も変わってくる。何を選択するかでも、人生が変わってくる。

そう思うと、毎日、一日一日が大切に思えてきました。

少し余談ですが、何かを選択するときには、それは自分の今までの経験の中でしか決められないと聞いたことがあります。その経験を増やすためには、人の目も借りること。自分だけの視野(経験)は限られている。だから、色んな人の意見を聞くことも大切。左右されすぎるのも良くないのですが、相手の意見に自分の意見が左右されすぎることなく、様々な意見を吸収するためには自分自身の核(コア)を持っていないといけないそうです。私は、まだいろんな人の意見に左右されすぎてしまっているので、この核がきちんとできていないことにも気がつきました。

こうして色んなことを考えることのきっかけができたり、自分の弱さに気づくことができた今回の旅でした。よく自分探しで外国に行く人がいますが、私は何も変わらないと思っていました。自分自身が変わらなければ、場所が変わっても結局自分は変わらないものだから・・・と。でも、今回の旅で、違った環境に自分を置いてみることで発見することもあるんだと思いました。自分を見失ったときや、生きる希望が見出せなくなってしまったときが出てきたとしたら、たとえそんな旅行をする気分でないとしても、なおさらあえて旅にでてみるのもいいものかもしれません。

磯部らん

2004.10.26

スポンサード リンク


 

 


マナー美人

マナーコラム

冠婚葬祭Tips

スチュワーデスの美UP講座

式場司会者は見た!

ビジネスマナー

メールサポートの達人になろう

非尋常OL修身

サクラジロウことだま放浪記

週刊マナー美人

 

オススメサイト

特定保健用食品「特保なび」

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

販路ドットビズ