青のエロス

エロティックな巨匠たち
Part1

一見堅苦しいクラシックの世界。でもそこに潜むものは現実よりも官能小説よりもリアルでエロティックな人間の愛憎の姿。古今東西芸術の巨匠達の裏路地にご案内します。

朝比奈マリー

カテゴリ

エロティックな巨匠たち
Part1
エロティックな巨匠たち2〜歴史を彩る淫らな女たち〜
歴史を彩る限りなく魅力的なダメ男達!
 

ご案内

マガジンの登録と解除

朝比奈マリー自己紹介
あなたもライターになれる
 

Part1過去記事

 

Part2に行く

27 血の王女
26 毛皮を着たヴィーナス
25 サロメ幻想
24 ダナエの吐息
23 復讐のメディア
22 ヴィーナスの謎
21 血の婚礼
20 マハのほほえみ
19 血と砂
18 カルメン!
17 閉じ込められて
16 禁断の夜話
15 愚かしく美しく
14 血の滴るキャンバスその2
13 血の滴るキャンバス
12 聖なる快楽
11 謎の幻想庭園
10 サド侯爵 二人のヒロイン
09 「幻想交響曲」ある男の妄想と願望
08 SMの行き着くその果ては
07 エロティックな倭人たち
06 呪いのヴァイオリン
05 禁断のオペラ その2
04 禁断のオペラ
03 愛と罪と禁忌と罰と(雷帝イヴァンとその息子イヴァン)
02 青のエロス
01 倒錯した少女ジュリエット
00 ワーグナーが贈る、究極の性愛
 
第02回

青のエロス

ごめんなさい。楽しい旅に涙を流したりして。
嬉しいのよ。あなたが初めて下さったプレゼント。
ただ、この青の輝きがあまりに目に麗しくて、昔のことを思い出したの。
亡くなったあのひとが、愛した歌に因んで贈ってくれた
青いプラトーク(肩掛け)を纏ったあの日のあたし。

ねえ、あなたにも歌ってあげたいわ。
涙のゆらめきをそのまま映したような、「青いプラトーク」の歌を。
余りに切なく、悲しく、それでいてどことなく官能的なメロディに乗せて・・・

この歌詞は、第二次大戦を戦った、一人の兵士が創ったの。
きっとこの鉄道が走っている辺りの、出身だったと思うわ。
職業詩人が創った勇ましいコサック風の軍歌なんかより、
このエロティックな反戦歌の方がずっと人々の心を打ったわ。
だからロシアの人は銃弾と吹雪の慟哭の中でも、歌の民であり続けられたのよ。

でも、どうしてそのプラトークは青でなければいけなかったのかしら。
スラブ民族を象徴する三原色のうち、
「愛と勇気」の赤や、「高貴と率直」の白でも良いような気がするでしょう。
でもやっぱり、プラトークは青でしかあり得なかったのよ。
それも、水色や浅葱ではなく海のようなブルー。
だって、それこそがスラブ民族の青、「純潔」と「名誉」の象徴だから。
そう。兵士とその愛する女性はあの日のあたしとあの人のような、
初めて結ばれる恋人達だった・・・
彼女の肩からするりと落ちた青いプラトークは
彼女自身の純潔そのものだったのね。

青。
赤は地上的、白は天上的だとしたら、
青は、夢のような静謐さを思い起こさせるわ。
どの時代を見ても、
興味深くも思春期の少女や、永遠の処女・聖母マリアは
大体が青の衣装で描かれているのね。
特に、ロシアのイコンのマリアや教会の屋根に使われる青は、
母性と清らかさ、女性の性質である生と死そのものを連想させられる。
また、物語を題材にした絵画でその純潔を失う瞬間を描いたものは、
どこかに必ず青の布が描かれているわ。
それが光に照らされている様子が、一層の艶めかしさを演出するのよね。
それは結婚をしている女性や娼婦は赤系の衣装で、
神話の女神なんかが白の衣装で描かれていることが多いのに対し、
青はやっぱりちょっとした含みのある色、ということかしらね。

女神でもなく、純粋な少女性だけでもなく。
男の永遠の憧れの、幻想化された処女性の象徴とも言えるでしょう。
だからあたし、恋をすると、青を身につけるのよ。

ともあれ、震える肩から落ちた青いプラトークは、
兵士にとって、何という愛しい思い出だったことでしょう。

ああ。あたしのかわいいあなた、聴いて下さってありがとう。
あなたが青の宝石をあたしに選んで下さったこと、光栄に思っているのよ。
思い出はあなたからの贈り物の小箱に、今、ぎゅっと詰めてしまうわね。
そうしたら・・・さあ。あたしの人生をバラ色に彩ってちょうだいな。

朝比奈マリー(シベリア鉄道より)

2002.11.28

★Yahoo!ショッピングで「プラトーク」を探す★
★楽天で「プラトーク」を探す★


スポンサード リンク

エロティックな巨匠たち


 

たまごや

アンコールワット世界遺産

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

ファミレス様、覚悟せよ!

小口輸入支援・販路ドットビズ

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.10.15
訪問者数:
更新:2013.06.06
デジタルたまごやトップ