不倫のススメ

 

「逢いたい」という気持ちは、恋愛を楽しむためのスパイス。でもそれは、知らぬまに欲望へと変わっていく。幸福の後の虚無感、嫉妬、絶望感。そんな不倫時代の「女」の気持ちを赤裸々に語っていきます。

水無 美月

不倫のススメ

不倫のススメPart1
by 幸田みらい
不倫のススメPart2
by 水無 美月
不倫のススメPart3
by 今井美沙子
わたし愛人一年生
by 小森 絆
私は恋愛体質な女
by 柊 彩花
new3.gif (112 バイト)

水無美月自己紹介
マガジン発行履歴
あなたもライターになれる
 

最新コラム

9

不倫旅行

8 指輪
7 モテる男・モテる女
6 幸せの定義
5 社内恋愛の欠点
4 愛撫
3 スタンダード
2 不道徳な恋
1 プロローグ

第7回

モテる男・モテる女

こう言っては何だけれども、さほど容姿が美しくなくてもモテる人間というのがいるものだ。そういう人達は、一般的に「美男美女」と呼ばれる人達よりも実はモテたりする。努力の賜物なのか、それとも天性のものなのか。T君は前者後者、どちらにも当てはまるタイプのような気がする。

はじめにもお話したけれど、T君はけして見た目がかっこいい訳ではない。本人もそう言われた事はないと言っていた。でも、モテる。それはT君がマメで、女性の気持ちになって行動してあげる事が出来るからだと思う。

T君はお姉さんが2人居たらしい。2人のお姉さんは、アメとムチでT君に接していたようで、そのせいでT君は、どうすれば姉に満足してもらえるのかという事を常に考えていたそう。ヘタをすれば端に媚を売っているだけになってしまいがちだけれど、それは経験がカバーしている。媚は感じさせず、スマートな接し方がすっかり自然に身についているようだ。
それに加えてセックスがいい。T君のセックスは、女の体を知り尽くしている。これも経験なのかと思うと嫉妬心が湧いてくるけれど。今までに付き合った女性が、T君からなかなか離れられないというのが良くわかる。

なんとなく「出川哲郎」とタイプが似ている気がする。同じ匂いを感じる。「抱かれたくない男」と言われながらも、本当は床上手なんだろう。本人もそう言っていたような気がするし。時々、彼とT君がダブる時があった。特に顔が似ているわけでもないんだけれど。

女性の場合は又、男とは若干違う気がする。モテる女も実は、取り立てて美人じゃない時の方が多い。全体の雰囲気が女の子っぽくて、可愛い「感じ」のする子が多いと思う。そして男ゴコロをくすぐるツボを知っている。

私の友人で、2人そんな子が居る。どちらも見た目は普通だけれど何故かモテる。その内の1人Y美にそれとなく聞いてみた事があるが、どうやらとにかく気のある素振りを見せるとの事。相手の目をじっと見つめて、「好きになっちゃいそう」とかなんとか一言つぶやけばそれでイチコロらしい。
T君との始めての飲み会の席で、「明日から寂しくなるな」と言ってみたのも実は、Y美のこの話しを聞いたあとだったからだ。たしかにそのセリフは効果があった。その時はちょっとヤケになっていた時だったのでこんな事を言ってみたのだけれど、普段の私はこんなセリフをこ口にするタイプじゃない。結果、そのセリフのおかげで不倫までするハメになってしまうのだから、慣れない事はするもんじゃないと思う。

男は女よりも単純なんだろうか?
女は男よりも計算高いんだろうか?

ただわかった事は、私は好きでもない男の目をじっと見つめる事など出来ないと言う事だ。
飲み会のセリフも、実は本心だったのかもしれない。そして、そんな私を好きだと言ってくれるT君が愛しかった。

2004.12.01
水無 美月


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

こういう仕草は女らしい

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情3

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援・販路ドットビズ

オトコとオンナ

人妻からくり物語

出哀いサイトの福山くん

チョコレートカクテル

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2004.08.14
訪問者数:
更新:2009.09.16
デジタルたまごやトップ