女の友情

不倫のススメ

不倫といわれ騒がれて後ろ指差されてもその後結婚というゴールを踏めば一転して祝福されるこの理不尽。不倫とは一体何なの?悪いことなの?DNAに隠された不倫とセックスの真実を検証します。

幸田みらい

不倫のススメ

不倫のススメPart1
by 幸田みらい
不倫のススメPart2
by 水無 美月
不倫のススメPart3
by 今井美沙子
わたし愛人一年生
by 小森 絆
私は恋愛体質な女
by 柊 彩花
new3.gif (112 バイト)

幸田みらい自己紹介
マガジン発行履歴

48

不倫のススメ最終回

47

決心

46

未来予想不可図
45 新春三十路対談
44 結婚相談所
43 女の友情
42
41 裏バースデー
40 アノ日アノ時
39 表バースデー
38 年下をねらえ!
37 2000円
36 自慰
35 おめでた
34 不機嫌の正体
33 因果関係
32 無口な同志
31 ホントのトコロ
30 一品入魂
29 スガりもの
28 可愛い男
27 持病
26 探しモノ
25 処女的衝撃
24 イケない私
23 別れる理由
22 出会い系デビュー
21 いいひと
20 年賀状

別冊

チチの詫び状
19 みらいのお見合いレポート
18 目撃者
17 香りの記憶
16 不倫未満
15 タイムリミット
14 セックスの証明
13 携帯ロック
12 要らないモノ
11 わからなかった人
10 その後の「逆ナン」
09 あぁ無情
08 不倫用語の基礎知識
07 いつものこと
06 舌の味

05

指輪のシルシ

04

不倫顔

03

ひとつのお願い

02

逆ナン

01

恋のチカラ

00

3年計画」
 
新年明けましておめでとうございます。
新年の挨拶から親には「今年で何とかしてちょうだい」と涙交じりに言われ、重い幕開けとなってしまいました。
今年1年は毎日を大切にしよう!と誓うみらいであります。
今年も宜しくお願いします。

第43回

女の友情


「薄い」と言えば、「携帯電話」「液晶テレビ」に「パソコン」「コンドーム」・・。おっと「女の友情」もそうだった。

みらいには無二の親友「だった」S子がいた。

美人でも何でもないが、男性を惹きつける力は幼い頃から備わっていたS子。
彼女の男性遍歴には20日間で別れた年下男も居れば、毎年誕生日プレゼントにブランドものを送ってくる海外赴任した上司・・。いわゆる「男の数」で言ったら、軽く両手は上回っていただろうか。

一見は本当にフツウすぎる程ごくフツウであり、こんなフツウな所がイイんだろうなぁ、なんてしみじみ思う事もあった。

そんなS子とは小・中・高を共にし、社会人になってからも他愛のないことで毎日電話をし、海外旅行も2度一緒に行き、みらいの不倫事情を聞いては一緒に泣いてくれた・・そんな互いを知り尽くしていた親友だった・・。

−が−

あることをきっかけに「疎遠」になってしまいました。
疎遠歴4年。きっかけは「男」でした。

みらいがガンバって開いた飲み会に、当時彼と別れたばかりだった親友S子も当然呼んだ。「どうせ収穫もないだろう」いつもその場限りで終わってしまう「飲み会」が、この日に限っては違っていたのです。

男性たちは全員、当時みらいが働いていた会社(今カレが勤める会社)の同僚。そして、その中に普段から見掛けていた背の高い、顔立ちのハッキリした、みらいの好きなバタ臭い(古っ)顔の男性が出席しているではないですか!

あぁ、今の不倫から足を洗え!と神様が用意してくれたに違いないと、本気で思ったものでした。

−が−

運が悪いというか、当然というか、この男性は私の親友含め女子全員の一番人気となってしまったのでした。
今から思えば、この男性に集中してしまうくらい、あまりにも周りがパッとしなかったっということだ。

「彼」欲しさに、女性陣は互いに
「・・連絡とってる?」「・・取ってないよ・・」と、探り合う。
数週間後、結局、S子がその権利を手にしたのでした。それも、みらいが1泊2日の旅行に行っている間に。

旅行のお土産を渡そうとS子に連絡すると、「ちょうど、よかった・・みらいに話したいことがあるの・・」と。
そして、実際会って目の前の彼女の口から「・・メールで何度かやりとりをして、食事も行って・・そして、付き合おうってことになったの・・」と聞かされました。

この時のみらいは彼女に何て言ったのか、全く覚えていない。
気が利く一言でも言ってあげたのだろうか。
みらいは、どんな顔をして聞いたのだろう。

これだけでも、ちょっと気まずい雰囲気が漂うが、さらに、みらいがこの一連の事を負け犬の遠吠えとして別の友人に話ししたことが、S子の耳には「私の男を盗った」くらいに伝わり、更に彼女との間にハッキリ、クッキリとした溝が自然とでき上がってしまった。

「友達関係を修復しよう」といつも何処かで思ってはみても、時間の経った「溝」をどこから修復していいのかも、もう分からなくなっていた。

−そして、4年後の今。

今年の彼女からの年賀状にはこうあった。
「今年は・・私・・名前が変る事になりました。式が決まったらよろしくね。」

ついに決まったか・・・と速攻、共通の友人に連絡を入れる。

「あぁ、S子結婚するらしいわね。でも・・アノ男性とは1年前くらいに別れて別の飲み会で知り合った男性と結婚するらしいよ。」

え?そうなの?

みらいが不倫以外の恋愛難民に陥っているここ数年の間も、彼女の底力は何ら衰えておらず、しっかりと新しい彼を捕まえていた。

元彼の「一番人気クン」を知る友人によれば、
「『彼女と別れたのは俺のせい。他にももっとイイ子がいるんじゃないかと思ってね。・・誰か若い子紹介してくれないかな?』と言ってたよ。アイツも懲りないねぇ」

「一番人気クン」も今年は年男だろう。いや37歳か?
もう、こんな男どうでもいい。
自分たちの男に対する目利きの無さに、今更ながら悔しさが込み上げてくる。こいつに一言言ってやりたい。

私とS子の関係を返せ!!!!!

2004.01.11
幸田みらい

不倫のススメ|幸田みらい


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

こういう仕草は女らしい

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情3

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援・販路ドットビズ

オトコとオンナ

誰にも言えない私の秘密

人妻からくり物語

出哀いサイトの福山くん

チョコレートカクテル

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.04.04
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ