不登校とんでけ! -月野すみれ-

現役通信制高校の教員、月野すみれが「教育」について真剣に、熱意を持って語ります。現場の生の声をあなたも聞いてみませんか?

教育現場シリーズ

生徒の数だけ『合格への道』
by 葉月ひまわり
教師予備軍は見た。
by 下坂めがね
リアルふぁいと幼稚園
by 間瀬美雪
不登校とんでけ!
by 月野すみれ
教育者様、覚悟せよ!
by コハタジュンコ
教育現場の裏事情
by 秋月慎一

あなたもライターになれる
 

不登校とんでけ!

26 体育
25 先入観(2)
24 先入観
23 卒業式
22
21 ストレス
20 がむしゃら
19 まずは相手から
18 成人式
17
16 年賀状
15 まもる
14 大人になるということ
13 ルール
12 いちばん
11
10 中退
9 推薦
8 高校って何だろう?
7 ある進路相談(2)
6 ある進路相談
5 通信制高校とは?
4 いいこ
3 怒る
2 レディースみたいな
1 通信制高校

第20回

がむしゃら


 こんにちは、月野 すみれです。今日も「教育」について真剣に、熱意を持って語ります。現場の生の声に耳を傾けてみて下さい。

 先週の土曜日は、節分でした。皆さん、豆まきはしましたか?私は、家族揃って、豆まきをし、めざしと太巻きをいただきました。これで、今年も福を呼び寄せられるかな??

 皆さんは、今年1年の目標をたてましたか?私は、目標をたてることをすっかり忘れていて、先日、慌てて、目標をたてました。

 その目標は「がむしゃらに本を読む」です。

 がむしゃら、っていい響きだと思いませんか?なりふり構わず、その1つのことだけに集中して、まっすぐに進んでいく。かっこいいと思います。自分があまり、何かに熱中するということが、できないから余計に、「がむしゃら」にあこがれがあるのかもしれません。

自分のことで、がむしゃらになれることといえば、「本を読む」ということになるのかなあ。

 学生の頃は、たくさん本を読んでいました。でも、大学を卒業してから、本を読むペースがかなり落ちたことに気づいたんです。早速、本屋さんに行って、たくさん本を買い込んできました。

 私は、いっぺんに、それも目にとまった本をほとんど手当りしだいに買うのが好きです。それだけで、なんだかとても贅沢をしているような気分になれます。その上、あまり自分の好みなどを考えずに買うと、いろいろな考え方に出会えて、おもしろかったりします。もちろん、失敗したなあと思うこともありますが......。山積みになっていた本が、日を追うごとに、だんだんと低くなってきて、そして最後の1册となる、その本を手にする時の爽快感はクセになります。

 本を読む時のポイントは、読んでいる途中の本は、肌身はなさずに、持ち歩くこと。そして、電車に乗っている時やちょっとした空き時間になどで、その本を1ページでも読みすすめること。そうすると、グッと読むペースが速くなりますよ。

 素敵な本との出会いは、これからの人生をずっと明るく照らしてくれる太陽のようなものです。素敵な本に出会うためには、やっぱりたくさんの本を読まなくてはいけないのだと思います。

 是非、皆さんには、たくさんの本を読んでほしいと思っています。そして、素敵な本と出会えたら、その本との出会いを私に教えて下さい。楽しみにしています。

 そして、自分の目標に向かって、「がむしゃら」になってみてください。「がむしゃら」になれば、きっと、夢はあなたの手でつかむことができると思います。

2001.02.10

楽天で「がむしゃら」を探す

月野すみれ

スポンサード リンク

※記述が古い場合があります、自己責任でご使用ください。

不登校とんでけ!


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情3

国際化社会

アンコールワット世界遺産

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2000.09.01
訪問者数:
更新:2008.11.19
デジタルたまごやトップ