裏バースデー

不倫のススメ

不倫といわれ騒がれて後ろ指差されてもその後結婚というゴールを踏めば一転して祝福されるこの理不尽。不倫とは一体何なの?悪いことなの?DNAに隠された不倫とセックスの真実を検証します。

幸田みらい

不倫のススメ

不倫のススメPart1
by 幸田みらい
不倫のススメPart2
by 水無 美月
不倫のススメPart3
by 今井美沙子
わたし愛人一年生
by 小森 絆
私は恋愛体質な女
by 柊 彩花
new3.gif (112 バイト)

幸田みらい自己紹介
マガジン発行履歴

48

不倫のススメ最終回

47

決心

46

未来予想不可図
45 新春三十路対談
44 結婚相談所
43 女の友情
42
41 裏バースデー
40 アノ日アノ時
39 表バースデー
38 年下をねらえ!
37 2000円
36 自慰
35 おめでた
34 不機嫌の正体
33 因果関係
32 無口な同志
31 ホントのトコロ
30 一品入魂
29 スガりもの
28 可愛い男
27 持病
26 探しモノ
25 処女的衝撃
24 イケない私
23 別れる理由
22 出会い系デビュー
21 いいひと
20 年賀状

別冊

チチの詫び状
19 みらいのお見合いレポート
18 目撃者
17 香りの記憶
16 不倫未満
15 タイムリミット
14 セックスの証明
13 携帯ロック
12 要らないモノ
11 わからなかった人
10 その後の「逆ナン」
09 あぁ無情
08 不倫用語の基礎知識
07 いつものこと
06 舌の味

05

指輪のシルシ

04

不倫顔

03

ひとつのお願い

02

逆ナン

01

恋のチカラ

00

3年計画」
 
第41回

裏バースデー


長かった1週間が過ぎ、いよいよ明日会える。

「ねぇ、会いたかった?」
「ねぇ、嬉しい?」
「ねぇ、楽しみにしてくれてる?」
自分の盛り上がり度をカレの中でどうしても確認したくて、子供になったみらいは、返信をなかなかよこさないのないカレに駄々をこねていた。
が、しばらくすると、青ざめるようなメールが届いた。

「ごめん。またメールを見られてしまって・・。でも明日は会いに行くよ。長い時間は居れないかもしれないけど許してね。」

−メールを見られた−
誰に?って「妻」にだ。
何てこった!あんなに日頃から「注意しなきゃダメだよ!」って忠告していたのに。
−履歴は消しておくこと。
−メールの送受信が不都合になりそうなら、前もってその事を伝えること。

あれだけ言っておいたのに。まただ。それも1ヶ月ぶりの再会を目前にして。

明日は土曜。夕方からたっぷり会える。久しぶりに外で食事をして・・そして・・と、このところ本当に数時間しか会えなかったことを思うと明日に対する「期待」は既に大きくなっていた。そんな矢先・・。

「長い時間会えない」という少ない時間はどれくらいなんだろうか・・「本屋へ行って来る」の時間じゃ、「何も」できやしない。みらいのテンションは一気に下降線を辿った。

土曜日。午後5時。不倫のカップルにとって今の季節って都合がいいですよね。なんてったって、暗くなるのが早い!夏の午後五時では明るすぎるし、健康すぎる。車のライトが眩しく感じながらも、一つライトが壊れているカレの車を正面から見つける事ができた。

一ヶ月ぶり。「一日も現地で休みがなかった」という割には元気そうなカレにみらいのカラダは反応しまくりだった。

乗り込んで早々、「キスして」とねだるみらいに、カレはいつものホテル街に車を走らせる。フリータイムが終わったばかりだからか、緑の「空」がいたるところに点灯していた。

みらいのカラダもみらいの心を知ってか知らずか「月の使い」もまだ到着していない状態だった。「いっぱい愛してもらうし、愛すんだ」

些細な事柄が今日の私たちを許してくれているようだった。

「遅くなったけど。誕生日おめでとう。本当は現地から電話しようと思ったんだけどね・・」と、カレはバッグからとても小さい巾着袋を取り出した。

シルバーのブレスレット。
留め金の辺りには今流行の「十字架」が下がっていた。

「どれがいいのか迷っちゃってね」と久しぶりの「可愛い」顔。

みらいは「ありがと」を言うと同時にカレに長いキスをした。

ラブホ最高!と、ちょっと狭い浴槽を泡風呂にして、カレと向き合って入り、「月の使い」の到着を匂わせる腹部の鈍痛を感じながら、たまらずお湯の中で一つに繋がってみる。

中途半端なオトナの遊びも早々に打ち切り、さぁ!

「ずっと抱いてなかったから・・」と息絶え絶えのカレは、許しを乞うように、みらいにしきりに聞いてくる。

「・・イってもいい?」

−イッたら許さないから。
−もう、限界。

こんな会話を何度か交わし、「1回目」だから許す事にした。そして、みらいは初めてカレに許されている「時間」とやらについて聞いてみた。

「・・気にしなくていいよ。久しぶりに会ったんだから・・」

そうは言うものの、みらいの中の何かに引っ掛かっている針はどうもスッキリ取れはしなかった。「2回目」はそんなみらいの気持ちを、カレにぶつけたような気がする。

まだまだ一緒に居たかったが、カレからのソワソワムードを感じていたし、久しぶりの再会を、そんなことに突っかかって嫌悪感で塗り直しするのはイヤだった。

みらいも明日、「無職」になるかもしれない自分の身の為に「少しでも貯えを・・」と、小銭稼ぎのバイトを早朝から入れていたことを思い出す。「今日は早く帰らなきゃ」と自分自身を正当な理由で納得させた。

日曜日、仕事は昼過ぎに終わり、帰路を走る。
そう言えば、この辺りはカレの住む町。
日曜日・快晴・行楽日和。・・今日はカレは何してるんだろう?

運転しながら、「対向車の確認」を知らず知らずにしていると、見覚えのあるナンバーの車が渋滞の列にいるのを見つけた。
男性は眩しそうに目を細め、助手席に乗るセミロングの女性は後部座席に振り返っていた。

あの車の助手席には、昨日はみらいが座っていた。

「今すれ違ったよ。わかった?」と慌ててメールを打ってみたが、その日中に返信が来ることはなかった。。

2003.12.11
幸田みらい

不倫のススメ|幸田みらい


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

こういう仕草は女らしい

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情3

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援・販路ドットビズ

オトコとオンナ

誰にも言えない私の秘密

人妻からくり物語

出哀いサイトの福山くん

チョコレートカクテル

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.04.04
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ