現実逃避(第一話)

不倫のススメ3
〜不倫に疲れた女達〜

3代目ライター今井美沙子が語る不倫の世界。不倫とは「未来のない恋愛」、そして「傷つき苦しむモノ」、それでも「求めて止まないモノ」。不倫に疲れた女達の「今だから話せる過去」を物語風に綴ります。

今井美沙子

不倫のススメ

不倫のススメPart1
by 幸田みらい
不倫のススメPart2
by 水無 美月
不倫のススメPart3
by 今井美沙子
わたし愛人一年生
by 小森 絆
私は恋愛体質な女
by 柊 彩花
new3.gif (112 バイト)

今井美沙子自己紹介

16 現実逃避(最終話)
15 現実逃避(第四話)
14 現実逃避(第三話)
13 現実逃避(第二話)
12 現実逃避(第一話)
11 不倫の呪縛(最終話)
10 不倫の呪縛(第三話)
09 不倫の呪縛(第二話)
08 不倫の呪縛(第一話)
07 美保のW不倫(最終話)
06 美保のW不倫(第三話)
05 美保のW不倫(第二話)
04 美保のW不倫(第一話)
03 30歳OL真奈美の場合(最終話)
02 30歳OL真奈美の場合(第二話)

01

30歳OL真奈美の場合(第一話)
 
第12回

現実逃避(第一話)


智美の不倫は「出会い系」から始まった。


結婚して17年、子供も殆ど手を離れ、だからといって夫婦共通の趣味があるわけでもなく、会話もゼロに等しいような感じで、つまらないって言いましょうか、このままでいいんだろうか、なんて思ってる時に届いたメルマガの「出会い系」の文字に引き込まれるようにページを開いたのが、登録したきっかけでした。

いつもだったら、出会い系なんて無視するんですけど、その時の私はどうかしていたんでしょうね。登録が済んだ後に少し後悔しましたね。でも、私みたいなおばさんは相手にされないだろうと思ってたので、退会は明日でもいいか、と思っていたんです。

それが、登録してすぐ数人の男性からメールがきまして、そのメールの内容を読んでドキドキしたんですよね。まるで若い頃に戻ったような感覚になりました。だから、少しだけこのドキドキ感を楽しんでみようと思ったんです。

でも、私が返信するとすぐに「直メしませんか?」とか「今から会えますか?」とか、あまりにもダイレクトな内容に引いてしまいましたね。この時、やっぱり退会しようって思いました。

次の日に退会の手続きをしようとサイトを開いたら、新しいメールが何通か届いてて、その中の一通のメールが気になって返信してみました、この人からの返信が昨日の人たちと同じだったら退会しようと決めて・・・。

ところがその人のメールには、簡単な自己紹介と返事がもらえて嬉しい、ということが書かれていて「直メで」も「会いたい」の言葉もありませんでした。あぁ、こういう人もいるんだって安心したんですよね。それで、彼と暫くメールをする事にしたんです。

彼は、サイトを通してのメールのやり取りも何も言わずに付き合ってくれましたし、程よい「ときめき」も感じさせてくれました。私は次第に彼に惹かれていきました。

そんなメールのやり取りが1ヶ月ほど続いたでしょうか、ある日の彼のメールに「智美さんともっとたくさんメールがしたいから、サイトを離れてメールしない?」と書かれていたんです。私は迷いましたが、彼の気持ちに応えたくて「OK」の返事を出しました。

次の日、彼からのメールに携帯のアドレスが書かれていて「メール待ってるよ」という言葉が添えられていました。私はドキドキしながら彼の携帯へ、直接メールしました。

「メル友として、よろしくお願いします」と・・・。

2005.05.19
今井美沙子

不倫のススメ3|今井美沙子


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

こういう仕草は女らしい

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情3

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援・販路ドットビズ

オトコとオンナ

人妻からくり物語

出哀いサイトの福山くん

チョコレートカクテル

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2005.03.03
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ