エッチの条件 -遠山千秋-

男の前で身も心も裸になる瞬間、すれ違う思いと言葉。嘘をついたのは身体なのか、心なのか・・。性にまつわる女の子の本音を赤裸々に綴ります。

遠山千秋ご案内

はっぱ

遠山千秋自己紹介

はっぱ

発行履歴

新着エッセイ

エッチの条件2へ
51 ヨイノクチ。
50 伝わる想い
49 ぎりぎりのライン
48 静なる性
47 甘えの構造
46 近くて遠い距離
45 簡単嗜好
44 感度の問題
43 壁を越えた向こう側
42 遠距離の秘訣
41 暗い夜の足音
40 イイ男の条件
39 別れの理由
38 喪失の代償
37 おんなの証
36 透明なキモチ
35 薄皮一枚の先
34 永遠の契り
33 沈黙の絆
32 充足の蓄積
31 生の浄化
30 愛しさの根源
29 損得の果て
28 嫉妬の正体
27 身体の声
26 素晴らしき日々
25 痛みの行方
24 罪への階段
23 愛撫の条件
22 キレイの条件
21 評価の主体
20 内を守るもの
19 快楽の種類
18 性の主役
17 充足の存在
16 神秘の入り口
15 その手の温もりの中に
14 一方通行の先
13 明日への条件
12 浮気の条件
11 「感謝」から「当然」までの距離
10 性から日常へ
09 月に一度は
08 正しい言葉
07 言葉が欲しい。
06 目交わいの条件
05 0.5の寂しさ
04 FIRST LOVEの条件
03 ハダカの条件
02 カラダの条件
01 KISSの条件

00

プレリリース

第2回

カラダの条件


カラダは誰のもの


「その磨いた爪も、
 髪の毛の一本一本の先までも、
 すべて男の人に触れてもらうためにあるのよ。」


そう言った女の人がいた。驚いた。だって、私の身体は私自身のためだけにあるものだと思っていたから。だから、触れてくる男の人に、私はよく聞いたものだ。

「どうして、さわるの?」

答える彼らは、少し困ったような顔をする。
「君がスキだから」
「気持ちイイから」

後者の言葉を私は好む。まったくもって嘘がない。なるほど、男の人にとって、女体のしなやかな柔らかさは、とても気持ちよく感じるに違いない。

そう言えば、女子校だった私は、よく友人の胸やおしりをナデナデしていた(ちなみに今も会社でたまにやって、セクハラ呼ばわりされる)。

風呂場でもたまに、無意識に自分の胸をさわったりする。

それは別にエッチな気分になりたいわけじゃなくて、たんにやわらかくて温かくて気持ちいいからだ。

そうか、気持ちいいから、さわるのか。

でも、どこか納得してなかったのは、たぶん私は「私の身体」を「自分のもの」だと思っていたからだと思う。

そう、私はいつだってこう思ってたんだ。
「(私の身体なのに)どうして、(勝手に)さわるの?」


カラダの条件

ふと

好きな人に、さわって欲しくなるときがある。
でもそれは、抱かれたいとイコールじゃない。
ただ、触れて欲しいんだ。

すっと手のひらが触れて温かさを感じた瞬間、私の身体の奥底からは、何か熱いものがこみ上げてくる。

そのまま温かさを感じながら、ゆっくりと確かめるようにその手が動く。私の輪郭をなぞって少しずつ降りていく手のひらは、私の形と私のココロを描き出す。

身体の奥底に凝っていた熱は、私の身体の外にむかってあふれ出す。それは、涙だったり、別のものだったり
する。それは、海にも似た滴だ。

そうして、私は生きてることを知る。
私の身体は、命を受け入れる準備をする。

男の人に触れられて、女は生命の源を溢れさせる。
やがては、生命そのものさえも受け入れる。
それが、性というものなんじゃないだろうか。

なら、私の身体は、本当に「私のもの」なのか。
この身体は、私のために存在しているのか。
男の人がいなければ、私の海に命は宿らないのに。



私の身体にふれている彼に聞く。「気持ちいい?」
どの男の人もこう答える。「気持ちいいよ」

その、少しはにかんだ笑顔が何より愛おしい。
だから、やっぱり私の身体は、私のためのものでなくていい。

あの言葉を聞いてからは、そんな風に思う。


******


初めて、『感想メール』というものをいただきました。びっくりしたと同時に、すごく嬉しくなりました。

いただいたメールは大事に保存して、何度も何度も読み返しています

お返事はなかなか書けませんが、皆さんの言葉からあふれるいろんな思いや考えを感じとって、またこのメルマガを通じて、いろんな人に帰していきたいです。

どうもありがとうございました。

2002.06.21
 

遠山千秋

エッチの条件

 

 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

小口輸入支援・販路ドットビズ

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.06.14
訪問者数:
更新:2016.12.02
デジタルたまごやトップ