みらいのお見合いレポート

不倫のススメ

不倫といわれ騒がれて後ろ指差されてもその後結婚というゴールを踏めば一転して祝福されるこの理不尽。不倫とは一体何なの?悪いことなの?DNAに隠された不倫とセックスの真実を検証します。

幸田みらい

不倫のススメ

不倫のススメPart1
by 幸田みらい
不倫のススメPart2
by 水無 美月
不倫のススメPart3
by 今井美沙子
わたし愛人一年生
by 小森 絆
私は恋愛体質な女
by 柊 彩花
new3.gif (112 バイト)

幸田みらい自己紹介
マガジン発行履歴

48

不倫のススメ最終回

47

決心

46

未来予想不可図
45 新春三十路対談
44 結婚相談所
43 女の友情
42
41 裏バースデー
40 アノ日アノ時
39 表バースデー
38 年下をねらえ!
37 2000円
36 自慰
35 おめでた
34 不機嫌の正体
33 因果関係
32 無口な同志
31 ホントのトコロ
30 一品入魂
29 スガりもの
28 可愛い男
27 持病
26 探しモノ
25 処女的衝撃
24 イケない私
23 別れる理由
22 出会い系デビュー
21 いいひと
20 年賀状

別冊

チチの詫び状
19 みらいのお見合いレポート
18 目撃者
17 香りの記憶
16 不倫未満
15 タイムリミット
14 セックスの証明
13 携帯ロック
12 要らないモノ
11 わからなかった人
10 その後の「逆ナン」
09 あぁ無情
08 不倫用語の基礎知識
07 いつものこと
06 舌の味

05

指輪のシルシ

04

不倫顔

03

ひとつのお願い

02

逆ナン

01

恋のチカラ

00

3年計画」
 
第19回

みらいのお見合いレポート


みらい自身の中では見合いは今回で・・4回目だったでしょうか・・。ひさびさの「見合い」が舞い込みました・・・。

結婚した人に「見合い話」と言うと、何がいいのか、羨ましいのか、必ず「いいなぁ〜、一度はやってみたかったよなぁ〜」なんて能天気な事を言います。が、ここで言っておきます。

「ドラマのような見合いはない!」

ということを。

今回は近所に住んでいたオジさんが持ってきた見合いでした。お互いの身上書を交換するなんていうものではない「見合い」。オジさんの遠い親戚になるという男性を紹介してもらいました。見合い実現までは後は、当人同士におまかせ。仲介人を常に介すような、ダルいものではないので、「プチ見合い」。

「見合い」にはずっと抵抗があります。
「自分のチカラではどうしてもパートナーを見つけられなかった残り物同士が、ちょっとだけ他人のチカラを借りて出会わされる」といった偏見からです。
しかし、相手の素性がハッキリ最初にわかるだけあって、いわゆる「結婚向き」だけの相手には確実に出会えるのでしょう・・ね。

自分の一生のパートナーくらい最初から最後まで自分ひとりのチカラで何とかしたいもの。だから、私は意地になっても絶対自分のチカラで見つける!!見つけてやる!!という執念を持ってきたし、これからもそのつもりです。

「お見合い」も出会いの一つには何ら変わらないわけですが、私のこの偏見が今日まで私を「ひとり」にしているというのも事実かもしれません。

・・というわけなのですが、今回のお見合いの目玉は・・

相手が「歯科医」だったのです。

私はこのときばかりは「見合いも出会いのひとつね」と素直に思えました。女なんてゲンキンなものです。

職業−歯科医。いずれは開業する予定。
顔−どちらかと言うと、好きなタイプではない。(先方の写真だけは入手済み)
体型−ヤセている。
家族構成−両親に二人の姉。
年齢−みらいと同い年の33歳。

「多少の難は目を瞑ろう・・、だってお互い様じゃない!」
とお見合いを目前にしては,
いつも殺気立っている自分とは別人の寛大な人格が現れました。そして、私の妄想は広がるのでした。

が、会った瞬間にその妄想も、寛大な自分もハッキリと音を立てて崩れていきました。

そして、仲介役のオジさんが「・・この写真はかなり映りが悪いからなぁ・・」と言っていたことを思い出しながら、私は心の中で「うそつき!」と大きな声で叫びました。

「外見だけで判断すべきでない」

・・わかってます。おっしゃる通り。
しかし、くるぶしが見えるズボン丈。短すぎる袖丈。そして、道端には昔ながらの軽自動車が停車している・・。
多分、現実が追いつけないほどの妄想を抱いた私が悪かったのです。

呆然としながらも、「ランチをしなくては」と変な義務感でとりあえず、近所の「無難」な喫茶店に私の意向で向かってもらいました。
私にとって、「同い年」の不可解さに「・・昭和44年生まれですが・・」と冷静に答える彼。
一瞬、タイムスリップしたかと思いました。

投げやりな気持ちを必死で抑えながら、単純な質問を投げかけてはひたすら時が過ぎるのを待つのでした。「・・趣味ってあります?」

「・・歴史です・・第二次世界大戦中の時代に興味がありまして・・兵器の発掘された場所を一人で訪れたりします・・自分の中の唯一のアウトドアでしょうか・・」と彼。と同時に人ってあらゆる事に興味を持つことのできる生き物なんだなぁ・・と。

私には・・もう限界でした。

しかし、聞けば、彼は将来の開業にあたり、これから「経営学」を学ぼうとしているところ。「結婚とか考えてますか?・・身内に急かされていて・・」と、彼にとって「結婚」は二の次という感じだったのが、私にとっては何だか「救い」のようで。

どうってことのない喫茶店のランチを「とても美味しい」と言ってはほおばり、私がオーダーしたジェノベーゼというバジルペーストの思いきり「緑色」をしたパスタを目の前にして「これがカルボナーラですか?」という彼・・・。

・・・互いに「パートナーではない」と思ったに違いないこの「見合い」。
これから開業医を目指す彼に、ひたすらエールを送りたいみらいなのでありました。

2002.12.19
幸田みらい

不倫のススメ|幸田みらい


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

こういう仕草は女らしい

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情3

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援・販路ドットビズ

オトコとオンナ

誰にも言えない私の秘密

人妻からくり物語

出哀いサイトの福山くん

チョコレートカクテル

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.04.04
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ