エッチの条件 -遠山千秋-

男の前で身も心も裸になる瞬間、すれ違う思いと言葉。嘘をついたのは身体なのか、心なのか・・。性にまつわる女の子の本音を赤裸々に綴ります。

遠山千秋ご案内

はっぱ

遠山千秋自己紹介

はっぱ

発行履歴

新着エッセイ

エッチの条件2へ
51 ヨイノクチ。
50 伝わる想い
49 ぎりぎりのライン
48 静なる性
47 甘えの構造
46 近くて遠い距離
45 簡単嗜好
44 感度の問題
43 壁を越えた向こう側
42 遠距離の秘訣
41 暗い夜の足音
40 イイ男の条件
39 別れの理由
38 喪失の代償
37 おんなの証
36 透明なキモチ
35 薄皮一枚の先
34 永遠の契り
33 沈黙の絆
32 充足の蓄積
31 生の浄化
30 愛しさの根源
29 損得の果て
28 嫉妬の正体
27 身体の声
26 素晴らしき日々
25 痛みの行方
24 罪への階段
23 愛撫の条件
22 キレイの条件
21 評価の主体
20 内を守るもの
19 快楽の種類
18 性の主役
17 充足の存在
16 神秘の入り口
15 その手の温もりの中に
14 一方通行の先
13 明日への条件
12 浮気の条件
11 「感謝」から「当然」までの距離
10 性から日常へ
09 月に一度は
08 正しい言葉
07 言葉が欲しい。
06 目交わいの条件
05 0.5の寂しさ
04 FIRST LOVEの条件
03 ハダカの条件
02 カラダの条件
01 KISSの条件

00

プレリリース

第10回

性から日常へ


特別なこと


「性は日常の延長だ」

そう言われて、始めて気がついた。
どれだけ自分が性を特別視していたのかを。

そして、どれだけ「特別」であることに拘っていたのかを。



性の奥


つきあい始めた当初、セックス“する事”が「大切」だった。
中身じゃなくって、それだけが目的であり、最高のものだった。

「愛してるから、セックスするの」って平気な顔して言えてた。
セックスは、「特別」な存在であることの証だった。
だから性そのものも「特別」なものであると当然思ってた。

でも、違った。
そうじゃないことを知ってしまった。

「愛」なんていう不確定な言葉より、
もっともっと深い何かが、そこにある。
それは身体を重ねて突然生まれて来るものでもないし、
身体を重ねなくとも手に入ることがある。

「性」そのものが特別なんかじゃない。

「性の中身」が「特別」だと感じることができるほど、
「相手を受け入れることができる」ってことが素晴らしいんだ。
きっと。


性から日常へ


身体を重ねる。
肌と肌が触れ合って、熱い何かがこみ上げてくる。
目が合う。
微笑と、泣きたくなるような幸福感がこみ上げてくる。
誰にともなく感謝したくなる。

ありがとうって、本気で思う。
生きてるってこと、それ自体に思いを馳せることができる。

そこには、相手との関係の全てが凝縮してる。
尊敬も、安心感も、
恐怖も、違和感も、警戒心でさえ
そこに全てが現れる。

性は日常の延長線にしかない。
日常の歪みは性に現れ、日常での肯定が性で開花する。

じゃあ、逆はどうだろう。
私は日常、あんな風に誰かを優しく見つめたり、
あんな風に幸せに微笑んだりしてるだろうか。

何故、あの瞬間に流れる穏やかな時間が、
日常では存在しないような気がするんだろうか。

性は決して特別なものじゃないはずなのに。

日常から性へ。そして性から日常へ。
当たり前のように巡ることを忘れて、
どうして性だけ切り離して「特別」なんて思ってたんだろう。

そう考えたら、明日はもっと穏やかに笑える気がした。
 

このメルマガも皆さんのおかげで、無事10回目を迎えました。
読んでくださるだけでも有り難いのに、感想をくださる皆様、本当にありがとうございます。
(なかなかお返事できなくてすみません・・)

まだまだ暑い日が続いています。
皆様もお身体には気を付けてくださいね。


2002.08.17

 

遠山千秋

エッチの条件

 

 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

小口輸入支援・販路ドットビズ

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.06.14
訪問者数:
更新:2016.12.02
デジタルたまごやトップ