因果関係

不倫のススメ

不倫といわれ騒がれて後ろ指差されてもその後結婚というゴールを踏めば一転して祝福されるこの理不尽。不倫とは一体何なの?悪いことなの?DNAに隠された不倫とセックスの真実を検証します。

幸田みらい

不倫のススメ

不倫のススメPart1
by 幸田みらい
不倫のススメPart2
by 水無 美月
不倫のススメPart3
by 今井美沙子
わたし愛人一年生
by 小森 絆
私は恋愛体質な女
by 柊 彩花
new3.gif (112 バイト)

幸田みらい自己紹介
マガジン発行履歴

48

不倫のススメ最終回

47

決心

46

未来予想不可図
45 新春三十路対談
44 結婚相談所
43 女の友情
42
41 裏バースデー
40 アノ日アノ時
39 表バースデー
38 年下をねらえ!
37 2000円
36 自慰
35 おめでた
34 不機嫌の正体
33 因果関係
32 無口な同志
31 ホントのトコロ
30 一品入魂
29 スガりもの
28 可愛い男
27 持病
26 探しモノ
25 処女的衝撃
24 イケない私
23 別れる理由
22 出会い系デビュー
21 いいひと
20 年賀状

別冊

チチの詫び状
19 みらいのお見合いレポート
18 目撃者
17 香りの記憶
16 不倫未満
15 タイムリミット
14 セックスの証明
13 携帯ロック
12 要らないモノ
11 わからなかった人
10 その後の「逆ナン」
09 あぁ無情
08 不倫用語の基礎知識
07 いつものこと
06 舌の味

05

指輪のシルシ

04

不倫顔

03

ひとつのお願い

02

逆ナン

01

恋のチカラ

00

3年計画」
 
第33回

因果関係


「みらいちゃんなら、わかってくれると思って・・」

前の職場の先輩、Nさんにこう言われて、みらいは食事に誘われた。
ん?何だ?私なら、「わかってあげられる」事って・・。

このNさん、私の「秘密の恋」の経緯を知る、唯一の同僚であった。というか、「そうでしょ?」と何度も念を押され、ついに「ここだけの話」ということで、みらいが降参した相手であった。

そう考えると、もしや、このNさんも・・・。
「期待」に胸を膨らまし、いや、何を告白されるのか、みらいはうっすらわかりながらも、彼女の期待通りに「不安さ」交じりの返事をしておいた。
「何があったんですか??みらいでよければ、聞きますよ」

Nさんは、38歳。
二人の男の子の母であるが、産後太りとは縁遠いスラリとした体型だった。
そんな自分のスタイルの良さを知っているからだろう、体の線に沿ったジャストフィットの洋服を毎日ウマく着こなす。
みらいもSサイズの体になってからは、この手の洋服を好む様になったからよくわかる。そして、貧乳な私たちは遠目に見ると「よく似ている」と評判だったらしい。

彼女は社内恋愛で結婚をし、旦那様と同じフロアーで働いていた。
時々、廊下で二人が笑顔で立ち話をしている姿は、みらいの「あこがれの夫婦像」そのものであった。旦那様は身長180cmほどある長身のハンサム。
そう言えば、誰かが言っていた・・「Nさん夫婦は、我が社のベストカップルよね・・」と。

Nさんが生活感を漂わせず、女性としての輝きが失せないのは、長身でハンサムな旦那様、二人の可愛い息子たちとの幸せな生活の賜物だと思っていた。

・・・・・・・・が・・・・・・・・・
輝きの源はどうやら他のものにもあるようだった。

「みらいちゃん・・実はね・・私・・Kと付き合ってるの・・」ときたもんだ。

「マジですか!!!」と仰天反応をしてみたものの、彼女が私を食事に誘ってから私の中にできた「点」がハッキリと「線」になったことにヘンな安心感が湧いてきた。

なるほど、給湯室でよく二人がお茶を入れているのを見かけるわけだった。他の男性と話しをする時の彼女とは明らかにその時ばかりは違っていたことを、みらいはとっくにわかっていた。そして、そんな彼女に選ばれたみらいは彼女の「告白」を受ける。きっと、同じ「匂い」がしたのだろう。

不倫相手のKさんは彼女より7歳年下の既婚者。
聞けば、二人は彼女の産休明けの出社で「一目惚れ」だったそうな。この二人も「不倫初期」から「末期」へ進み、Nさんは何かしらの「答え」を見つけたいようだった。

「Kはね・・奥さんともウマく行ってないって言うし、私にその気があれば、息子二人を引き取ってもいいって言ってくれてるの・・主人に昨日、求められて拒みきれなくて応じたんだけど、Kを裏切ってるようで・・」と続く。

生々しい「夫婦生活」も聞かされ、旦那様とも面識のあるみらいの方が、ちょっと恥ずかしい気持ちにり、「あの旦那様が・・」と数秒間、みらいは妄想に入った。夫婦間のセックスレスが日常化しつつあるとも言うのに、彼女はやはり「幸せ」だと思った。

みらいは思う。
既婚者の恋の始まりは「家庭の幸せ」があるからこそなんだな。と。
子供が非行に走り、夫は暴力、家は借金まみれ、嫁姑戦争・・なんていう生活だったら「恋」に落ちる余裕なんてないものな。

「・・息子たちはパパのこと大好きだし、パパと離してしまうのは可哀相。もし離婚したら、私は今の会社には当然居られなくなるし・・でもKのことがすごく好きなのよ・・どうしたらいい??みらいちゃん!」

・・んーー何せ、みらいは「結婚」もデキていないワケですし、家庭の重みを実感できていないワケでして・・私には、ちと荷が重すぎる。

「・・今の幸せな生活をゼロにしてまで・・どうですかねぇ・・」と、ありきたりな答えしかできなかった。もうちょっと、肯定的な意見を述べるべきだったかなぁ、と思ったりもしたが、やはり「友人」には最もなコトを言うみらいだった。

W不倫中の二人と旦那様、3人が同じフロアーで仕事をしているということを想像すると、かなりスリリングだ。
そして、日常と非日常が1日の中で何度も繰り返されることが、彼女のこの「美貌」に繋がっていたりするんだぁ、ともつくづく思う。

そして、この「美貌」を持つ妻、Nさんに旦那様は愛情を注ぐ。

女は罪な生き物だ。

2003.08.04
幸田みらい

不倫のススメ|幸田みらい


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

こういう仕草は女らしい

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情3

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援・販路ドットビズ

オトコとオンナ

誰にも言えない私の秘密

人妻からくり物語

出哀いサイトの福山くん

チョコレートカクテル

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.04.04
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ