エッチの条件 -遠山千秋-

男の前で身も心も裸になる瞬間、すれ違う思いと言葉。嘘をついたのは身体なのか、心なのか・・。性にまつわる女の子の本音を赤裸々に綴ります。

遠山千秋ご案内

はっぱ

遠山千秋自己紹介

はっぱ

発行履歴

新着エッセイ

エッチの条件2へ
51 ヨイノクチ。
50 伝わる想い
49 ぎりぎりのライン
48 静なる性
47 甘えの構造
46 近くて遠い距離
45 簡単嗜好
44 感度の問題
43 壁を越えた向こう側
42 遠距離の秘訣
41 暗い夜の足音
40 イイ男の条件
39 別れの理由
38 喪失の代償
37 おんなの証
36 透明なキモチ
35 薄皮一枚の先
34 永遠の契り
33 沈黙の絆
32 充足の蓄積
31 生の浄化
30 愛しさの根源
29 損得の果て
28 嫉妬の正体
27 身体の声
26 素晴らしき日々
25 痛みの行方
24 罪への階段
23 愛撫の条件
22 キレイの条件
21 評価の主体
20 内を守るもの
19 快楽の種類
18 性の主役
17 充足の存在
16 神秘の入り口
15 その手の温もりの中に
14 一方通行の先
13 明日への条件
12 浮気の条件
11 「感謝」から「当然」までの距離
10 性から日常へ
09 月に一度は
08 正しい言葉
07 言葉が欲しい。
06 目交わいの条件
05 0.5の寂しさ
04 FIRST LOVEの条件
03 ハダカの条件
02 カラダの条件
01 KISSの条件

00

プレリリース

第8回

正しい言葉


ケンカの条件


先日、同居人と大喧嘩しました。
人と良い関係を保ち続けるのは、とてもムズカシイことだ。
なのに、ケンカするのは驚くほど簡単だと思う。

相手の言うことを全く聞かず、したいことだけやってればいい。
期待だけ一方的に押しつけて、相手に応えなければいい。
何も伝えないまま、わかってくれると思いこんだらいい。
わかってくれないことを、相手のせいにしたらいい。

誰かと生活をともにすると、多かれ少なかれ「譲れない部分」
が出てくる。男女関係では特にそれが現れやすい気がする。

「当然わかってくれてる」「当然譲ってくれる」という幻想。
でも、それは所詮幻想なんだ。

そして、それに気づかずにいつも思う。
「私はこんなに○○してるのに」
「なんで私だけ」
「どうしてわかってくれない」

「期待する中身」を伝えきれないで、相手を責め立てる気持ちが強くなる。それは、正しい言葉を知らないということと同義なのかもしれない。



言葉の功罪


相手を責める気持ちが少しでもあると、言葉は巧みにずらされていく。自分の甘さを誤魔化したり、相手を悪者にしたがる心は、自然と都合のいい言葉に縋り付く。

そして、その言葉を「根拠」にして相手を責め立てる。

「責任」「善悪」「常識」「マナー」「人間として当然」
「私が大事じゃないの?」「恋人でしょ?」「愛してるんでしょ?」

でも、その言葉を使ったとたん、本当に伝えたい内容なのか、相手を責めたいだけなのか混乱してきて、説明するのさえ億劫になっていく。

もっとちゃんとして欲しい
本当は優しくして欲しい
甘えを認めて欲しい
もっとかまって欲しい
本当はもっと・・・。

そんな自分の期待を伝えられないまま、いらない言葉が邪魔をする。そしてそれは当然伝わらないまま、次の言葉が導き出される。

「どうしてわからないの」

いつだって、その循環が事態を悪くさせていく。



「不機嫌」「不快感」
気持ちだけなら、ホントは言葉がなくても伝わるんだ。

「正当性」「責任の所在」
個人間の感情論でそれを追求したって、何も進展しない。

「愛してるから」だけじゃ、解決できないこともある。
二人で、これから先何をしたい?どんな気持ちでいたい?

伝えたい中身を的確に伝えられる言葉と、その期待を実現する方法だけが必要で、その他の言葉は必要ない。


むしろ、きっと使っちゃダメなんだと思う。



2002.08.04
 

遠山千秋

エッチの条件

 

 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

小口輸入支援・販路ドットビズ

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.06.14
訪問者数:
更新:2016.12.02
デジタルたまごやトップ