エッチの条件 -遠山千秋-

男の前で身も心も裸になる瞬間、すれ違う思いと言葉。嘘をついたのは身体なのか、心なのか・・。性にまつわる女の子の本音を赤裸々に綴ります。

遠山千秋ご案内

はっぱ

遠山千秋自己紹介

はっぱ

発行履歴

新着エッセイ

エッチの条件2へ
51 ヨイノクチ。
50 伝わる想い
49 ぎりぎりのライン
48 静なる性
47 甘えの構造
46 近くて遠い距離
45 簡単嗜好
44 感度の問題
43 壁を越えた向こう側
42 遠距離の秘訣
41 暗い夜の足音
40 イイ男の条件
39 別れの理由
38 喪失の代償
37 おんなの証
36 透明なキモチ
35 薄皮一枚の先
34 永遠の契り
33 沈黙の絆
32 充足の蓄積
31 生の浄化
30 愛しさの根源
29 損得の果て
28 嫉妬の正体
27 身体の声
26 素晴らしき日々
25 痛みの行方
24 罪への階段
23 愛撫の条件
22 キレイの条件
21 評価の主体
20 内を守るもの
19 快楽の種類
18 性の主役
17 充足の存在
16 神秘の入り口
15 その手の温もりの中に
14 一方通行の先
13 明日への条件
12 浮気の条件
11 「感謝」から「当然」までの距離
10 性から日常へ
09 月に一度は
08 正しい言葉
07 言葉が欲しい。
06 目交わいの条件
05 0.5の寂しさ
04 FIRST LOVEの条件
03 ハダカの条件
02 カラダの条件
01 KISSの条件

00

プレリリース

第30回

愛しさの根源


目に見える証


男の人の身体って愛おしい。
厚い胸板、太めの骨、広い肩幅、大きな手。
私は首筋から胸にかけて流れるラインが好きだ。
あと、広く平べったい爪と、節がはっきりしている長い指。

声も好き。
男性ボーカルの歌って、高音に女とは違うセクシーさがある。
低く響く声もイイ。掠れる声もたまらない。

喉仏も好き。
そっと触れると、思ったより硬くてびっくりする。
上下する様は、ずっと見てると、なんか不思議で飽きない。

肩から腕に繋がる筋肉も好きだ。少し盛り上がっていて、
腕枕とかしてくれると、そのたくましさにドキドキする。

お尻も好き。
女の子たちのそれとは違って、引き締まっていて、小さい!
力を入れるとヘコムとことかがかわゆい。

そして、もちろん性器だって。
持ち主の意のままにならないところも、それでいて正直なとこも。
あったかくて、やわらかくて、かたくて、動いてて、敏感で、
なんか「生きてる」ってとこが好き。

そして私を抱きしめて、反応してくれるのが嬉しい。
いくら「心」が大事とはいっても、やっぱり何も反応してくれないのは
自分の「女」を否定された気になってしまう。

だから、当たり前だけど、勃ってくれたら、嬉しい。
私の口で、身体の奥で、生きてる証をいっぱい感じさせてくれたら、
もっと嬉しくて楽しい。

私にはない、男の人の身体。
だから愛しい。だから、こんなにもありがたい。
男の人の身体を感じるのは、私の「女」の部分で、
私を「女」にするのは、やっぱり男の人なんだと、繰り返し思う。


愛しさの根源

ほとんどの魚は、生まれたときって全部オスなんだって。
でも、ヒトは、産まれる前はすべて「女」なんだって。
お腹の中で、あるホルモンを浴びて「男」に成長するらしい。
だから女性器も男性器も基本構造は変わらないんだって。

男と女は不思議。
何がどうなって、こうなるのか。
身体も違うし、脳の使い方も違うし、役割も違う。
だから、おぎなえる。だから、満たしあえる。

それは、とても素晴らしいことで、とてもありがたいことだ。

最近は男児の出生率が下がってきているらしい。
環境ホルモンは、世界の生物のメス化を進めているとか。
こんなステキな「男の人」っていうイキモノが、この世界から
消えてしまう日がくるかもしれないんだ。

それだけ、この星は危ういバランスの上で営みを続けてる。
だから男の人はやっぱり、ありがたい存在。

男の人にしかできないことが、たくさんある。

セックスしてるときみたいに、どうかこれを読んでる男の人が、
自分の「男の部分」を感じてくれますように。

そして、私の言葉に共感してくれる女の子たちが、
男の人を満たしてあげたいって少しでも思ってくれますように。

ちょっぴり恥ずかしいけど、結構本音で思ってます。


2003.04.17
 

遠山千秋

エッチの条件

 

 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

小口輸入支援・販路ドットビズ

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.06.14
訪問者数:
更新:2016.12.02
デジタルたまごやトップ