教育者様、覚悟せよ! -コハタジュンコ-

先生が考えナイと、生徒はもっと考えナイ。先生が楽しめナイと、生徒はもっと楽しめナイ。卒業してゆく子供たち、卒業できない教師たち。教育者様、あなたは卒業できました?

教育現場シリーズ

生徒の数だけ『合格への道』
by 葉月ひまわり
教師予備軍は見た。
by 下坂めがね
リアルふぁいと幼稚園
by 間瀬美雪
不登校とんでけ!
by 月野すみれ
教育者様、覚悟せよ!
by コハタジュンコ
教育現場の裏事情
by 秋月慎一

コハタジュンコ自己紹介
あなたもライターになれる
 

教育者様、覚悟せよ!

15 先生を信頼すること
14 生きる授業
13 逆転の発想を
12 いろんな人の意見を反映させる
11 「言葉」か「音」かPart.2
10 「言葉」か「音」かPart.1
9 4色の絵の具
8 井の中の蛙大海を知ろう。
7 好きな先生、嫌いな先生-2-
6 好きな先生、嫌いな先生
5 面白い授業を受けたい
4 褒めることを忘れていませんか?
3 はじけろ!自己紹介
2 授業が始まる!
1 せんせいのHR

0

プレリリース

第10回

「言葉」か「音」か・・・Part.1


〜心と言葉のたどり着く先〜

◇生徒が話を「聞いてくれない」?◇

「お話するのがうまいですよね」といわれることがあります。うれしい言葉ですが、私は話し下手です。ただ、話がうまいと思われる理由は何となくわかります。私の家族にはひとり、視力のきかないものがおりますので、話すときに、どんなに離れていても、どんな場所から話しかけても、彼女に「自分に話しかけられている」とわからせる必要があるわけです。名前を呼ばなくても、「あ、今私に言っているのね」と理解してもらう必要があるわけですね、生活をするうえでは。

そうすると「声の向き」「心の向かう先」というものが会話の中で、とても重要なものになってくるわけです。心を相手にきっちりと向かわせる。どのくらいの「声ののび、はり」が、どの距離のあたりまで効果的に届くのか、大声を張り上げれば届くというとそうではない。感覚的な話なので、これを説明するときにはとても神経を使います。(演劇なんかをしている人はわかってくれるかもしれません)

すると、先日ある本を読んでいたときに「声は教室中に届いているのに、その向かっている先が生徒ではない」という言葉に巡り合いました。そう、まさしくそういうことをいいたかったんです・・・。表現できる言葉を見つけられてちょっとうれしい。

教室でもそうですが、会社での会議、グループでの討論など、多くの人との話し合いの場で、「この人の話は伝わるけど、もう一方の人の話はなぜか素通りしてしまう。」という経験をしたことがありませんか?

全員に対してのメッセージ、注意事項、説明であるにもかかわらず、耳を傾けているのにどうも入ってこない、伝わってこない、途中で上の空になってしまう。授業になると、それがますます顕著にあらわれて、「全く、今の生徒ときたら意欲が感じられない」などとぼやく先生の声も聞こえてきます。もちろん子供の注意力低下にはさまざまな理由があります。身体的な理由や、現代の食生活、環境などによるもの、ストレス・・・。しかし、割と見過ごされているのが「生徒側」の問題ではなく「教師側」の問題。

◇一生懸命話しているのに・・・◇

ある勤め先にいたときに、後輩の一人にこんなことを言われました。「先輩に教えてもらったことを、新人に教えていたんです。先輩の説明の仕方がすごく分かりやすかったので、同じように説明しました。でも、先輩が教えてくれたときはみんな耳を傾けて面白そうに聞いていたのに、何だかみんな上の空というか、どうでもいいやというか・・・あんまり話しにのってきてくれないんですよ。今の若い子って(この時点で彼女も十分若いのですが)どうして話を聞いてくれないんですか?なんか、もっとやる気出してよってかんじ。話をしている私の方を見もしないで、ずっとうつむいてるの。ちゃんとこっち見てね、話をしている人のことを見て、だなんて、学校の先生みたいなことをいっちゃった。」

その後、彼女がもう一度別のシーンで新人達に説明をしているところを見かけました。それで、私も同じ部屋の中で聞いてみたのですが、それがまさしく、冒頭の部分にそっくりリンクしていたわけです。「あ、これだ・・・。」わたしはその場面を見た途端、心の中でつぶやいていました。

その時私は、高校の授業を思い出していました。クラスの半分以上がいつの間にか机に突っ伏して眠ってしまい、困惑しながらも一生懸命授業をしている、ある教師のこと。ずーっとしゃべっているのに、「言葉」がただの「音」になってしまって、最後に一つだけついたその教師のため息が、一番心に響いたこと。そのため息以外の言葉には、全く感情が込められていなかった。最後に初めて届いたそのため息にだけ、教師の素顔が見えたような気がしたことを。

「声は教室中に届いているのに、その向かっている先が生徒ではない」

私は改めてその時、言葉や思いの先には、たどり着く場所がある、その当たり前のことを、忘れてしまっている大人が多いのではないか、普段意識せずに、見過ごしてしまっているのではないかと思ったのです。

*「声」か「音」か・・・Part.2に続く・・・

2001.11.04
コハタジュンコ

スポンサード リンク

※記述が古い場合があります、自己責任でご使用ください。

教育者様、覚悟せよ!


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

国際化社会

アンコールワット世界遺産

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

擬態語恋愛攻略本

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.08.25
訪問者数:
更新:2008.11.19
デジタルたまごやトップ