教育者様、覚悟せよ! -コハタジュンコ-

先生が考えナイと、生徒はもっと考えナイ。先生が楽しめナイと、生徒はもっと楽しめナイ。卒業してゆく子供たち、卒業できない教師たち。教育者様、あなたは卒業できました?

教育現場シリーズ

生徒の数だけ『合格への道』
by 葉月ひまわり
教師予備軍は見た。
by 下坂めがね
リアルふぁいと幼稚園
by 間瀬美雪
不登校とんでけ!
by 月野すみれ
教育者様、覚悟せよ!
by コハタジュンコ
教育現場の裏事情
by 秋月慎一

コハタジュンコ自己紹介
あなたもライターになれる
 

教育者様、覚悟せよ!

15 先生を信頼すること
14 生きる授業
13 逆転の発想を
12 いろんな人の意見を反映させる
11 「言葉」か「音」かPart.2
10 「言葉」か「音」かPart.1
9 4色の絵の具
8 井の中の蛙大海を知ろう。
7 好きな先生、嫌いな先生-2-
6 好きな先生、嫌いな先生
5 面白い授業を受けたい
4 褒めることを忘れていませんか?
3 はじけろ!自己紹介
2 授業が始まる!
1 せんせいのHR

0

プレリリース

第6回

好きな先生、嫌いな先生


〜嫌いな先生は多いけれど、好きな先生には、巡り合うことすら難しい〜

◇好きな先生◇

前回、私が高校生だったころの実情をちょっとだけ書きましたが、逆に中学校のときは非常に先生方に恵まれていたと思います。ちょっとした名物コンビの先生がいて、どちらも怒ると怖いし、時には思いっきり殴られたりしている子もいました。それでもみんなその先生達が大好きだったし、今も現役で人気者です。

怒られても、ただムカーッとくる怒り方と、なるほど、そっか!と、重大なことに気づかせてくれる怒り方、笑いにくるめながら後でじわじわときいてくる怒り方があります。この先生達は後者の二つだったんですね。

◇怒ることは与えること。取り上げることではない◇

ある日、遅刻しそうになったことで、校則違反の自転車通学をし、学校の近くの細い道に駐輪していた生徒がいたのですが、学校が終わって帰ろうとすると、学校の校庭に備えられている大きなごみ箱の中に、その自転車が頭から突っ込まれていました。当然その生徒は怒り心頭。「あー!!おれのチャリンコが・・・誰だこんな事したやつは!ムカつく!!絶対許さねえ!!」駆け寄ってみると自転車のサドルにその二人のうちの一人の先生のハンコがポン。しかも取り押さえの印に「済」の文字までチョークでデカデカと書いてありました。一瞬の沈黙のうち、その場にいた私たちはげらげらと大爆笑。

すると本人ご登場。先生もニヤニヤ笑いながら近寄ってきます。「はい、先生はなんのためにここまでやって来たでしょう。」「説教・・・・。」「ハイ正解。正解者にはもれなくチャリンコプレゼント。説教聞きますか、聞きませんか。」「聞きます・・・。」

しかし、冗談めかしていた先生も、ここからは「言うべきことを納得できる言い方で」説く。生徒達の心は最初の一件で自然とオープンになっているので、すんなりと「聞ける体勢」になっているんですね。もちろん、すぐさまその場で注意しなければならない場合もありますから、状況次第なのですが。

「はっきり言って、オレだってこんなことで怒りたかない。たかが自転車だ。だけどな、どうして自転車通学が禁止されているのか、どうして足をきちんと使って歩かなければならないのか、ちゃんと考える機会だと思ってこの際説教に耳を貸せ。守るべきことを守らなければ、おまえ達は自分で自分の首を絞めることになるんだ。これを守らないと、もう一つ厳しく取り締まられる。それを守らなければもっと厳しく取り締まられる。おまえ達は自分で自分のボーダーラインを狭く狭くしているんだ。おまえ達が本当に自由でいたいなら、守るべきことを守れ。自分で自分を不自由にするな。何もせずに自由が約束されることは絶対にない。人権だって発言の自由だって、誰かが守るべきことを守り、何かを訴えて勝ち取ったものなんだ。本当に必要だと思うならどうどうと校舎の前まで乗りつけて、どうどうとおれに訴えろ。こういう理由で必要だった、と。その理由が確かなものだったらいつだって認めてやる。問題は自転車で来たかどうかじゃない、おまえが守る努力せずにズルをしたかどうかってことなんだ。さあ自転車は必要か?明日からも自転車で来るか?それとも早起きをするか?」「早起きして歩いてくるように努力します」「早起きできるか?説教聞いてくれたお礼に今ならモーニングコールのサービスもあるぞ」「(笑って)いいよ!先生の怒鳴り声聞いたらご飯がノド通んなくなるよ」「よし、じゃ頑張って起きろ。な、他のみんなも、起きれない特別な理由がある人はおれにこっそり教えに来い。おれがスバラシイ対処法を考えてやろう。」生徒達一斉に「うわー・・・。」「遅刻三回でもれなく先生の熱いキッスもついてきます。はい、このオプションつけますかつけませんか」「つけなきゃチャリンコ返してくれないんでしょー。」

頭ごなしに怒っても、この先生のように怒っても、たいていの生徒は一度注意されればしなくなります。しかしその理由に大きな差ができる。「怒られるのが嫌だから」「うざったいから」という前者の回避的な理由に対して、反発心をうまくあしらってきちんと教えた後者には、「何となく先生の必死さが伝わった」「理解をしてはいないが説得力があったし、もう一度同じことをしてがっかりさせたくない」という「気持ち」が生まれるのです。怒るという行為でもっとも大切なのは、いさめながらも何か新たなものを与えるということではないでしょうか。

◇言葉に残った先生の言葉◇

「おれたち教師だって人間だ。毎日これでいいのかこれでいいのか、と手探りで、迷いながら、自分が納得できる生き方を探している。人間だから、おまえ達が苦手な先生や級友がいるように、おれだって苦手な生徒がいる。いやなやつだな、と思う仲間がいる。いらいらしているときは当たり散らしたりもする。教師の癖にといわれたりもする。それらすべてが人間としての勉強なんだ。そのかわり、教師としてやってはいけないこと、言ってはいけないこと、間違ったことをしてしまったら、おれはそれを反省し、二度としないようにいつも心がけている。それが、教師としての勉強を教えることの裏にある第二の勉強だ。生徒に頭を下げることだっておれは平気だ。人間同士のつきあいだ、おれが間違うこともある。間違ってしまったらおれは謝る。だからおまえらも、生徒としての勉強、人間としての勉強を忘れるな。」

これは、その先生が口にした言葉です。私はこの先生の素直さや真摯な態度が、今でも忘れられずにいるのです。

2001.10.07
コハタジュンコ

スポンサード リンク

※記述が古い場合があります、自己責任でご使用ください。

教育者様、覚悟せよ!


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

国際化社会

アンコールワット世界遺産

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

擬態語恋愛攻略本

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.08.25
訪問者数:
更新:2008.11.19
デジタルたまごやトップ