不倫のススメ

 

「逢いたい」という気持ちは、恋愛を楽しむためのスパイス。でもそれは、知らぬまに欲望へと変わっていく。幸福の後の虚無感、嫉妬、絶望感。そんな不倫時代の「女」の気持ちを赤裸々に語っていきます。

水無 美月

不倫のススメ

不倫のススメPart1
by 幸田みらい
不倫のススメPart2
by 水無 美月
不倫のススメPart3
by 今井美沙子
わたし愛人一年生
by 小森 絆
私は恋愛体質な女
by 柊 彩花
new3.gif (112 バイト)

水無美月自己紹介
マガジン発行履歴
あなたもライターになれる
 

最新コラム

9

不倫旅行

8 指輪
7 モテる男・モテる女
6 幸せの定義
5 社内恋愛の欠点
4 愛撫
3 スタンダード
2 不道徳な恋
1 プロローグ

第6回

幸せの定義

T君の結婚式の前日、私は浴びるほどお酒を飲んだ。飲んでつぶれて、次の日は何も考えられないようにしよう。いっその事、ここ数ヶ月の記憶が本当になくなってしまえばいいのに。いや、明日なんて来なければいいのに。

だけれど次の日は容赦なくやってくる。そしてどんなに酷い二日酔いでも、しっかりと意識はある。中途半端な二日酔いだけが私を襲い、自分が惨めで余計に悲しくなった。今頃はキャンドルサービス?花嫁の両親への感謝の言葉?出席者の中には、以前の勤務先の人間もたくさん居る事だろう。皆に祝福されて、照れながら歩くT君の顔が浮かぶ。

昔の映画で「卒業」なんてのがあった。内容はよくわからないけれど、最後の花嫁を奪っていくシーンは有名だし、私も何度か見た事がある。実際にあのような出来事はあるんだろうか?あるとすれば残された花婿(花嫁)、出席者達はどんな気持ちになるんだろう。そして、脱走した2人はその後、幸せになれるんだろうか。

実は結婚式の数日前、思い切ってT君に電話をかけていた。それまでに何度かT君から電話やメールは来ていたけれど、私の方からかけなおす事もなかったので、それっきりになっていた。T君も実際、私と何を話していいのかわからなかったんだと思う。もうすぐ他の女と結婚するのだから。私は本当は待っていたんだと思う。「結婚するのを止める」という言葉を。ばかばかしい事だけれどもその可能性があると思っていた。だから、万が一の可能性を期待しながら、電話をした。

「もしもし」
「あ・・美月ちゃん?」
「もうすぐ結婚式だね」
「うん・・・・・・」

しばらく沈黙が続く。そして、思い切って聞いてみた。
「彼女の事、好き?」

聞こうと思っていた言葉と違う言葉が口を出た。本当は一番知りたかった事なのだろうか。

「うん・・・・」
さっきよりも少し強い口調でうなずく声。その一言で私は、わかったと電話を切った。そして、朝を迎えるまで泣き続けた。

長い1日が終わり、次の日からぼんやりとした日々を送るようになっていった。私はもうお腹も空いてご飯も食べられるようになったし、夜も普通に眠れるようになった。そして少し、冷静に自分を振り返る事にした。私はT君とどうなりたかったんだろうか。奪って自分のものにしたかったのだろうか。式が近づいて動揺していただけなんじゃないだろうか。

そんな事を考えていると、一本の電話が鳴った。以前の同僚からだった。本当はT君と繋がる人と会話はしたくなかったけれど、何故かその電話は取らなければいけないような気がした。そしてその勘は当たった。なんとT君は結婚式の日程を延期したいたというのだ。
噂によると、好きな子がもう1人居るからと、彼女と両親に話をしたそう。そして今、話し合いの最中だと言う事。「その人ってもしかして美月ちゃん?」元同僚は遠慮がちに聞いてきたけれど、勿論否定した。電話で良かった。顔が見えなくて良かった。声だけはなんとか冷静を保つ事が出来たと思う。

その後、T君にメールを送った。すぐにでも電話をして声を聞きたかったけれど、きっとそういう状態じゃないような気がしたから。そしてメールを送った翌日、仕事中にT君から電話があった。仕事以外の時間は、監視されていてとても電話など出来ないようだった。
噂は本当だった。いや、正確には半分あっていた。T君は、このままの気持ちでは結婚できないと思い、正直に彼女と自分の両親に打ち明けたそう。でも彼女は、それでもいいと言ってくれたらしい。そして何度か話し合った結果、式は一ヵ月後に延期になった。結果的に、結婚するのを止めたわけではないようだ。

何故か私はほっとしていた。あんなにT君が結婚するのを嫌がっていたくせに。私への気持ちが、結婚前のお遊びじゃなかった事がとても嬉しかったから。その気持ちだけで充分だと思った。これから幸せになろうとしている人達を不幸にしちゃいけない。式を延期させた本人が言うのもなんだけれど、この気持ちは本当だった。

そして一ヵ月後、無事に式を終えたT君との不倫生活が始まった。胸を張って歩く事は出来ないけれど、私はとても幸せだった。

2004.11.15
水無 美月


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

こういう仕草は女らしい

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情3

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援・販路ドットビズ

オトコとオンナ

人妻からくり物語

出哀いサイトの福山くん

チョコレートカクテル

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2004.08.14
訪問者数:
更新:2009.09.16
デジタルたまごやトップ