不登校とんでけ! -月野すみれ-

現役通信制高校の教員、月野すみれが「教育」について真剣に、熱意を持って語ります。現場の生の声をあなたも聞いてみませんか?

教育現場シリーズ

生徒の数だけ『合格への道』
by 葉月ひまわり
教師予備軍は見た。
by 下坂めがね
リアルふぁいと幼稚園
by 間瀬美雪
不登校とんでけ!
by 月野すみれ
教育者様、覚悟せよ!
by コハタジュンコ
教育現場の裏事情
by 秋月慎一

あなたもライターになれる
 

不登校とんでけ!

26 体育
25 先入観(2)
24 先入観
23 卒業式
22
21 ストレス
20 がむしゃら
19 まずは相手から
18 成人式
17
16 年賀状
15 まもる
14 大人になるということ
13 ルール
12 いちばん
11
10 中退
9 推薦
8 高校って何だろう?
7 ある進路相談(2)
6 ある進路相談
5 通信制高校とは?
4 いいこ
3 怒る
2 レディースみたいな
1 通信制高校

第10回

中退


 こんにちは、月野 すみれです。今日も「教育」について真剣に、熱意を持って語ります。現場の生の声に耳を傾けてみて下さい。

 もうすぐ12月。デパートなどではクリスマスツリーが飾らていますよね。一足早いクリスマス気分に浸っています。

 今回は「中退」ということについて、話そうと思います。

 「中退者は我慢が足りない」そんな声をよく聞きます。私はそんな声を聞くたびに、悲しい気分になります。通信制の高校へ通っているということで、イコール中退者と考える人も少なくありません。そんな人たちに私は考えてもらいたいことが二つあります。

 一つは、通信制高校の生徒は、「高校生だ」と言うことを理解してもらいたいというです。私の学校には、前の高校を退学し、編入してきた生徒もいます。また、学期の途中で転入してきた生徒もいます。でも、皆、中退者ではなく、「高校生」なのです。全日制、定時制、通信制・・・どの学校でも、皆、同じ「高校生」だということをまず、理解してもらいたいです。

 そしてもう一つは、人を一つの枠に入れて判断するということはやめてほしいということです。誰でも、自分が枠にはめられて判断されることは、正当な評価をされていないように思い、嫌だと感じることが多いと思います。「女性だから・・・」「男性だから・・・」「まだ若いから・・・」・・・・・・。そんな風に話をされて、「自分」は「自分」なのに・・・と感じた経験はないでしょうか。

 「高校中退した子は使えない。」確かに、私の学校にも、時間や提出物がルーズで、結果的に単位が取れなくなってしまう生徒も中にはいます。でも、それは全日制の生徒でも同じ様なことがあると思います。遅刻の多い生徒、忘れ物の多い生徒・・・どの学校にも様々な生徒がいるのです。

  「高校中退した子は使えない。」そういった枠を作り、それで人を判断すること自体が私には間違っているように思います。高校を中退したから、定時制だから、通信制だから・・・そんなことは、人として付き合う上で何も関係のないことです。そんな枠を作るのではなく、その人自身を見て欲しいと思います。高校を中退してしまた人だって、通信制や定時制に通っている人だって、一生懸命に頑張っている人は、たくさんいます。その人たちのチャンスをつぶさないで欲しい。

 その人がどんな人なのか、話をし、顔を見て、自分自身の目でしっかりみて判断してほしいです。それが一番大切なことではないのでしょうか。


次回は、「」について、私が思うことを話します。

2000.11.21

楽天で「中退」を探す

月野すみれ

スポンサード リンク

※記述が古い場合があります、自己責任でご使用ください。

不登校とんでけ!


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情3

国際化社会

アンコールワット世界遺産

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2000.09.01
訪問者数:
更新:2008.11.19
デジタルたまごやトップ