新春三十路対談

不倫のススメ

不倫といわれ騒がれて後ろ指差されてもその後結婚というゴールを踏めば一転して祝福されるこの理不尽。不倫とは一体何なの?悪いことなの?DNAに隠された不倫とセックスの真実を検証します。

幸田みらい

不倫のススメ

不倫のススメPart1
by 幸田みらい
不倫のススメPart2
by 水無 美月
不倫のススメPart3
by 今井美沙子
わたし愛人一年生
by 小森 絆
私は恋愛体質な女
by 柊 彩花
new3.gif (112 バイト)

幸田みらい自己紹介
マガジン発行履歴

48

不倫のススメ最終回

47

決心

46

未来予想不可図
45 新春三十路対談
44 結婚相談所
43 女の友情
42
41 裏バースデー
40 アノ日アノ時
39 表バースデー
38 年下をねらえ!
37 2000円
36 自慰
35 おめでた
34 不機嫌の正体
33 因果関係
32 無口な同志
31 ホントのトコロ
30 一品入魂
29 スガりもの
28 可愛い男
27 持病
26 探しモノ
25 処女的衝撃
24 イケない私
23 別れる理由
22 出会い系デビュー
21 いいひと
20 年賀状

別冊

チチの詫び状
19 みらいのお見合いレポート
18 目撃者
17 香りの記憶
16 不倫未満
15 タイムリミット
14 セックスの証明
13 携帯ロック
12 要らないモノ
11 わからなかった人
10 その後の「逆ナン」
09 あぁ無情
08 不倫用語の基礎知識
07 いつものこと
06 舌の味

05

指輪のシルシ

04

不倫顔

03

ひとつのお願い

02

逆ナン

01

恋のチカラ

00

3年計画」
 
第45回

新春三十路対談


「三十路対談」・・そう、今年一発目の「見合い」にもうなろうとは・・。
今年の出だしは早いぞ。

前回での「結婚相談所」の相談員プロデュースによる見合いが実現した。
「ファイル捲り」の初日にちょっと聞かされた「みらいさん・・・離婚歴のある方なんだけど・・この方、次男なのよ。離婚理由?・・奥さんの持病の悪化が原因でらしてね・・」と言うバツイチ男性との見合いだ。

「バツイチ」なんてちっとも珍しくなくなってきたこのご時世。離婚理由が「女・暴力・借金」に該当しなければ、バツイチも「有り」だとは思っていた。
ま、他人から聞く離婚の真相なんて全くアテにもならないが。

勢いよく捲っていた「ファイル」の中に当然この男性もファイルされていた。
写真を見る限りでは、いたって「普通」。ただ、ちょっとその写真の色合いに年月を感じた。かなり前からファイルされているようなそんな色合いに変っていた。

年はみらいの一つ上のRさん。今年年男か。

登録初日に手ぶらで帰るワケにも行かない雰囲気が漂い、結婚する気マンマンをアピールしてせねばっ!と自分を説き伏せて、後日プロデューサーからの指示を待つ事とした。

−1週間後−
昼前に「顔合わせ」の為、プロデューサーである相談員宅に集合が掛かった。
30分ほど相談員がお互いに話題を振り、打ち解け始めた頃を見計らって、二人を見送るらしい。絵に描いた「見合い」。That's「見合い」。

先に到着していたRさん。ちょっと、寝癖と綿素材のものをたくさん着込んでいるのはちょっと気になったが、パッと見、沢田研二のようなハッキリ、クッキリ顔。(ちょっとたとえが古かったかしら?)

外見はそう悪くない。

「みらいさん・・確かご趣味は『映画鑑賞』なのよね・・Rさんもお好きでしょ?」何の接点もない3人で繰り広げられる、人工的な会話に違和感を感じたまま、相談員は「見送り」にかかる。

「今日はお天気もいいし、じゃ、Rさんドライブにでも行っていらしたら?・・ちゃんとコース考えて来たかしら?」

Rさんに次いで外に出るみらい。
「コーデュロイのシワシワスーツにナイキのトレーニングシューズはどうなのよ?」と彼の後ろ姿を見つめながら、相談員の「じゃ、みらいさん、今日の夜に結果報告くださいね。行ってらっしゃい」と見送られた。

彼はまだ買って間もないと思われる「軽」のドアを開けてくれた。
最近の「軽」って天井も高くて、中広々・・・。

まさに行楽日和のポカポカ陽気。・・と裏腹に気分はどんどん落ち込んで行く。

「テニスやるんですか・・僕もやりたいと思っていて・・遊園地好きなんですけど、今度行って見ませんか・・」と彼。
「口下手」を理由に、「出会いがない」と断言し、職場のキャリアウーマンは自分の思い描く「女性」ではないと続く。

「同僚に声掛けたりなんかして、自分で『出会い』を作ったり努力したりしませんか?」と、みらいが今までどれだけ努力してきたか・・・と自分で思うと、ついつい強い口調にもなる。

「口下手」と言っていた彼は近所の湖畔に行くまでの間、それでもたくさん話題をみらいに振ってくれた。なのに、会話も膨らまさず、素っ気無い返事が続くみらいに、本日のメインイベントであろうランチタイムを迎える頃には彼のエンジンも切れ、みらいも気持ちの修復ももう不可能な事態にまで来ていた。

ロケーションが売りのレストランの窓から、ひたすら二人、無言で景色に見入る。見入るしかなった。「晴れ」の天気に感謝した。

と、突然に彼が「『離婚歴』って、やっぱり敬遠しますか?」と口開いた。

「『全く気にしない』と言ったら嘘かもしれませんが、今の時代珍しくない事ですし、離婚理由に依ると思います」と答えると、またそのまま景色に見入る二人だった。

ランチも早々に帰途を辿ると、今度は「喧嘩ってしますか?」と彼が切り出す。

「え?喧嘩?付き合っていくには『喧嘩』も必要ですよね。本音で付き合わないと。でもそうなる関係には時間がかかることだと思いますが・・」
喧嘩にまつわるエトセトラを聞いて、彼は何を確かめたかったのだろう。何を知りたかったのだろう。どんな答えが欲しかったのだろう。

顔合わせしてから、4時間弱で今日の「日程」が終了した。
意外と早くてホッとする。

彼はわざわざ車から降り、「ありがとうございました」とみらいに頭を下げる。

Rさん、間違いなく「いいひと」だ。
そして、彼と過ごした数時間で彼が長年この相談所で世話になり、聞かされている離婚理由が100%ではないだろうと言うのもみらい的にわかった気がした。そして、自分の「結婚難」も今年一発目にして思い知った。

元々カレがあまりにイイ男だったことが、みらいの男性を見る目をダメにしているのか、それとも不倫関係のカレ等たちによって、磨かれてしまったみらいの感性が「結婚難」なのか・・。

当日、夜8時。
相談員に電話を入れた。もちろん「断り」の電話だ。
と、同時に他の地区でみらいに「お見合い」の申し込みがあったことを聞かされた。

「・・そう・・残念だわ・・じゃ、またファイル見にいらしてね」。

占い師によれば、「今年中に人の紹介で知り合う」と占われたみらい。
果たして、今年中にみらい自身「結婚」に対して、マインドコントロールされ、この相談所で「夢の結婚」を手に入れるのだろうか。

先妻もこの相談所での紹介だというRさん。次回は幸せな結婚生活が送れる相手を慎重に選んで欲しいと思うのでありました。

2004.02.15
幸田みらい

不倫のススメ|幸田みらい


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

こういう仕草は女らしい

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情3

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援・販路ドットビズ

オトコとオンナ

誰にも言えない私の秘密

人妻からくり物語

出哀いサイトの福山くん

チョコレートカクテル

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.04.04
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ