その後の「逆ナン」

不倫のススメ

不倫といわれ騒がれて後ろ指差されてもその後結婚というゴールを踏めば一転して祝福されるこの理不尽。不倫とは一体何なの?悪いことなの?DNAに隠された不倫とセックスの真実を検証します。

幸田みらい

不倫のススメ

不倫のススメPart1
by 幸田みらい
不倫のススメPart2
by 水無 美月
不倫のススメPart3
by 今井美沙子
わたし愛人一年生
by 小森 絆
私は恋愛体質な女
by 柊 彩花
new3.gif (112 バイト)

幸田みらい自己紹介
マガジン発行履歴

48

不倫のススメ最終回

47

決心

46

未来予想不可図
45 新春三十路対談
44 結婚相談所
43 女の友情
42
41 裏バースデー
40 アノ日アノ時
39 表バースデー
38 年下をねらえ!
37 2000円
36 自慰
35 おめでた
34 不機嫌の正体
33 因果関係
32 無口な同志
31 ホントのトコロ
30 一品入魂
29 スガりもの
28 可愛い男
27 持病
26 探しモノ
25 処女的衝撃
24 イケない私
23 別れる理由
22 出会い系デビュー
21 いいひと
20 年賀状

別冊

チチの詫び状
19 みらいのお見合いレポート
18 目撃者
17 香りの記憶
16 不倫未満
15 タイムリミット
14 セックスの証明
13 携帯ロック
12 要らないモノ
11 わからなかった人
10 その後の「逆ナン」
09 あぁ無情
08 不倫用語の基礎知識
07 いつものこと
06 舌の味

05

指輪のシルシ

04

不倫顔

03

ひとつのお願い

02

逆ナン

01

恋のチカラ

00

3年計画」
 
第10回

その後の「逆ナン」

去年のまだ暑さの厳しい頃、これまた暑さの厳しい居酒屋の店内で私は暑さにヤラれたかのような、仰天行動に出た。・・そう逆ナン。
メルマガでも書いたあの「逆ナン」からもそろそろ1年くらい経とうとしています。で、どうなったかと申しますと・・・。

逆ナン「された」二人のうち一人は、メールでのノリもよく、逆ナン「した」私としては、その時の私の「勇気」を無駄にするまい、そして、シラフで自分をアピールせねば、と何とか会う約束を交わしたのでした。
「出会い?・・たまたまお酒の席で隣りだったの・・」なんていうドラマのような出会いが現実にも起こり得るということを何よりも立証したかった・・。笑。

みらいの微妙なお年頃、それもこちらからのナンパ。男性側が「引く」要素たっぷりなワケですから、焦りは禁物です。「急がば回れ」。
逆ナン時から会う約束まで約1ヶ月かかりました。笑。
確かに、電話での感じは「イイ感じ」な彼。だから、私も「会おう」と思ったわけですが、一つ不安なことは・・彼が一体、どんな風貌だったかというのをよく憶えていなかったことです。

しかし、その不安は彼が現れたと同時に払拭されたのでした。
180cm以上はあるガッチリした体型。ナンパ時は眼鏡を掛けていたのですが、この日はコンタクトだったらしく、彼の目鼻立ちのクッキリさに、「あれ?こんな人だったんだ・・」何とも言えないような衝撃でした。

「きっと、神様がくれた素敵な出会いなんだわっ。」と鼻息も荒くなる私。1ヶ月前の不躾な態度をそれとなく詫びながら、こういうのも「アリ」という私の力説が入り、彼も柔軟な感じで笑顔で応えてくれました。
はっきりいって、「イケるっ!」と思ったのも事実です。笑。

彼は「幸田さん」ではなく、すぐに「みらいちゃん」と私を呼んでくれたり、ワインを飲めば、すかさず「○○ワイナリーって行ったことある?今度行こうよ!」なんて言うあたり、彼の「馴れ」さ加減は十分に伝わってきました。
話を聞けば、長年交際していた女性とも別れたばかりとか・・・何という「出会い」のタイミング。トイレに駆け込み、この「喜び」を友達5人にメールしたのも言うまでもありません。

飲んで、カラオケに行って、帰宅したのは午前3時過ぎだったか・・。私が帰宅したころには彼から「大丈夫?無事帰宅できた?」なんていう電話もくれるではないですか!初ナンパした男性があまりにも「デキ」ていただけに、恐いくらいでした。

もう「確信」していました。彼と付き合おうということも。笑。
だって、興味のない異性と深夜まではいないだろう・・・ってことは、彼的にも好感触に違いないと。でも、勝負は2回目からです。最初のボールは私が投げたんだから、次は彼からの返りを待ってみなくては。

・・が、いっこうに、来ない。
彼からのお誘いも、電話も、メールも来ない。
シビれを切らして、こちらから、連絡をとれば「忙しくてね。でもまた今度○○行こうよ!!」と。しかし、彼からの連絡はまた来ない。

彼との最後の連絡が途絶えて、もうどれくらい経つだろう?先日未練がましくメールを一度入れたら?もう返信さえありませんでした・・。
流行る気持ちを出し過ぎて引かれてしまったのか?それにしても、彼のアノ「馴れた」ノリ。「馴れる」にはそれだけの場数を踏んでいるわけだろうし、どうやら、彼とは「縁」がなかったみたい・・。

でも久しぶりにフツウの話で数時間を異性と過ごしたなぁ・・。会話の中に「奥さん」とか「家庭」とかいう単語も出てこなかったしね。笑。
ま、彼のようなイイ男とデートできたことを感謝しなくては。でも彼のスマートさは、きっと「経験」から培われたものなんでしょうね。彼にとっては口頭でのお誘いも社交辞令なんでしょう・・笑。気のない相手に不快さを与えずし、深夜まで付き合ってくれた彼・・。

果たしてコレがいいのか、悪いのか、はわからないけど。
私は気のない相手と二人で深夜までは居れないなぁ。笑。もっとこちらから押すべきたったんでしょうか?
誰か、みらいに「彼」の本音を教えて。笑。

2002.08.13
幸田みらい

不倫のススメ|幸田みらい


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

こういう仕草は女らしい

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情3

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援・販路ドットビズ

オトコとオンナ

誰にも言えない私の秘密

人妻からくり物語

出哀いサイトの福山くん

チョコレートカクテル

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.04.04
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ