不登校とんでけ! -月野すみれ-

現役通信制高校の教員、月野すみれが「教育」について真剣に、熱意を持って語ります。現場の生の声をあなたも聞いてみませんか?

教育現場シリーズ

生徒の数だけ『合格への道』
by 葉月ひまわり
教師予備軍は見た。
by 下坂めがね
リアルふぁいと幼稚園
by 間瀬美雪
不登校とんでけ!
by 月野すみれ
教育者様、覚悟せよ!
by コハタジュンコ
教育現場の裏事情
by 秋月慎一

あなたもライターになれる
 

不登校とんでけ!

26 体育
25 先入観(2)
24 先入観
23 卒業式
22
21 ストレス
20 がむしゃら
19 まずは相手から
18 成人式
17
16 年賀状
15 まもる
14 大人になるということ
13 ルール
12 いちばん
11
10 中退
9 推薦
8 高校って何だろう?
7 ある進路相談(2)
6 ある進路相談
5 通信制高校とは?
4 いいこ
3 怒る
2 レディースみたいな
1 通信制高校

第14回

大人になるということ


 こんにちは、月野 すみれです。今日も「教育」について真剣に、熱意を持って語ります。現場の生の声に耳を傾けてみて下さい。

 もうすぐクリスマスですね。街ではたくさんのクリスマスソングが流れ、木々や建物はイルミネーションで彩られ、行き交う人々の顔にも笑顔がこぼれているように感じて、なんだかすごく楽しい気持ちになります。

 今回は「大人になるということ」ということについて話そうと思います。


 皆さんは、茨木のりこさんの「汲む」という詩を御存じでしょうか。

 この詩は、「大人になるということは すれっからしになることだと思い込んでいた少女の頃」という言葉ではじまります。


 私も中学生から高校生にかけて、大人になるということは、「冷めた目で、人を、世の中を、みることだ。というように考えていたように思います。どんなことにも「熱くなること」が格好の悪いことだって思っていました。ちょっとひねくれていたのかな。

 この詩を読んだ時、そんな気持ちを思い出しました。


 「大人になるということ」はどういうことなのか、私は今もこの答えを見つけることができません。そもそも、「大人になる」という言葉そのものがたくさんの意味を持ち過ぎて、矛盾したものになっているのかもしれません。


 でも、最近思うんです。「大人になるということ」の一つの意味として、「自分の気持ちに素直であるということ」があげられるんではないかって。「冷めた目で、人を、世の中をみること」のほうが格好が悪いことだと思うようになりました。

 年を重ねていけばいくほど、「自分の気持ちに素直であるということ」ってすごく難しいことだって思うんです。ずるくもなるし、変なプライドだけが高くなっていくから......。だからこそ「自分の気持ちに素直であるということ」が、「大人になるということ」なのだと思います。

 「自分の気持ちに素直であるということ」は、それだけ物事に対して、まっすぐにぶつかっていくということです。自分の心をさらけだすということ。自分の感情をごまかし、押し殺すことよりも、はるかに勇気とエネルギーを必要とすることだと思います。

 そこで受けるものは、大きなものとなるでしょう。喜びはすばらしいものとなり、悲しみは大きな傷を残すでしょう。

 嬉しかったら笑えばいいのです。傷ついたら泣けばいいのです。自分の心の中にしまっておかなくていいのです。

 ある時は、喜び、笑い、ある時は、悲しみ、涙を流す。それが「自分」であり、「人間らしさ」なのだと思います。その素直な感情は、自分だけにとどまらず、周りへと広がっていきます。

 こぼれた笑顔の分だけ、幸せが生まれ、流した涙の分だけ、優しさが生まれるのです。

 そう思いませんか?

 私は、どんな些細なことにでも、目を向け、そこから新しい感動を感じたい。喜び、悲しみ......すべての感動を。

 そして、たくさんの幸せと優しさをつくっていきたいなと思っています。


次回は、「まもる」について、私が思うことを話します。

2000.12.18

楽天で「茨木のり子」を探す

月野すみれ

スポンサード リンク

※記述が古い場合があります、自己責任でご使用ください。

不登校とんでけ!


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情3

国際化社会

アンコールワット世界遺産

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2000.09.01
訪問者数:
更新:2008.11.19
デジタルたまごやトップ