一品入魂

不倫のススメ

不倫といわれ騒がれて後ろ指差されてもその後結婚というゴールを踏めば一転して祝福されるこの理不尽。不倫とは一体何なの?悪いことなの?DNAに隠された不倫とセックスの真実を検証します。

幸田みらい

不倫のススメ

不倫のススメPart1
by 幸田みらい
不倫のススメPart2
by 水無 美月
不倫のススメPart3
by 今井美沙子
わたし愛人一年生
by 小森 絆
私は恋愛体質な女
by 柊 彩花
new3.gif (112 バイト)

幸田みらい自己紹介
マガジン発行履歴

48

不倫のススメ最終回

47

決心

46

未来予想不可図
45 新春三十路対談
44 結婚相談所
43 女の友情
42
41 裏バースデー
40 アノ日アノ時
39 表バースデー
38 年下をねらえ!
37 2000円
36 自慰
35 おめでた
34 不機嫌の正体
33 因果関係
32 無口な同志
31 ホントのトコロ
30 一品入魂
29 スガりもの
28 可愛い男
27 持病
26 探しモノ
25 処女的衝撃
24 イケない私
23 別れる理由
22 出会い系デビュー
21 いいひと
20 年賀状

別冊

チチの詫び状
19 みらいのお見合いレポート
18 目撃者
17 香りの記憶
16 不倫未満
15 タイムリミット
14 セックスの証明
13 携帯ロック
12 要らないモノ
11 わからなかった人
10 その後の「逆ナン」
09 あぁ無情
08 不倫用語の基礎知識
07 いつものこと
06 舌の味

05

指輪のシルシ

04

不倫顔

03

ひとつのお願い

02

逆ナン

01

恋のチカラ

00

3年計画」
 
第30回

一品入魂


今年もあと半年となってしまいました。そして、イヤな梅雨の季節ですね〜。今年前半を振り返ってみると・・カレとも1回/月のペースでしか会えず、しかも2,3時間。正統派の恋にはなかなか巡り合えず・・苦難続きでした。後半戦、逆転サヨナラ満塁ホームランを打ちたい!そんな気分のみらいです。
ワケあって一人で出向いた、デパート。
カレのバースデーを初めて祝う時がやってきました。
みらいは、ひたすら無形の「カレ」に集中する。

相手の嗜好をこの約1年間で自分の中にインプットし、それを頼りに自分の趣味も織り交ぜながら、自分だけのカレを造る。一体、どんな反応をしてくれるか。何とも言えない緊張感がたまらない。

不倫関係での「贈り物」には、結構、気を遣ってきたみらい。
カレの恋人、であり、時には浮気している夫の「妻」の立場にもなって客観的にそのモノが「どうか?」を判断する。

相手が普段から、自分のものを自分で買っている人なら、そうそう怪しまれたりはしないが、そうでない場合は、見知らぬモノ、そうそう安くないモノを突然夫が持ち歩くようになったら、妻は不審に思うに違いない。
そして、後ろめたい夫はそんな妻の反応もよくわかっているから・・と、そんな流れに流される結末ではツマらない。

夫が、さり気なく生活に投入しても怪しまれないモノ、且つ、使う頻度が高いモノをみらいは探すのでした。

だから、必然と今までも会社で実用的に使えるものをみらいは歴代のカレにも選んできました。家庭生活では披露されることもそうないだろうし、とりあえず、鞄の中にでも入れておけば無難だろう。

いくつ持っていても邪魔にならないであろう定番アイテムの「ネクタイ」。
カレはネクタイ締めて仕事をする職業でない為、使ってもらえる頻度が少ないから×。電車通勤でないからパスケースも×。それなりに小物は浮かぶものの、この年なら或る程度のネームバリューも欲しいところ。

財布は予算的に×。

ならば名刺入れ。・・・でも、そう言えば、元カレにも元々カレにも挙げたっけ。みらい自身の狭い「選択肢」にちょっとガッカリした。それに、数年前からみらいの「予算額」も上がっていなければ、貧乏っぷりも改善されていない。

しかし、名刺入れならやはり使用頻度は高い。元カレに挙げた革製の名刺入れがいいアメ色になって行くのもとても嬉しかった。やはり、実用的なモノはあって邪魔になることはない・・と、何年か前も同じようなことを考えていたのを思い出した。

カレが普段使っている財布のブランドを思い出し、そのブランドの中の財布と同じシリーズでさり気なく揃えようか・・、そして、「あ!この名刺入れ俺の財布と同じシリーズだよ・・揃えてくれたの?」なんてカレが言ってくれるのも想定したりした。

そして、こう続く・・「そんなこと基本でしょ?(みらいの関心度はもっと深いんだから!)」とサラリと答える。

・・と、ほぼ、「名刺入れ」に決定していたみらいだったが、ちょっと待ったが掛かった。

名刺入れでは会社だけでしか持ってもらえない。いや、そうでなければイケないハズだった。が、もっとカレに密着させたかった。まるで、みらい自身がその「プレゼント」に入魂するかのように。カレに四六時中密着させていたかった。

自分も好きで、いくつか欲しいと思っているものの、今は一つしか持っていないカジュアルウォッチで有名な「Sウォッチ」。
元カレが私のこの時計を見て、欲しがり、誕生日にやはり私と同じシリーズのものを挙げたこともまた、思い出す。

今もアイツは使っているのだろうか?

「時計」。
会社に問わず、プライベートでも使ってもらえる。
それにカレの脈を感じるほどに肌に密着。自分を時計に置き換えてカレと四六時中居れることに、あっさりと考えを変えた。

このシリーズなら、自分で「買った」としても不思議なモノではないし、会社のボーリング大会か何かで「賞」で貰った、なんて言うイイワケを使っても問題ないだろう・・。

会社では、ノーネクタイのカジュアルなカレ。
バンドがデニム地ではちょっと若向き過ぎるし、服装が限られるかもしれない。
33歳。二児の父。大人の男。若々しくも、さり気ないカッコ良さを、みらいらしく演出したい。

そして、文字盤の下方には「2002」と書かれた、割と新しい、そしてみらいが持っているモノと同じシリーズに決めた。「2002」、ちょうど、みらいとカレの付き合いが始まった年。

みらいの色んな思いが込められていることを、この時計はカレに「時」と共に伝えてくれるだろうか?

−贈り物ですか?
−はい。

みらいは充足感で一杯だった。

2003.06.18
幸田みらい

不倫のススメ|幸田みらい


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

こういう仕草は女らしい

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情3

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援・販路ドットビズ

オトコとオンナ

誰にも言えない私の秘密

人妻からくり物語

出哀いサイトの福山くん

チョコレートカクテル

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.04.04
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ