禁断のオペラ

エロティックな巨匠たち
Part1

一見堅苦しいクラシックの世界。でもそこに潜むものは現実よりも官能小説よりもリアルでエロティックな人間の愛憎の姿。古今東西芸術の巨匠達の裏路地にご案内します。

朝比奈マリー

カテゴリ

エロティックな巨匠たち
Part1
エロティックな巨匠たち2〜歴史を彩る淫らな女たち〜
歴史を彩る限りなく魅力的なダメ男達!
 

ご案内

マガジンの登録と解除

朝比奈マリー自己紹介
あなたもライターになれる
 

Part1過去記事

 

Part2に行く

27 血の王女
26 毛皮を着たヴィーナス
25 サロメ幻想
24 ダナエの吐息
23 復讐のメディア
22 ヴィーナスの謎
21 血の婚礼
20 マハのほほえみ
19 血と砂
18 カルメン!
17 閉じ込められて
16 禁断の夜話
15 愚かしく美しく
14 血の滴るキャンバスその2
13 血の滴るキャンバス
12 聖なる快楽
11 謎の幻想庭園
10 サド侯爵 二人のヒロイン
09 「幻想交響曲」ある男の妄想と願望
08 SMの行き着くその果ては
07 エロティックな倭人たち
06 呪いのヴァイオリン
05 禁断のオペラ その2
04 禁断のオペラ
03 愛と罪と禁忌と罰と(雷帝イヴァンとその息子イヴァン)
02 青のエロス
01 倒錯した少女ジュリエット
00 ワーグナーが贈る、究極の性愛
 
第04回

禁断のオペラ

プロコフィエフの問題作「炎の天使」
あなたとこのオペラを観ることを、あたし何より楽しみにしていたわ。
あら。しいーっ・・よ。オペラの質問は密やかに願えないこと?
どうしたって、少し危険な話になってしまうから。

さあ。いよいよ開演の序曲が始まったわ。
煉獄の炎と人間の狂乱の叫び声と悪魔の嬌声を、オーケストラが響かせる。
これだけでどれだけ邪悪な物語が始まるのかと、興奮してしまわない?
そう。このオペラが問題作と言われ、
作曲家の死後にしか上演されなかった所以は正にそこなんだわ。
その内容というのはとても一言で表せないほど複雑だけれど、
炎の天使マディエル(実は悪魔?)との交歓が忘れられずにいる狂女が
魔女裁判に掛かり、火刑を宣告されるまで。
彼女のマディエル探しにつき合ったが為に破滅の運命を辿る騎士。
悪魔に魅入られたそんな二人の人間が主役なの。
中世のドイツ・魔女狩りの犠牲者が年間6百人もいたという時代のことよ。

その反キリスト教的な物語はもちろん、
演出の難しさも、上演の目途が立たなかった理由だったそうよ。
この1幕目が開くと早速、半裸で狂乱するヒロインの登場だし、
旅の騎士は生々しくヒロインに性交渉を求めるし。
その歌詞の過激なこと!!
最後の大団円では、
ヒロインに悪魔憑きを写された修道女達が全裸で踊り狂う。
数年前に東京で上演したときには、その場面が大いに問題になったわ。
現代でさえ大センセーションになるのだから、
当時(明治〜大正)どれだけこのオペラがタブー視されていたことか、
想像に難くはないでしょう?

ところで、この「炎の天使」って、天使に化けた悪魔だったと思う?それとも本当に天使だったのかしら?
あたしは、やっぱり天使だったと思うの。
炎はキリスト教で殉教・信仰の情熱のシンボル。いわば究極の禁欲ね。
それは性の法悦と背中合わせであって、人間の闇の部分と結びつくと、
大変なことになるのじゃないかと思うの。
ヒロインの中の悪魔性・狂気性が、
天使のメッセージを見違えてしまったんじゃないかしら。
誰の心にも悪魔が棲むって、こういう意味も含まれるはずよ。

今でも魔女狩りは行われているのかって?
そうねえ。表だってはさすがにないけど、それに類似したカルト殺人や猟奇殺人は、今も後を絶たないわ。
プロコフィエフがこのオペラの着想を得たフランスの小さな村では、
魔女の集会は普通に行っていたようだけど。
それもそんなに昔のことではなくってよ。

さあ。もうおしゃべりはおしまい。
あなたの美しい瞳で、禁忌の芸術をしっかりとご覧なさいな。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
おまけ:火あぶりの刑の宣告を受けたヒロインのその後は・・・
全て浄化という目的で全身の毛を剃られ、とんでもない聖職者のなぶり者になり、全身を針で突かれ、ようやく火にかけられる・・・

サンクトペテルブルク
ロシア最古の劇場マリインスキーにて

2002.12.26

★Yahoo!ショッピングで「プロコフィエフ」を探す★
★楽天で「炎の天使」を探す★


スポンサード リンク

エロティックな巨匠たち


 

たまごや

アンコールワット世界遺産

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

ファミレス様、覚悟せよ!

小口輸入支援・販路ドットビズ

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.10.15
訪問者数:
更新:2013.06.06
デジタルたまごやトップ