携帯ロック

不倫のススメ

不倫といわれ騒がれて後ろ指差されてもその後結婚というゴールを踏めば一転して祝福されるこの理不尽。不倫とは一体何なの?悪いことなの?DNAに隠された不倫とセックスの真実を検証します。

幸田みらい

不倫のススメ

不倫のススメPart1
by 幸田みらい
不倫のススメPart2
by 水無 美月
不倫のススメPart3
by 今井美沙子
わたし愛人一年生
by 小森 絆
私は恋愛体質な女
by 柊 彩花
new3.gif (112 バイト)

幸田みらい自己紹介
マガジン発行履歴

48

不倫のススメ最終回

47

決心

46

未来予想不可図
45 新春三十路対談
44 結婚相談所
43 女の友情
42
41 裏バースデー
40 アノ日アノ時
39 表バースデー
38 年下をねらえ!
37 2000円
36 自慰
35 おめでた
34 不機嫌の正体
33 因果関係
32 無口な同志
31 ホントのトコロ
30 一品入魂
29 スガりもの
28 可愛い男
27 持病
26 探しモノ
25 処女的衝撃
24 イケない私
23 別れる理由
22 出会い系デビュー
21 いいひと
20 年賀状

別冊

チチの詫び状
19 みらいのお見合いレポート
18 目撃者
17 香りの記憶
16 不倫未満
15 タイムリミット
14 セックスの証明
13 携帯ロック
12 要らないモノ
11 わからなかった人
10 その後の「逆ナン」
09 あぁ無情
08 不倫用語の基礎知識
07 いつものこと
06 舌の味

05

指輪のシルシ

04

不倫顔

03

ひとつのお願い

02

逆ナン

01

恋のチカラ

00

3年計画」
 
第13回

携帯ロック

「主人とはどういうご関係ですか?」

彼の携帯電話にメールを送ったはずなのに、彼のアドレスで「妻」からのこの返信がきた。何なの一体??

敵の首を取ったつもりの妻に私が「すみません・・ただのメル友なんです・・」なんていう返信をするはずもない・・。ソコで起こっている非常事態に備え、私は彼のアドレスをとりあえず、「着信拒否」と設定し、自分の身を防御するのがやっとだった・・あぁ、なんて情けない・・。

そうそう、説明が遅れましたが、今回の登場人物の「彼」とは以前の会社での同僚。「親しい付き合い」になったのは今年になってからか・・。同僚時代は本当の良き一友人に過ぎなかった相手。相談相手からいつのまにか発展したという、よくありがちな過程です。私も「もう二度と・・」と誓ったにも関わらず、全く懲りない女。・・というか、こんなことになろうとは、全く予想できませんでした。恋をするのに背に腹は変えられない?

今までのカレと違って、彼は携帯電話を持っていました。休みの日以外は携帯でのやりとりが可能。朝の挨拶から夜のおやすみまで、声は聞けなくとも「メール」での彼の言葉がとても身近な存在とさせました。
受信ボックスは彼からのメールでいつも一杯。当然、彼の受信ボックスも・・。

「どうして携帯にいつもロックしてるの?」
と妻から問われているという「現在進行形」を彼から聞いて間も無い、この非常事態。私の頭は想像で沸き立ちました。そして、彼女がどうして「ソコ」を見過ごすことができないのかもわかっていました。
彼もまた浮気の前科、それも妻に「知られた」前科があるからです・・。

潔白ではない身の「潔白」を証明するためにロックを解除した、その瞬間、妻が携帯を手に取り、今現在、彼の目の前で「受信メール開封ショー」が行われ、正に地獄絵図状態なのか?それよりもわからなかったのは、潔白じゃないんだから、それなりの裏工作をしなければ、「証明」できるワケがない!と思うわけです。それとも、冒頭のように「ただのメル友なんですぅ」というイカしたメールを妻に送っておけば、妻は納得したというのだろうか?

妻が返信をよこした直前の自分のメールの内容をふと思い出してみる・・。最近、罪悪感に悩まされ、妻に疑いの眼で見られていることに少々疲れ気味の彼に「一度会って話しがしたい」という内容でした・・・。
はて?妻は果たして、このメールが「女」からと思うだろうか?それも「関係のある女」からだと思うだろうか?

彼を救ってやるにも、私が男性に成り代わって、それなりの気転の利いたメールでも返信すればよかったかなぁ・・なんて、今になって思えば、そんな発想もできるというもの。でも好きな彼の家庭円満を願うというワケでもないし、そこまで都合よくもいられない。彼自身で片づけてもらおうっ。

翌日、彼とやっと連絡がつき、事の真相を聞いてみました。妻の行動ももちろん彼は知っていました。聞けば、「・・たまたまロックをかけずに自宅においたまま出社してしまった・・」とのこと。

へー、今の今まで、置き忘れたことなんてなかったのにね・・
と内心思いながら。

彼の状況下を知らずにメールをした私に、「・・そうだったんだってね・・」と、淡々と語る彼。それに「置いて行ってしまった・・」なんていう言い方をするあたり、この一件が「偶然の出来事」に過ぎず、自分を取り巻く環境に変化がないことを主張しているように思えました。こんなときでも一貫して冷静さを保とうとする、その余裕は何?浮気の匂いがするくらいでは、何てことない夫婦なんだろうか?とちょっと拍子抜け。いつも冷静さを装う彼の「乱れ」をちょっと見たかったのかもしれない。これも男の美学か・・。

アリバイ工作は私もよくしたものです。
泊りに行くとなれば、何もかも知る親友を何度も拝み倒し、まず親友から「許可」をもらってから、出かけていた。
そう考えると、友達の名を「無断借用」したことはなかったなぁ。やはり、いつも「万が一・・」と考えて、慎重に慎重を重ねていた。
んーー、後ろめたい自分の行動を十分裏付けている・・。

それにしても携帯電話は人生変えちゃう程、普及したと思いませんか?携帯のおかげで間違いなく「不倫」も、し易くなった。「自宅の電話がワンコールで切れたら、私だから・・」なんていうドラマチックなことも、もうないんでしょうね・・。

電話帳、メモ帳機能も携帯電話に頼ろうとする今。
携帯は自分の分身くらい、慎重に大事に、赤子をあやすように扱わねばなりませぬ。ロックをして他人から守る努力も必要と言えば、必要なんでしょうね。

でも、恋人、夫、妻が携帯を常にロックしていたら・・時には聞いてみましょう。

「どうして、いつもロック掛けているの?」と。

2002.09.27
幸田みらい

不倫のススメ|幸田みらい


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

こういう仕草は女らしい

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情3

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援・販路ドットビズ

オトコとオンナ

誰にも言えない私の秘密

人妻からくり物語

出哀いサイトの福山くん

チョコレートカクテル

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.04.04
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ