こういう仕草は女らしい -磯部らん-

男性のみならず同性からも愛される女性になろうというテーマで日常でのマナーや言葉使い、恋愛面では男性をより惹きつけるテクニックをみなさんと一緒に考えていきたいと思います。

ご案内

マガジン発行履歴
磯部らんの本
お問合せ
私もライターをやってみたい

磯部らんの新着コラム

75 夢を実現する方法
74 ちょっとした心遣い
73 躾とマナー
72 つねに意識して
71 偶然を装った必然
70 まず行動!
69 報告と連絡と相談
68 豊かな生活
67 ビジネスマナー
66 チャンスは一瞬
65 本棚の先生
64 こころの養分
63 恋愛について
62 一生懸命
61 大切なもの
60 お礼のしかた
59 目標の再確認
58 選択すること
57 生きがいについて
56 気づく力
55

時間管理について

54

等身大で

53

人との付き合い方

52

人生を大切に

51

意識するということ

50

出会いと思いやり

49

人に指導する時には

48

成功のコツと自己投資

47

好かれる男性とは

46

不安を取り除くには

45

躾について

44

こういう仕草が女らしい

43

後の人のことを考えて

42

ちょっといい話

41

誉めて育てる

1号〜40号へ

マナー美人へ戻る

第67回

ビジネスマナー


4月から社会人という人もいるでしょう。また、新入社員が入ってくるわ、気を引き締めなきゃ、なんて思いを新たにしている人もいるでしょう。今回は、初心にかえってマナー講座、ビジネスマナー編です。

まずは、職場での身だしなみ。これは、第一になんといっても清潔感!
「人間は中身で勝負」と言っても、やっぱり第一印象は大切です。
バリバリ仕事ができても、スーツがヨレヨレだったら台無しでしょう。

仕事をするのにふさわしい服装であること。職場の雰囲気を乱さない着こなしをすることです。IT企業で、Gパンにジャケットで仕事をしたりすることもあるでしょうが、商談の時など、服装より中身はもちろんですが、まだまだ日本社会では、外見の印象はおろそかにはできません。

そしてなにより大切なのが、挨拶。先日、知り合いの方から、部下で挨拶のできない人がいるんだよね、どうしたらいいかなぁという相談を受けました。
いくら仕事はきっちりする人でも、基本のコミュニケーションができなくては評価もよくならないのはもったいないことですよね。この挨拶で大切なことは相手の目を見てすることだと思います。

ビジネスマナーの5大ポイントは、身だしなみ、あいさつ、言葉遣い、態度、表情です。

名刺交換では、目下の人が先に差し出すのが原則。相手がみえたら立ち上がり、前に出て挨拶をし、会社名と名前を名乗って名刺を差し出します。相手の名刺をいただいたら名前の読みを確かめます。難しい字ではなくても、例えば久野をくのさん、と読むこともあれば、ひさのさんと読むこともあります。

私の上司は、ひさのでしたが、よく「くのさんお願いします」との電話がなんと多かったことか・・・。

また、もらった名刺の取り扱いは丁寧に。名刺はその人の分身、ぞんざいに扱ってはいけません。相手の名前を覚えるまでテーブルの上においておいたり、相手が数人いるときには、座っている順に並べておくと話しやすくなります。
もらった名刺には、出会った日付や相手の特徴を書き込んでおくと記憶が残ります。私はその後、お礼状を出した日付や、メールを送った日付も記載しています。すると、後日お会いしたときにも、コミュニケーションがしやすくなります。

そして時間管理と周りの人とのコミュニケーションも大切。上司への報告、連絡、相談から、同僚との会話。仕事さえきちんとしていれば・・・とは、やっぱりいきません。仕事は人と人とのつながりでなりたっているもの。


私の失敗談は、待ち合わせの時間はよかったのですが、相手がだいたい何時まで大丈夫なのかを確認せず、相手の次のスケジュールを遅らせてしまったことがありました。相手の方は、大丈夫ですよ、とおっしゃってくださったものの、お会いしたときに、何時まで大丈夫ですか、など確認しておくことが大事だと思いました。また私自身も、早めに時間を見て切り上げるべきだったと反省です。

このほか、私も新人のときにはいろんな失敗がありました。でも、それを繰り返しながら(同じことはなるべく繰り返さないように)学んでいくのだと思います。その自分の失敗があるから、後輩にも指導しやすくなるものだし、すんなりそつなくこなした仕事よりも、そこには勉強になるものは多いのだと思います。

全く辛いこともなくて、楽しくて、毎日ラクチンな仕事なんてありえません。
苦労もしながら、人間関係でも多少は悩みながら、いろんな面でスキルアップしていくものだと思います。高いハードルが課せられることもあるでしょうが、そこには絶対に、自分を成長させてくれるものがあるはずです。

「仕事とは、自分を成長させるもの」であると、私は思います。

桜の季節、通勤電車のなかで、新人らしい若者が新しいスーツに身を包んでいるのをみると、こちらも初心に帰って、よし頑張るぞ!という新鮮な気持ちになります。

もうすぐ4月、暦のうえでは1月が一年のスタートですが、社会や気持ちのうえでは4月が一年のスタートといった感じですよね。4月からの新たな1年、みなさまにとって、素晴らしい日々、実りある一年となりますように。

◇◇◇

PS最後に、仕事のストレスによって自ら命を絶つ人が年々増えてきています。人生で一番大切なものは、仕事ではありません。家族であったり、自分の健康であったり、それを壊してしまうほど、また、心の健康を損なってしまうほど、仕事は大切ではないことも心に留めておいて欲しいと思います。

2005.03.22


スポンサード リンク


 

 


マナー美人

マナーコラム

冠婚葬祭Tips

スチュワーデスの美UP講座

式場司会者は見た!

ビジネスマナー

メールサポートの達人になろう

非尋常OL修身

サクラジロウことだま放浪記

週刊マナー美人

 

オススメサイト

特定保健用食品「特保なび」

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

販路ドットビズ