エッチの条件 -遠山千秋-

男の前で身も心も裸になる瞬間、すれ違う思いと言葉。嘘をついたのは身体なのか、心なのか・・。性にまつわる女の子の本音を赤裸々に綴ります。

遠山千秋ご案内

はっぱ

遠山千秋自己紹介

はっぱ

発行履歴

新着エッセイ

エッチの条件2へ
51 ヨイノクチ。
50 伝わる想い
49 ぎりぎりのライン
48 静なる性
47 甘えの構造
46 近くて遠い距離
45 簡単嗜好
44 感度の問題
43 壁を越えた向こう側
42 遠距離の秘訣
41 暗い夜の足音
40 イイ男の条件
39 別れの理由
38 喪失の代償
37 おんなの証
36 透明なキモチ
35 薄皮一枚の先
34 永遠の契り
33 沈黙の絆
32 充足の蓄積
31 生の浄化
30 愛しさの根源
29 損得の果て
28 嫉妬の正体
27 身体の声
26 素晴らしき日々
25 痛みの行方
24 罪への階段
23 愛撫の条件
22 キレイの条件
21 評価の主体
20 内を守るもの
19 快楽の種類
18 性の主役
17 充足の存在
16 神秘の入り口
15 その手の温もりの中に
14 一方通行の先
13 明日への条件
12 浮気の条件
11 「感謝」から「当然」までの距離
10 性から日常へ
09 月に一度は
08 正しい言葉
07 言葉が欲しい。
06 目交わいの条件
05 0.5の寂しさ
04 FIRST LOVEの条件
03 ハダカの条件
02 カラダの条件
01 KISSの条件

00

プレリリース

第49回

ぎりぎりのライン


とある場所で、「女のダメポイント3」というのを聞いた。
それは「かまって」「わかって」「私を見て」の3つだと言う。
たぶん女の子の8割は「あ〜・・・(苦笑)」ってなるんじゃない?


そうそう、わかるわかる。で、それを相手に言っちゃう。
でもそればっかりだと男の人はどんどん元気なくなっちゃう。
でも、付き合ってたらみんなそうなるよね。
ダメって言われても、なっちゃうよね。
そうそう言わなきゃわかんないしね。


女の子たちとそんな会話をした。


実際私も昔はそうだったな。
もしくは、そうならないように気持ちを閉じ込めてた。
「かまって」って思いながら、それを期待して
もし応えてくれなかったら辛いから。
そんな気持ちを持ってることを、自分で見ないようにしていた。


不安だったんだなって思う。
信じてなかったんだなって思う。
相手も、自分も。


今は、
ちょっと違う。


男の人というものがわかってきたから。
男というものが、わかってきたから。
そして、それを肯定したいと思うようになれたから。


◇◇◇◇◇◇


「かまって」って思う。「かまってくれない」って思うから
「わかって」って思う。「わかってくれてない」って思うから
「私を見て」って思う。「私を見ていない」って思うから。

でも本当にそうだった?

ちゃんとかまってくれてた。でなきゃ会ったりしない。
本当はわかってくれてた。気づかないふりはしてるかもしれないけど。
実は見ていてくれた。そうじゃなきゃ、できないことが多すぎる。

男の人はかっこいい。
男の人は優しい。
男の人は、女が思っているよりずっとずっと繊細。

一生懸命走っている最中でも、女の期待に応えようとしてくれる。
社会的責任と、女の間でいつもぎりぎりのラインを生きている。
男というものは、そんな存在なんだ。

そう気づけたとき、結局自分の不安を押し付けてただけだと知った。
相手を否定して、何も見ようとしていなかったことに気づいた。

男は女とは違う。
仕事がある。責任がある。常に本気で、いろんなものと闘っている。
そして、女の大部分はそんな男がかっこいいと思うはず。

外を向く男をかっこいいと思ってたはずなのに、
いつから正反対のことを求めるようになった?

男という存在を、ありがたいと思う。
男の人というものを、本気で愛しいと思う。

そんな男たちに、自分の不安なんか押し付けてる場合じゃない。
そんな無駄な時間と労力を使わせるなんて、もったいない。

抱いてくれた瞬間をありがたいと思う。
そばにいてくれるだけで、泣きたいくらい嬉しい。
その感覚だけが大事で、不安なんて何一つ必要ない。

忙しい中、自分のためにあけてくれた時間を
最高の笑顔でもてなして、
そうして、また元気になって闘いに出向いて欲しいと思う。
いつまでも、かっこよくいて欲しいと思う。

多少のわがままは嬉しいっていう男の人は多いけど
嬉しそうに楽しそうに男の人のそばにいることの方が、重要だよね?


2004.11.26
 

遠山千秋

エッチの条件

 

 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

小口輸入支援・販路ドットビズ

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.06.14
訪問者数:
更新:2016.12.02
デジタルたまごやトップ