別れる理由

不倫のススメ

不倫といわれ騒がれて後ろ指差されてもその後結婚というゴールを踏めば一転して祝福されるこの理不尽。不倫とは一体何なの?悪いことなの?DNAに隠された不倫とセックスの真実を検証します。

幸田みらい

不倫のススメ

不倫のススメPart1
by 幸田みらい
不倫のススメPart2
by 水無 美月
不倫のススメPart3
by 今井美沙子
わたし愛人一年生
by 小森 絆
私は恋愛体質な女
by 柊 彩花
new3.gif (112 バイト)

幸田みらい自己紹介
マガジン発行履歴

48

不倫のススメ最終回

47

決心

46

未来予想不可図
45 新春三十路対談
44 結婚相談所
43 女の友情
42
41 裏バースデー
40 アノ日アノ時
39 表バースデー
38 年下をねらえ!
37 2000円
36 自慰
35 おめでた
34 不機嫌の正体
33 因果関係
32 無口な同志
31 ホントのトコロ
30 一品入魂
29 スガりもの
28 可愛い男
27 持病
26 探しモノ
25 処女的衝撃
24 イケない私
23 別れる理由
22 出会い系デビュー
21 いいひと
20 年賀状

別冊

チチの詫び状
19 みらいのお見合いレポート
18 目撃者
17 香りの記憶
16 不倫未満
15 タイムリミット
14 セックスの証明
13 携帯ロック
12 要らないモノ
11 わからなかった人
10 その後の「逆ナン」
09 あぁ無情
08 不倫用語の基礎知識
07 いつものこと
06 舌の味

05

指輪のシルシ

04

不倫顔

03

ひとつのお願い

02

逆ナン

01

恋のチカラ

00

3年計画」
 
第23回

別れる理由


「彼女とはHが合わなかったんだよね・・」
初対面の「年下の男」が私にこう言った。

みらいは敢えて望みがありそうな「年下の男」に絞ろうと決め、自分の直感だけを頼りに数人の男性と「メル友」になったのでした。「メール」に使われてる言葉遣いから「絞り込む」のは、さながら刑事にでもなったかのような気分。

見えない相手を必死に推測し、「推測」が勝手に大きくならないように押え込みながら、あくまでも冷静でいる。

そしてある「年下の男」Tさんと話が合いました。私より二つ年下の31歳。
この「出会い系」の捉え方や、メールでの話す速度もみらいと似ているような「気」がしました。しかし、またこの「気」が当てにならないというのも十分わかっていますが。

メールでのやりとりが1週間を終わる頃
「会ってみましょうか?」とみらいが先に切り出したのでした。

会わずしてスタートも切れやしない。
善は急げ、いや、虎穴に入らずんば虎児を得ず・・なのか?


色んな心構えで、事前にTさんとは写真を交換。
私はちょっとキレイ目に映っている自慢の写真をメールで送信。実物でガッカリさせようが、とりあえず、会うまでは相手の持ちは高ぶらせていたい。

そして、Tさんの写真。
彼は仕事から帰宅後に急いで一人暮らしの自宅で撮ったという写真を送ってきました。

率直にみらいは驚きました。

「へぇ・・フツウな感じの人って居るところにはまだ居るものなんだ。」と意外にフツウだった故の「疑問」が今度は私を悩ませる。

そして、その写真を眺めていると、ますます私の推理は働くのでした。

ネクタイを締めた彼がイスに座っている。
彼の後ろは何もない白い壁。
手前にはイスとセットと思われる4人で囲むくらいの木製のテーブル。

ダイニングキッチンのようなこの写真の部屋。

すると、一つの「疑問」が私の頭に打ち出されました。
果たして、独身男性が単純に選ぼうとする間取り、家具なのだろうか???と。
「ピピピ」とみらいの何かに反応する「探知器」が音を立てたのでした。

当日、彼はやはりメールにも書いてあったように「話は飽きさせませんよ」と豪語する男性通りの、自信に満ち溢れたような振る舞いで私との「ご対面」を難無く終える。そして、ますます募る「なぜ?」

もうみらいは押さえ切れませんでした。「失礼ですけど・・独身ですよね?」

「隠すつもりはなかったんだけど・・実は・・離婚歴があるんだよね・・一度失敗したから恋愛には『慎重』になるよ。あの部屋?結婚生活を送っていた部屋なんだよね・・」

・・ビンゴ!・・やっぱり!・・そうだと思った。
我ながら爽快な気分だった。

今じゃ、バツイチだって珍しいことじゃない。
借金、暴力、女、酒乱。
ざっとこんな離婚理由じゃなければ、目を瞑ってもいいか・・とも思った。
その前にこんな離婚理由自分から言うはずもないっていう話ですが。

「Hが合わなくて離婚したんだよね」と彼は躊躇することもなく私に言った。
聞けば、恋愛期間約1年間の間に性の不一致を感じたものの、勢いで結婚してはみたが、新婚旅行中もHはなし。Hできない夫婦は一緒に居る意味はない・・・・その答えが「離婚」らしい。

未熟な私にはよくわかりませんでした。

しかも彼の場合、「妻からの激しい求愛に男として応じる気持ちも失せた」という。どんな求め方をどれだけされたというのだろうか?乗り越えられないものなんだろうか?

彼は営業という仕事柄か話の運びも上手。相手を乗せるのもウマかった。手慣れた風に料理をオーダーしていく。私は前の不倫のカレを何故だか思い出した。容姿も全く違うのに、彼には似たところがあって、初対面なのに彼には新鮮さを感じませんでした。

数時間が過ぎ、車で来ていた彼は「近所まで送るよ」と。
暫くした車中では、彼は自分の「指フェチ」を披露。
運転しながら片手で私の右手を撫でてみては「こういう指好きなんだよね。」

私が降りる間際になると、私の右手を更に強く撫で、キ、キス?と思わせるような引き寄せ方。みらいは、慌てふためく自分を殺しながらクールに振る舞い、切り抜けました。
「こういう(抱き寄せたりする)のって理屈じゃないよね・・次は日曜日に会えるかな」と彼。もうすぐ日付は木曜日になろうとしていました。

恋愛に対して「慎重」になると言っていたのは一体誰の言葉だったのか?
これが「慎重」になろうとする男の行動なのだろうか?

彼からの「別れる理由」を聞いた以上に「別れる理由」がわかってしまったようなそんな「第1回出会い:バツイチの巻」なのでした。

2003.03.01
幸田みらい

不倫のススメ|幸田みらい


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

こういう仕草は女らしい

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情3

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援・販路ドットビズ

オトコとオンナ

誰にも言えない私の秘密

人妻からくり物語

出哀いサイトの福山くん

チョコレートカクテル

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.04.04
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ