不倫のススメ

 

「逢いたい」という気持ちは、恋愛を楽しむためのスパイス。でもそれは、知らぬまに欲望へと変わっていく。幸福の後の虚無感、嫉妬、絶望感。そんな不倫時代の「女」の気持ちを赤裸々に語っていきます。

水無 美月

不倫のススメ

不倫のススメPart1
by 幸田みらい
不倫のススメPart2
by 水無 美月
不倫のススメPart3
by 今井美沙子
わたし愛人一年生
by 小森 絆
私は恋愛体質な女
by 柊 彩花
new3.gif (112 バイト)

水無美月自己紹介
マガジン発行履歴
あなたもライターになれる
 

最新コラム

9

不倫旅行

8 指輪
7 モテる男・モテる女
6 幸せの定義
5 社内恋愛の欠点
4 愛撫
3 スタンダード
2 不道徳な恋
1 プロローグ

第8回

指輪

彼から指輪を貰った事はありますか?
女性が男性に貰いたいプレゼントの中でも、アクセサリーは不動の人気だろう。その中でも指輪は、好きな人からのプレゼントだったら尚更嬉しい。でも、そうとは言い切れない場合もあると私は思う。

クリスマス、お正月、そして誕生日。堂々と人前で手をつなぐ事が出来るカップル達には当たり前のイベントでも、不倫をしている女にはその資格がない。クリスマスのイルミネーションの中では少し心が開放的になり、腕を組む事くらい出来るんじゃないかと思うけれど、男って女が思っている以上に人の目を気にするものだ。会えない週末は仕方がないと思う。でも、街中のキラキラした光を見るたびに、あきらめとは違う、せつなさが胸を突く。

誕生日に会えるなんて思っていなかった。その日は日曜日だったし、クリスマスにも会うことが出来なかったし。クリスマスの夜は12時間くらい飲み歩いた。初めからワインを開け、途中何度も眠りそうになり、かえって帰り際の朝には頭がしゃんとしていたくらいだ。不倫の恋をしている事は本当に親しい友人にしか話していない。なので、その貴重な友人を失くさないように、くだを巻く飲み方だけはしないように気をつけた。

公認の彼が居た頃のクリスマスは、それなりに過ごしていたと思う。お互いプレゼント交換をし、ホテルでディナーをした後は部屋に入る。正直、あまり想い出に残るようなものでもなかったけれど、こんな風に無駄な1日を送るよりはずっとましだ。イベントをそんなに大事にするタイプでもない私がそう思うくらいだからよっぽどだと思う。

私の誕生日はクリスマスの一ヵ月後だ。一応その事は前々から伝えてあったけれど、期待はしていなかった。そもそも不倫の関係に「期待」なんて言葉は不要なのだ。そして、どんな風に自分の誕生日を迎えようか考えていた。1年に一度の自分の誕生日くらいは笑って過ごしたい。
だからT君から「誕生日はどうする?」というセリフを聞いたときには、飛び上がるほど嬉しかった。
「誕生日、一緒に居てくれるの?」
「うん、夜は無理だけど、日中ならなんとかなるよ。仕事だって前々から言ってあるからさ」
自分の誕生日の日を一緒に過ごす事が出来る。それだけで充分だったけれど、「プレゼントは何がいい?」とも聞いてくれた。
「プレゼントなんていらないよ。一緒に居てくれるだけで充分なんだからさ。」
私の本心だった。プレゼントを買う時間があれば、その時間に少しでもいいから会いたい。そういう気持ちもあった。

そして当日、朝からわくわくして仕方がなかった。こんな気持ちはいつ以来だろう?誕生日はスペシャルな日だ。そんなスペシャルな日に、T君と過ごす事が出来る。
そしていつものように私の家に来て、他愛のない話をし、ベッドへもぐりこむ。T君と付き合い始めてからは、日中の明るい時間のセックスも抵抗がなくなっていった。

帰り際、小さな包み紙を渡してくれた。どうやらプレゼントを用意してくれたようだった。「要らないって言ったのに〜」
と、口では言ってみたものの、やはり素直に嬉しい。そして中を開けてみる。中身は指輪だった。
プラチナの指輪。その指輪には小さなダイアモンド。その途端、以前話してくれた、結納の時のダイアの指輪の話を思い出してしまった。きっと大きなダイアモンドだったのだろう。ダイアの大きさが、今の私の関係をそのまま映し出しているようだった。でも、満足そうなT君の笑顔を見て、そんな事は言えない。帰り際でよかった。そのままドアを閉めれば、泣き顔も見られなくて済む。

そしてT君が帰った後、何故か大声で泣いてしまった。嬉しいはずのプレゼント。楽しいはずの誕生日。ダイアの大きさにこだわるほど私は子供じゃないのに。この指輪はどこの指にしよう。左手の薬指にはめたら、彼はどう思うだろうか。

2004.12.21
水無 美月


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

こういう仕草は女らしい

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情3

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援・販路ドットビズ

オトコとオンナ

人妻からくり物語

出哀いサイトの福山くん

チョコレートカクテル

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2004.08.14
訪問者数:
更新:2009.09.16
デジタルたまごやトップ