教育者様、覚悟せよ! -コハタジュンコ-

先生が考えナイと、生徒はもっと考えナイ。先生が楽しめナイと、生徒はもっと楽しめナイ。卒業してゆく子供たち、卒業できない教師たち。教育者様、あなたは卒業できました?

教育現場シリーズ

生徒の数だけ『合格への道』
by 葉月ひまわり
教師予備軍は見た。
by 下坂めがね
リアルふぁいと幼稚園
by 間瀬美雪
不登校とんでけ!
by 月野すみれ
教育者様、覚悟せよ!
by コハタジュンコ
教育現場の裏事情
by 秋月慎一

コハタジュンコ自己紹介
あなたもライターになれる
 

教育者様、覚悟せよ!

15 先生を信頼すること
14 生きる授業
13 逆転の発想を
12 いろんな人の意見を反映させる
11 「言葉」か「音」かPart.2
10 「言葉」か「音」かPart.1
9 4色の絵の具
8 井の中の蛙大海を知ろう。
7 好きな先生、嫌いな先生-2-
6 好きな先生、嫌いな先生
5 面白い授業を受けたい
4 褒めることを忘れていませんか?
3 はじけろ!自己紹介
2 授業が始まる!
1 せんせいのHR

0

プレリリース

第9回

井の中の蛙大海を知ろう。


〜T先生とのお話し〜

◇教育か飼育か◇

少し前に、ある女性の先生と話す機会がありました。その先生はユニークな授業と生徒からの人気で、学校の名物教師となっている人物。校内にいる時代錯誤な不良たちも、いまどきの女の子たちも、常にその教師の周りに集まってくる。廊下の隅っこにヤンキーずわりをしている生徒を見つけると必ずその巨体を揺らし、「よーし、行くぞ。」といいながら、彼らの背中にどーんと座る。「重い!ギブギブ!」彼らは、まるで遊んでもらっているような気分で、指導を受けているわけです。

「最近の教師(といっても、単に若い教師を指すのではありません)は教育と飼育を取り違えていると思うことがあるんですね」と彼女は言いました。

「教育と飼育。ああ、それは言えてますね。逃げ道を残らず封鎖して、とにかく反抗できないように追い詰めて、安心している先生を見ると」

「安心じゃないのよ。満足なのね。言葉を慎重に選ばない所があるし、興奮して大声を出す。しかしこれが、家の中では案外と良い親だったりするのね。」「はいはい、これは教師と言う言葉の魔術ですね。かかりにくい人とかかりやすい人がいて、魔術にかかると、ちょっとした約束事を生徒がやぶるとすぐにカーッときてしまう。違反している、注意しなければ。で、その理由については知ろうともしない。にわか店長や上司にもこのタイプは多いですね。一対一で付き合うとそういう人ではないのに。」

T先生は今の教師は、ある意味人間のもつ直感や感性が鈍くなってしまっているのではないか、とおっしゃいました。人間と言うのは、ここまで追い詰めたら人はこうなる、こういう言い方をしたら伝わらない、というポイントが、直感や経験で判断できるものです。どんな生き物よりも高等な生命体である(と考えられている)人間が、育児、仲間との関係作りにおいては、一番劣っている。育児や人間関係は知識ではないのですね。

学生自身も未熟なら、同じように教育されてきた教師たちも未熟。だから教育よりも簡単な飼育へと走ってしまうし、「しつけ」は「おしつけ」に変わる。

〜「現代の子供たち」というくくり方〜

「今の子供たちは昔と違うから、教育しづらいと言う人も多いようですけど、それはどうでしょう、先生はどう思いますか?」「それは教師の怠慢ですよね。そりゃ、考え方や価値観は違います。時代が違うし、家庭環境も流行も違うんだし。また見た目で判断するほうが労力使わずにすむでしょう。面倒くさがりが多いのよ。確かに、ルール違反をする、とんでもない格好をする、だから事件や問題に巻き込まれることが多くなる。

でも根は良い子。話せばちゃんと聞いてくれるし。逆に、素直で素朴でいい子そうな生徒に限って、ひどく偏執的だったり、精神的につっぱちゃって、反抗的だったり。つまり、子供のほうが一枚上手だってこと。こうすれば大人は混乱する、って、わかってるんだから。

そして、今も昔も、そんなふうに言うのは・・・ちょっと今良い言葉が見つからないからこの言葉を使いますが「最下層」の学校にいたことがない教師。経験が浅いからさばけないの、問題がおこると。そして、それをフォローしてくれる先輩教師もいないわけ。昔だってひどかったのよ。今じゃ考えられないような校内暴力、リンチがあったり。それをうまくさばける教師がいるかいないか、そういった教師であるか否か、それだと思います。私は。」

今の若者は・・・という言葉は大昔から、それはもう何百年も前から言われ続けてきた言葉です。私たちも言われていた。この社会は問題の巣窟のように、取り上げられていますが、昔だって公にならなかっただけで、もっとひどい事件はたくさんあったわけです。もちろん、なかには本当に底の知れない生徒もいます。それは否めない事実です、また、生徒はすべて根は心優しい生き物だと思うのも幻想です。だからこそ教師や親が導いてあげなければならない。

「できないと、人は言うけど、それはあなたが出来ないのであって、対象物のせいではないのね。数学の問題が得意な人と不得意な人がいて、あたりまえでしょ。能力が一人一人違うのだから。でも、解けないからと言って、この問題がおかしい、昔はこうじゃなかった、ああじゃなかった、とは言わない。難しいな、解けないな、自分では無理だな。昔のやり方とは違うのか、では教えてもらおう、勉強しなおそう。・・・人間が相手だとそれが欠落しまうのよ。

あなたができなくても、それをやってのけている先生もいる。何もかも捨てて立ち向かっている先生もいる、だから、現在の若者では、とか、今の時代じゃ無理だ、という言葉は、あまり使いすぎないでいてほしい。本気で仕事をしている先生に失礼だから。やる先生はね、校長に怒られても同僚に白い目で見られてもやるものなの。」

現実を冷静に見つつ、自分の考えに甘えがなかったかどうか考えてみる、と言うのもたまにはいいかもしれませんよ。

2001.10.22
コハタジュンコ

スポンサード リンク

※記述が古い場合があります、自己責任でご使用ください。

教育者様、覚悟せよ!


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

国際化社会

アンコールワット世界遺産

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

擬態語恋愛攻略本

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.08.25
訪問者数:
更新:2008.11.19
デジタルたまごやトップ