ダナエの吐息

エロティックな巨匠たち
Part1

一見堅苦しいクラシックの世界。でもそこに潜むものは現実よりも官能小説よりもリアルでエロティックな人間の愛憎の姿。古今東西芸術の巨匠達の裏路地にご案内します。

朝比奈マリー

カテゴリ

エロティックな巨匠たち
Part1
エロティックな巨匠たち2〜歴史を彩る淫らな女たち〜
歴史を彩る限りなく魅力的なダメ男達!
 

ご案内

マガジンの登録と解除

朝比奈マリー自己紹介
あなたもライターになれる
 

Part1過去記事

 

Part2に行く

27 血の王女
26 毛皮を着たヴィーナス
25 サロメ幻想
24 ダナエの吐息
23 復讐のメディア
22 ヴィーナスの謎
21 血の婚礼
20 マハのほほえみ
19 血と砂
18 カルメン!
17 閉じ込められて
16 禁断の夜話
15 愚かしく美しく
14 血の滴るキャンバスその2
13 血の滴るキャンバス
12 聖なる快楽
11 謎の幻想庭園
10 サド侯爵 二人のヒロイン
09 「幻想交響曲」ある男の妄想と願望
08 SMの行き着くその果ては
07 エロティックな倭人たち
06 呪いのヴァイオリン
05 禁断のオペラ その2
04 禁断のオペラ
03 愛と罪と禁忌と罰と(雷帝イヴァンとその息子イヴァン)
02 青のエロス
01 倒錯した少女ジュリエット
00 ワーグナーが贈る、究極の性愛
 
第24回

ダナエの吐息

あたしの一番の幸せ?もちろん、あなたといる時よ!
あたしの人生は毎日がばら色の愛で満たされているわ。
それってどんなものかって?難しいけど・・・そう!
この、クリムトの「ダナエ」。
こんな幸せが毎日あたしに降り注いでいるのよ。

まずは、よくみて。何とも可愛い絵でしょう?
ふっくらしたお腹、ふんわりした太もも、大きなお尻。
お砂糖菓子の香りがしてきそうな女性のこの白い肌に、男性でなくても手に触れたくなってしまうわ。
体の全てがゆったりした曲線だから、きゅっと突起したバストの中心がとっても鮮やかでエロティックで。
思わず口に含みたくなるよう。
ねえ、スリムなモデルだったらとてもこんな情感は生まれなくてよ。

この絵の中には、ギリシャ神話の大神ゼウスが金の雨に変身して、王女ダナエが幽閉されている小さな窓から降り注いで結ばれるという画家ならば誰でも絵心を惹きつけられる物語が描かれているのよ。

そして同時にこの絵はセックスの真最中、それも絶頂に達して打ち震えている女の姿。
ダナエを横から見て描いているから一見分かりにくいけれど、これが上から見下ろして描いたとしたらどんな風になるかしら?
折り曲げた両膝を高くあげて、その間を金色の河が愛撫するように覆い被さっている。
そんな構図になるでしょう。こんな大胆、というよりそれそのもの!
を画壇に出した画家なんて、後にも先にもクリムトくらいのものよ。

でも、この絵はただエロティックなだけじゃなくてよ。
背景の色を見て。
ダナエをくるんでいる布の色は黒。死の色。
素直さを表す青、孤独を表す紫、神聖と死が表裏一体の白。
そして光や神、天界を表す金。

ねえ、あたしね、あなたの腕に抱かれているとき、時々泣きたくなるわ。
幸福であればあるほど、えもいわれぬ不安感を覚えるの。
満たされれば満たされるほど、焦燥感に駆られるの。理屈じゃなくてね。
晴れた日の午後のまどろみの中で、ふと光が陰る瞬間を感じた時の気持ちに似ているわ。
それはきっと、人間にとって性愛が、生と死を一番間近に感じるものだからかもしれないわね。

え?画面の一番左下の真っ赤な棒状のものは何かって?
まあ。あなた、あたしにそれを言わせるの?
赤という言う色は、生理的に心臓の鼓動を速め、男性ホルモンの分泌を活発にさせるんですってよ。
耳を貸して。
つまりゼウスの・・・男性のシンボル・・・ってわけ。

さあ、もういいでしょ?
隣の同じくクリムトの「接吻」を観に行きましょ。
そこにはきっとあたし達二人、画面の中に一緒にいるわ。

朝比奈マリー ウィーン ベルヴェデーレ宮殿にて

2004.04.04


スポンサード リンク

エロティックな巨匠たち


 

たまごや

アンコールワット世界遺産

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

ファミレス様、覚悟せよ!

小口輸入支援・販路ドットビズ

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.10.15
訪問者数:
更新:2013.06.06
デジタルたまごやトップ