不機嫌の正体

不倫のススメ

不倫といわれ騒がれて後ろ指差されてもその後結婚というゴールを踏めば一転して祝福されるこの理不尽。不倫とは一体何なの?悪いことなの?DNAに隠された不倫とセックスの真実を検証します。

幸田みらい

不倫のススメ

不倫のススメPart1
by 幸田みらい
不倫のススメPart2
by 水無 美月
不倫のススメPart3
by 今井美沙子
わたし愛人一年生
by 小森 絆
私は恋愛体質な女
by 柊 彩花
new3.gif (112 バイト)

幸田みらい自己紹介
マガジン発行履歴

48

不倫のススメ最終回

47

決心

46

未来予想不可図
45 新春三十路対談
44 結婚相談所
43 女の友情
42
41 裏バースデー
40 アノ日アノ時
39 表バースデー
38 年下をねらえ!
37 2000円
36 自慰
35 おめでた
34 不機嫌の正体
33 因果関係
32 無口な同志
31 ホントのトコロ
30 一品入魂
29 スガりもの
28 可愛い男
27 持病
26 探しモノ
25 処女的衝撃
24 イケない私
23 別れる理由
22 出会い系デビュー
21 いいひと
20 年賀状

別冊

チチの詫び状
19 みらいのお見合いレポート
18 目撃者
17 香りの記憶
16 不倫未満
15 タイムリミット
14 セックスの証明
13 携帯ロック
12 要らないモノ
11 わからなかった人
10 その後の「逆ナン」
09 あぁ無情
08 不倫用語の基礎知識
07 いつものこと
06 舌の味

05

指輪のシルシ

04

不倫顔

03

ひとつのお願い

02

逆ナン

01

恋のチカラ

00

3年計画」
 
第34回

不機嫌の正体


もしかしたら・・・「そんなこと」になってしまったりするんだろうか??
と期待のような不安で頭が一杯になった。

第31回「ホントのトコロ」で登場した、Mさんとの二人きりの食事が実現した。

お互いちらつかせる「冗談」を味方につけ、
Mさんの「ラブホ付きなら、焼き肉連れていってやる」と
みらいの「紫の下着で臨むから」で行き着いた食事だった。
そして、いつもみらいの「どうせ、そんな勇気もないくせに」いう言葉が二人のメールの締めの言葉となっていた。

みらい宅にお迎え予定時刻の19:30を過ぎた辺りで「突発会議が始まったから、またメールする。何時までなら待てる?」と連絡が来た。
もし「ドタキャン」になったとしても、「あ、っそ」で終われる自分がいた。それにあまり遅い時間に「焼き肉」なんて食べて太りでもしたら大変だ、などと色気のないことを思ったりもした。

タイムリミットの20時を少し過ぎた頃、「今から向かう」とメールが来た。
万が一、Mさんがみらいに本気で「期待」していて、今日に「無理」をさせていたら、ちょっと困るな・・などと、今ごろになって心配にもなってみる。
「いざ」という時になって、「・・私・・そんなつもりじゃあ・・」なんてカッコ悪すぎる。

決してキライじゃない、外見もみらい好みのハズなのにどうも最後の一歩を踏み出す予感は感じられなかったのが、不思議だった。

「今日の俺のラッキーカラーは紫だったよ。お前、ちゃんと勝負下着着て来たんだろうな・・」の相変わらずの兄貴口調に
「は?『勝負』する場じゃないのに勝負下着なんか着けるワケないでしょーが」とMさん仕様のみらいであることを忘れちゃいなかった。
「ま、そりゃそうだ。な。」とMさんはうなずいた。

ノロノロ運転の前方の車をショートカットで追い抜き、車大好きMさんはアクセルを全開に踏んだ。
田舎では珍しく、平日だというのに、そこそこ客が入っている焼き肉屋。
時間は21時時も少し過ぎた頃だった。

お客が入ってくるたびに、彼は何気に視線をそちらへ投げ、ココでも「気配り」は万全だったように思う。そして、1時間ほどで食事も済み、さあ・・・。

車に戻り、暫く、窓からの風で涼んでいると、
「・・行ってみるか?お前は俺に深入りしない自信があるだろ?」

また、来た。

でもこんな言葉も今までフツウの会話に出過ぎて、交わしてきてしまったせいか、何の緊張感もなければ、「こんな貧乳見せられない」とか「Mさんの前で今更どんな声やどんな顔をしたらいいんだ?」とか「勢い」をつけるのにも、ちょっと時間がかかりそうなくらいのみらい自身ツマらなかった。

「じゃ、とりあえず、行ってみるから」とMさんはラブホ街へ向かう。

やっぱり、みらいは「決心」が着かなかった。
ルックスも雰囲気も決してキライでない、あの会社で最初真っ先に「みらい好み」と思ったのは間違いないこのMさんだった・・はずなのに・・なぜ?

「深夜休憩あり」のライトが点滅するホテルにMさんが車を入れた。
「さ、どうする?『そんな勇気ないくせに』って言ったのはお前だよ。俺は入ってもいいんだよ・・」

Mさんの前で素っ裸の自分をとても想像できなかった。

車を一考に降りようとせず、「間」を作らせないようとするみらいの喋りを彼は一気に遮る。「・・てことで、最終決断したのは『お前』だよ。俺のせいにするな」

一気に沈黙となった。

正直、彼に抱かれてみるのも悪くないな・・と思ったこともあった。
そして、彼の「強気」さを「弱気」になる瞬間を見たいとも思った。

やはり、みらいは愛のないセックスはできない性分だと実感した。
でも、その反面、理性が追いつかない程の「いざ」という場面になっていたらきっと、イッていたに違いないだろう、とも思った。

「お前のことが好きなんだよ」とか「お前とヤリたくて仕方ないんだよ」とか
Mさんの「今」の気持ちを真剣に伝えようとする手段が、みらいが望むソレとはちょっと違ったようだった。

どうせ、既婚者。ちょっとイイ思いができればそれでいいだろう、だったら、ウソでもいい、その場限りでもいい、その時に賭ける「真剣さ」への努力をしてくれてもいい。そんな努力に女は弱かったりする。その瞬間に賭けてしまうような大胆さが生まれたりする。

・・・既婚者との「ある瞬間」にも、みらいは、やっぱり、「真剣さ」が欲しかった。相手が既婚、未婚どうであれ相手に望む事はやはり同じだ。

行き以上に、今度は下り坂道をアクセル全開にして走る。
あまりの怖さに「そんなにスピード上げなくたって・・」とみらいが言えば、「俺の車を俺がどう運転しようが俺の勝手なワケで」と不機嫌丸出しの彼。

ヤレなかったのが、そんなに悔しいか?と喉にまで込み上げていた。

しかし、前回にふざけ半分の「キスしてみようぜ」の彼との「食事」。
男からしてみれば、「この前の危うい流れから考えても、メシも食わせたんだ、「H」は当然だろ?」という声が聞こえなくはない。

「飲んだコーヒーの空缶持って帰れよ」と車からの降り際に冷たく言われる。それでも、礼に始まり、礼に終わるにならって、ゴチになったお礼メールをMさんに送った。

「お前も鈍感だよな」と返信がきた。
「あんたも鈍感だよ」と返信してやりたかったが、やめておいた。

2003.08.21
幸田みらい

不倫のススメ|幸田みらい


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

こういう仕草は女らしい

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情3

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援・販路ドットビズ

オトコとオンナ

誰にも言えない私の秘密

人妻からくり物語

出哀いサイトの福山くん

チョコレートカクテル

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.04.04
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ