エッチの条件 -遠山千秋-

男の前で身も心も裸になる瞬間、すれ違う思いと言葉。嘘をついたのは身体なのか、心なのか・・。性にまつわる女の子の本音を赤裸々に綴ります。

遠山千秋ご案内

はっぱ

遠山千秋自己紹介

はっぱ

発行履歴

新着エッセイ

エッチの条件2へ
51 ヨイノクチ。
50 伝わる想い
49 ぎりぎりのライン
48 静なる性
47 甘えの構造
46 近くて遠い距離
45 簡単嗜好
44 感度の問題
43 壁を越えた向こう側
42 遠距離の秘訣
41 暗い夜の足音
40 イイ男の条件
39 別れの理由
38 喪失の代償
37 おんなの証
36 透明なキモチ
35 薄皮一枚の先
34 永遠の契り
33 沈黙の絆
32 充足の蓄積
31 生の浄化
30 愛しさの根源
29 損得の果て
28 嫉妬の正体
27 身体の声
26 素晴らしき日々
25 痛みの行方
24 罪への階段
23 愛撫の条件
22 キレイの条件
21 評価の主体
20 内を守るもの
19 快楽の種類
18 性の主役
17 充足の存在
16 神秘の入り口
15 その手の温もりの中に
14 一方通行の先
13 明日への条件
12 浮気の条件
11 「感謝」から「当然」までの距離
10 性から日常へ
09 月に一度は
08 正しい言葉
07 言葉が欲しい。
06 目交わいの条件
05 0.5の寂しさ
04 FIRST LOVEの条件
03 ハダカの条件
02 カラダの条件
01 KISSの条件

00

プレリリース

第1回

KISSの条件


KISSの種類

とても優しいキスがある。例えばそれは、キスされるだけで「愛されてる」って思う。それが嬉しくって涙が出てくる。

とても気持ちがいいキスがある。された瞬間に、背中を甘い疼きが駆け上がる。脳の先が痺れて、何も考えられなくなる。

反対に、とても「嫌なキス」なキスもある。された瞬間に違和感が走る。離れた後も冷たくて、ざらざらした感触が心に残る。

キスの気持ちよさは、相手じゃない。愛じゃない。恋でもない。もちろんテクでもない。その瞬間の心の繋がり具合だ。

心からコミュニケートできてる相手と、コミュニケーションが上手くいってる時にするキスは、最高に気持ちイイ。

逆に、嫌なキスは、本当に辛い記憶となる。



先日、不用心にもスキだらけでお酒を飲んでいたら、唇を奪われてしまった。1回目はまだ許せたのだが、2回目、あからさまに侵入してくる舌に、嫌悪感を覚えて、抵抗した。

私は、そんなに自分の身体に執着する方ではない。

でも、準備できていない相手に、いきなり深く入り込むようなコミュニケーションは誰だって嫌だろう。キスも同じだ。

いきなりねじ込まれた相手の欲望に、私は多大なショックを受けた。相手を信用していただけ、その分。

その後しばらくは、同居人とさえキスが出来なかった。今でも、思い出したら寒気がする。涙しそうになる。身体が震え出す。男の人が怖いって思う。相手の全てを否定したくなる。


KISSの条件

ネイティブアメリカンの言葉に、このようなものがある。「毒は。ほんの少しでも毒である」

私の身体にまだ少し残る毒。あの瞬間を思い出しただけでも、目眩がする。

私は背が高く大柄なせいか、痴漢なんぞにあったこともないが、世の女の子が「望まないスキンシップ」でいかに不愉快な辛い目にあっているか、はじめてわかった気がした。

キスをはじめとする性に繋がるスキンシップは、言葉以上にいろいろなものが相手に伝わってしまう。愛しさも邪(よこしま)な心も。

邪な心とは、例えば「この女食ってやれ」だの「俺を味あわせてやる」だの、「私のテクニックで昇天させるわ」だの、独りよがり心のことだ。

そんな心から生まれたキスは、毒となって相手に残る。そんなキスされる(する)くらいなら、自分で自分の身体にキスする方がマシだ。


キスの仕方は、その人のコミュニケーションの仕方そのものだ。どんなコミュニケーションでも、独りよがりな行為は人を不快にさせる。ただ、それだけのこと。

逆にキスが上手い人というのは、人との関わり方を知っている人だ。そう思う。


キス一つ

毒にも 媚薬にも 安定剤にも。


2002.06.14
 

遠山千秋

エッチの条件

 

 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

小口輸入支援・販路ドットビズ

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.06.14
訪問者数:
更新:2013.06.09
デジタルたまごやトップ