エッチの条件 -遠山千秋-

男の前で身も心も裸になる瞬間、すれ違う思いと言葉。嘘をついたのは身体なのか、心なのか・・。性にまつわる女の子の本音を赤裸々に綴ります。

遠山千秋ご案内

はっぱ

遠山千秋自己紹介

はっぱ

発行履歴

新着エッセイ

エッチの条件2へ
51 ヨイノクチ。
50 伝わる想い
49 ぎりぎりのライン
48 静なる性
47 甘えの構造
46 近くて遠い距離
45 簡単嗜好
44 感度の問題
43 壁を越えた向こう側
42 遠距離の秘訣
41 暗い夜の足音
40 イイ男の条件
39 別れの理由
38 喪失の代償
37 おんなの証
36 透明なキモチ
35 薄皮一枚の先
34 永遠の契り
33 沈黙の絆
32 充足の蓄積
31 生の浄化
30 愛しさの根源
29 損得の果て
28 嫉妬の正体
27 身体の声
26 素晴らしき日々
25 痛みの行方
24 罪への階段
23 愛撫の条件
22 キレイの条件
21 評価の主体
20 内を守るもの
19 快楽の種類
18 性の主役
17 充足の存在
16 神秘の入り口
15 その手の温もりの中に
14 一方通行の先
13 明日への条件
12 浮気の条件
11 「感謝」から「当然」までの距離
10 性から日常へ
09 月に一度は
08 正しい言葉
07 言葉が欲しい。
06 目交わいの条件
05 0.5の寂しさ
04 FIRST LOVEの条件
03 ハダカの条件
02 カラダの条件
01 KISSの条件

00

プレリリース

第26回

素晴らしき日々


イベント期間


クリスマスと2月3月は恋人達の(?)イベント月。
(ついでに私の誕生日もあります:笑)
イベント前の街の雰囲気って結構好き。

どこかみんなワクワクしてる感じが満ちていて、
幸せになりたい、誰かを幸せにしたいって
ほっこりした前向きな空気が流れてる。

でも、同時に一月も前から「演出」されるネオンや音楽が、
「作り物」の胡散臭さが漂わせるのも確かで。

何とか購買意欲を刺激しようっていうアザトサと、
何か楽しませてくれるはずっていう純粋な期待が渦巻いている。

そんな街を歩くのは、決して嫌いじゃないけど。

一昔前までは、すごく張り切ってたこのイベント月間。
クッキーもロールキャベツもケーキも作った。
マフラーも編んだし、なけなしのお金(?)でプレゼントも買った。
手を繋いで、綺麗な夜景も見た。
ちょいと遠出してホテルにも泊まった。
やらなきゃ損とばかりに、SEXも「特別」を演出した。

特別な二人の特別な日。
はしゃいで、盛り上げて、「特別であること」を確認し合って
そして、「思い出」を残して、日常に戻る。

いつの頃だろう。違和感を抱き始めたのは。
嫌いじゃないけど、今は確実に興味を失っている。


素晴らしき日々


昨年のイブは友人と会っていた。
「クリスマスってなんか空々しくなったよね」
私の問いに彼女は頷きながらも、こう返す。
「でも、それって夢がなくって寂しいことだよね」

私はそうは思わない。むしろ欲張りになったのだと思う。

つまらない毎日を彩る「イベント」を心待ちにして、
その「イベント」が終わればまた元通り。
そんな「特別な日」のために日常はあるわけじゃない。

毎日が、刺激的で
毎日が、素敵な日々。

特別な日など設定しなくてもいいくらいに毎日が楽しければいい。
実際、そうできる。

今年のバレンタインには何もあげるつもりはなかった。
でも、同居人がそれは寂しいというので、
「いつもありがとう」と手紙を添えてチョコをあげた。

彼はとても喜んでいた。
だからなおさら、来年はあげないどこうかなと思う。
だって、毎日喜んで欲しい。
毎日幸せにしたい。
バレンタインなんか忘れてしまうくらいに。

「クリスマスだから」「バレンタインだから」って、
そんな口実欲しくない。

「毎日刺激的でいられるわけがない」
「新鮮さは“たまに”だからいいんだ」
そんな言い訳なんて欲しくない。したくない。

「やらされてる」「してあげてる」「させてあげてる」
「こうあるべき」「これでいいんだ」「こんなもんなんだ」
そんな意識をなくしたら、本当は毎日が発見の連続。

それは、仕事でもSEXでもきっと同じはず。

冷たく尖った空気がだんだん柔らかくなって、桜の蕾がほころび始めて
いつのまにか時間はどんどん過ぎていく。
確実に年をとって、一分一秒同じ瞬間は二度と来ないのに、
つまらないなんて言っている暇はない。

つまらなくしてるのは、きっと自分自身。

一緒にいられる時間への感謝を忘れて、それが当然だと思い込んで、
そうして求める「特別な刺激」なんて、必要ないんだ。

特別な日に特別なSEXなんていらないから、毎日少しでも優しく抱いて。
私は、そっちの方が大切だから。

2003.03.18
 

遠山千秋

エッチの条件

 

 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

小口輸入支援・販路ドットビズ

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.06.14
訪問者数:
更新:2016.12.02
デジタルたまごやトップ