血の婚礼

エロティックな巨匠たち
Part1

一見堅苦しいクラシックの世界。でもそこに潜むものは現実よりも官能小説よりもリアルでエロティックな人間の愛憎の姿。古今東西芸術の巨匠達の裏路地にご案内します。

朝比奈マリー

カテゴリ

エロティックな巨匠たち
Part1
エロティックな巨匠たち2〜歴史を彩る淫らな女たち〜
歴史を彩る限りなく魅力的なダメ男達!
 

ご案内

マガジンの登録と解除

朝比奈マリー自己紹介
あなたもライターになれる
 

Part1過去記事

 

Part2に行く

27 血の王女
26 毛皮を着たヴィーナス
25 サロメ幻想
24 ダナエの吐息
23 復讐のメディア
22 ヴィーナスの謎
21 血の婚礼
20 マハのほほえみ
19 血と砂
18 カルメン!
17 閉じ込められて
16 禁断の夜話
15 愚かしく美しく
14 血の滴るキャンバスその2
13 血の滴るキャンバス
12 聖なる快楽
11 謎の幻想庭園
10 サド侯爵 二人のヒロイン
09 「幻想交響曲」ある男の妄想と願望
08 SMの行き着くその果ては
07 エロティックな倭人たち
06 呪いのヴァイオリン
05 禁断のオペラ その2
04 禁断のオペラ
03 愛と罪と禁忌と罰と(雷帝イヴァンとその息子イヴァン)
02 青のエロス
01 倒錯した少女ジュリエット
00 ワーグナーが贈る、究極の性愛
 
第21回

血の婚礼

 知っていて?あなたとあたしがこうして立っているこの土にはね、今でも謎に満ちた事件の悲劇役者の血が染みているのよ。
光と影の国・スペインの因習深い田舎という、影の地にね。
そうよ。光が強いほど、生まれる影の暗さも濃いものだわ。

それは夏の朝、村の婚礼の朝だった。
花嫁は白いドレスを血に染めて、森から姿を現したわ。
側にはかつて彼女の恋人である、彼女の従兄弟の死体。
花嫁が言うには、「急にマントを被った男がこの人を殺したの」
それでって? ええ。それでおしまい。
誰が犯人なのか、狭い村の中で誰も知らないはずはないでしょうに、この事件は迷宮入りとして新聞に載ったのよ。

この事件を官能的な演劇にして解決したのは、ロルカよ。
花婿と花嫁が婚約して結婚式を迎えるまでの1週間を、劇的に描いたの。
主人公は朴訥で男気溢れる花婿、村の因習に縛られても何も疑問に思わない花嫁、花嫁の従兄弟で昔の恋人で、今は妻子あるレオナルド。
この三角関係に、花嫁の家族に夫と長男を殺された事を恨みに思う、花婿の母親、厄介な人物を絡み合わせて、正に「血の婚礼」という題名に相応しいと思わない?

あたし達も順番に謎を解いていきましょ。
まず、この脚本において不思議なこと・・・花婿と母親の関係。
母親が何度も台詞に出すキーワード、それは「ナイフ」。
「ナイフがいけない。ナイフがあたしの夫と子どもを奪った。」
「息子よ、ナイフなど持たないでおくれ。」
大きな声じゃ言えないけれど、ナイフは男性器の象徴じゃない。
何だか危ないですって?そうね。母性って化け物みたいな面もあるわけで。
古今東西、嫁姑問題が絶えないその原因、母親はいつまでも息子に、自分だけの小さな恋人でいてほしいものよ。
ましてやこの花婿と母親は2人きりで恨みを暖めながら生きてきたようなもの。
その思いは格別だったでしょうね。

え?登場人物でちゃんとした固有名詞がつくのがレオナルドただ一人。
これはどういうわけだって?
それはね、死がテーマのこの演劇の隠れたもう一つのテーマはセックスで、レオナルドは正にその象徴だってことじゃないかしら。
母親の言うナイフとは、レオナルド一族の事も示すわけだし。
それに演劇に必要不可欠なラブシーンは、花嫁と花婿じゃなく、婚礼の日に花嫁を連れ去ったレオナルドと花嫁の、人目をはばかった森の中でのそれだったりするでしょ。
それもわざわざ「官能的に抱きあう」なんてト書きに指定してあったりするし。

劇のラストも何とも不思議で、最大の謎、レオナルドと花婿の2人はナイフでの決闘でお互いを刺し違えて死ぬ事になってる。
だけど、決闘のシーンはこの演劇にはないわ。
悲劇と憎悪の象徴として、名場面になるかもしれないというのに。
でもね、ここにこそ「血の婚礼」事件の解決のヒントがありそうよね。
最後に残ったのは女・・・2人の男の決闘をどんな気持ちで見たのかしら。
何となく、ローマ時代の剣奴の戦いを見物するような気分になっていたりして。
だって、美男子2人が自分を巡って血と汗を流すなんて、実は女の欲望の根源的なものじゃないかしらって思うわ。
野生動物だったて、1頭のメスを巡ってオスが殺し合いをするじゃない?
その間、メスはなにをしてる?ただ見てるだけで、勝った方と交尾するだけよ。

ねえ、死とセックスとが人間に与えられているのは何故かしらね?
それゆえに人間の集団、小さければ小さい単位ほど、それに縛られて、奇妙な風習が生まれたりするような気がするのよ?
ただ確かな事は、それでもあたしはあなたを愛しているし、あなたを欲しがるのをやめられないのよ。

2003.12.07


スポンサード リンク

エロティックな巨匠たち


 

たまごや

アンコールワット世界遺産

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

ファミレス様、覚悟せよ!

小口輸入支援・販路ドットビズ

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.10.15
訪問者数:
更新:2013.06.06
デジタルたまごやトップ