持病

不倫のススメ

不倫といわれ騒がれて後ろ指差されてもその後結婚というゴールを踏めば一転して祝福されるこの理不尽。不倫とは一体何なの?悪いことなの?DNAに隠された不倫とセックスの真実を検証します。

幸田みらい

不倫のススメ

不倫のススメPart1
by 幸田みらい
不倫のススメPart2
by 水無 美月
不倫のススメPart3
by 今井美沙子
わたし愛人一年生
by 小森 絆
私は恋愛体質な女
by 柊 彩花
new3.gif (112 バイト)

幸田みらい自己紹介
マガジン発行履歴

48

不倫のススメ最終回

47

決心

46

未来予想不可図
45 新春三十路対談
44 結婚相談所
43 女の友情
42
41 裏バースデー
40 アノ日アノ時
39 表バースデー
38 年下をねらえ!
37 2000円
36 自慰
35 おめでた
34 不機嫌の正体
33 因果関係
32 無口な同志
31 ホントのトコロ
30 一品入魂
29 スガりもの
28 可愛い男
27 持病
26 探しモノ
25 処女的衝撃
24 イケない私
23 別れる理由
22 出会い系デビュー
21 いいひと
20 年賀状

別冊

チチの詫び状
19 みらいのお見合いレポート
18 目撃者
17 香りの記憶
16 不倫未満
15 タイムリミット
14 セックスの証明
13 携帯ロック
12 要らないモノ
11 わからなかった人
10 その後の「逆ナン」
09 あぁ無情
08 不倫用語の基礎知識
07 いつものこと
06 舌の味

05

指輪のシルシ

04

不倫顔

03

ひとつのお願い

02

逆ナン

01

恋のチカラ

00

3年計画」
 
第27回

持病

最近、カレの「持病」に悩んでいます。

「・・やっぱり、・・先を約束できないまま続けていくことはできないよ。子供は裏切れない。タメにならないつきあいだよ・・。みらいは幸せにならなくちゃ・・」

また・・始まった・・。
カレの持病は最近何かにつけてこんな「症状」が現れる。
迫っても、ねだっても、無理難題を言ってもいないというのに。

カレの二才になる子供がどうやら高熱が続き、ここ最近、入退院を繰り返しているらしかった。その心労やら、毎日深夜まで続く仕事での疲労やらでカレも「余計」な事にまで神経をもう遣いたくなかったのだろう、と思った。

我が子とみらいを比べる気は毛頭ない

カレとの生活は望まないワケはないけれど、飛ぶ夢は見ないと決めた。
過去のカレたち同様でありながら、カレのはっきりとした「守り」の姿は、みらいにそんな夢を見させてくれる「望み」さえ与えなかった。ならば、三度目の正直、お互い適役に徹しよう。そして、徹してよ。現実逃避行の2枚の切符が手に入っちゃたんだからさ。

こんなに「理解のある女」を自ら手放そうだなんて、ちょっと!おかしいんじゃないの?これ以上何が不満なの?

男でしか与えられない「モノ」で時々みらいを満たしてよ。女の友情からでは得られないモノを。時々でいいから、それだけでいいから・・と何度もカレには注射したハズなのに。最近、効能が薄い。

常に「変化」していく世の中で、「人の気持ち」だけが変化しないわけがない。カレはただ単純に「みらいが好きで無くなった」ということなのか?

てゆーか、そんなカレをみらは何故にまだ「好き」なのか?そんなことまで言ってカレの側に居ようとするのか?

みらいも自分の「持病」にふと気がついた。
病名があるとするならば、「恋愛依存症」または「恋愛中毒」だろう。

20代で出会った元々カレには、「こんなに人を好きになることができる」という知らない自分の存在を教えられた。

一昨年別れた元カレは、カレの「暴走」とも言えるみらいへの夢中さにちょっとイイ気になった。そして死ぬほど楽しかった。カレは、みらいが好きなモノだけで作られている人間だと思った。

・・そう考えると、もしかしたら今のみらいは「恋愛後遺症」かもしれない。。元カレとの約3年間という「夢のような日々」の後遺症。
「みらいはとてもキレイになって行くよ・・俺がそうさせているって自信がある」

きっと、あの頃のみらいの体内では毎日素敵な物質が作り出されていたに違いない。

一度「素晴らしい日々」を味わうと、やはりその「素晴らしい日々」は忘れられない。あの頃のカレはもういないが、あの頃の自分に少しでも近づかせてくれるのは、今の「カレ」しか、今はいない。

不倫に暴走し過ぎていた元カレとは対照的に、今カレは愛の証である「無理」はしようとしない。でも会えば必ずセックスしてくれるカレは、この時ばかりは「守り」ではなく「攻め」てくれる。だから、カレのセックスは好き。そのギャップがまたみらいを惹きつけるような気さえする。

カレと1週間に数時間、1ヶ月に1日会えるか会えないかの今は、その場しのぎで「麻薬」を打っている感じにでも似ているだろうか。「愛される自分」を忘れたくないために。

普段のカレは、妻に前科を知られていることもあって、最近では出し惜しみすることないほど持病の症状を打ち明けてくる。面白くない。当のカレも言う「・・みらいは、こんな俺のどこが一体いいんだ?」と。

どこがいいんだ?
でもみらいの体は間違いなく、確実に「好き」という反応を奥底から示す。そしてカレもまたその反応を快く自分の肉の一部で感じとる。
「みらい・・嬉しいよ」

フツウの恋愛だったら、新しい恋人ができ、別れを告げられたた元カレに「まだ好きなの・・離れられない」と言ってスガるのは大変カッコ悪いし、避けたいところ。
今のカレとは「必ず終わる恋」を二人で始めた。今までの中で一番「ラクな恋」のように思う。みらいが本当は望んでいない、「ラクな恋」。
そして、その終結宣言の権利はみらいが持つと自分一人で決めている。
「依存症」であるみらいは、今のカレを自ら手放すわけにはいかない。

「不倫」がイケないものというなら、こうやって「不倫」を自分に有効活用しなければ、と心底思う。とは言っても、毎回「不倫」はこうでなきゃ!と思っていたハズだったのに、結局実行できないまま、今のカレという依存先にお世話になってしまった。

みらいのこの「依存症」もまた難病だ。

そして、みらいより、カレの方が早く「持病」を完治することができるだろう・・と思ったりする。

2003.05.06
幸田みらい

不倫のススメ|幸田みらい


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

こういう仕草は女らしい

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情3

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援・販路ドットビズ

オトコとオンナ

誰にも言えない私の秘密

人妻からくり物語

出哀いサイトの福山くん

チョコレートカクテル

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.04.04
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ