不登校とんでけ! -月野すみれ-

現役通信制高校の教員、月野すみれが「教育」について真剣に、熱意を持って語ります。現場の生の声をあなたも聞いてみませんか?

教育現場シリーズ

生徒の数だけ『合格への道』
by 葉月ひまわり
教師予備軍は見た。
by 下坂めがね
リアルふぁいと幼稚園
by 間瀬美雪
不登校とんでけ!
by 月野すみれ
教育者様、覚悟せよ!
by コハタジュンコ
教育現場の裏事情
by 秋月慎一

あなたもライターになれる
 

不登校とんでけ!

26 体育
25 先入観(2)
24 先入観
23 卒業式
22
21 ストレス
20 がむしゃら
19 まずは相手から
18 成人式
17
16 年賀状
15 まもる
14 大人になるということ
13 ルール
12 いちばん
11
10 中退
9 推薦
8 高校って何だろう?
7 ある進路相談(2)
6 ある進路相談
5 通信制高校とは?
4 いいこ
3 怒る
2 レディースみたいな
1 通信制高校

第6回

ある進路相談


 こんにちは、月野 すみれです。今日も「教育」について真剣に、熱意を持って語ります。現場の生の声に耳を傾けてみて下さい。

 第3回目の「怒る」では7人の方から感想のメールをいただきました。ありがとうございます。改めて、生徒を叱るときは、生徒と真剣に向き合い「自分の言葉」で叱らなければ、相手に自分の気持ちは届かないのだということを考えさせられました。

 今回は「ある進路相談」ということについて、話そうと思います。もう10月に入り、大学や専門学校の推薦の受付がはじまり、毎日のように生徒が進路の相談に学校に登校してきます。

 先日、私のクラスの女の子が相談に来ました。彼女は体が弱く、不登校気味だったために、2年間休学をしていました。今年に入ってからはだいぶ登校できるようになり、このままの状況が続けば来年の春には卒業できそうなので、私も安心しています。

 彼女は進学先に短大か専門学校を希望していました。希望としては、短大進学の方が強いようでした。しかし、年齢が他の生徒よりも上であるということに引け目を感じ、不登校だった自分が短大に毎日通うことがはたしてできるのだろうかという不安を抱え、そして、途中で投げ出したりなどして、失敗したくないという気持ちで、短大への進学に躊躇していました。

 私も彼女の不安や恐怖はすごくよくわかります。何かをはじめるということはものすごくエネルギーが、勇気がいることなのです。ましてや、彼女のように不安な材料を抱えていれば、躊躇してしまうのは当然なことだと思います。

 でも、はじめなかったら何も変わらないんです。途中で、専門学校へ進路を変更したくなったら、短大をやめて専門学校に通うことだってできます。大変でも、短大に行きながら専門学校に通うこともできます。また、短大を卒業してから専門学校に進学することも可能です。

 たとえ、短大を卒業できなかったとしても、短大に通った時間というのは無駄にならないのです。そこで経験したことは、長い目でみればきっと彼女の力になっていくでしょう。

 私は大学を卒業してすぐ教師になったわけではありません。1年間は、ある会社で働いていました。しかし、やっぱり教師という職業につきたくて、翌年から今の学校で働いています。

 会社で働いた1年間は無駄だったのか?いいえ、そんなことないのです。時間の大切さ、仕事の厳しさ、サービス精神・・・会社で働いた1年間は、私にたくさんのことを教えてくれました。私はたった1年しか会社で働いていませんが、とても貴重な1年間だったと思っています。私にとっては、大学を卒業してすぐに教師になるよりも、1年会社で働いて教師になったことは、大きなプラスでした。

 彼女にはこのような話をして、進路相談を終えました。

 まだ、彼女は進学について考えを決めかねているようです。進学するにしても、そうでないにしても、彼女が前向きに自分の将来を考えていけるよう、これからも相談にのっていきたいなと思っています。


次回は、「ある進路相談(2)」について、私が思うことを話します。

2000.10.23

楽天で「進路相談」を探す

月野すみれ

スポンサード リンク

※記述が古い場合があります、自己責任でご使用ください。

不登校とんでけ!


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情3

国際化社会

アンコールワット世界遺産

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2000.09.01
訪問者数:
更新:2008.11.19
デジタルたまごやトップ